MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Opera のズーム機能に注目


先日 、Opera(オペラ)ブラウザを始めてインストールしてみて、管理人的にかなり好印象。 しばらく使っているうちに、ブラウザに搭載されている「文字サイズの変更」のあるべき姿を考えてみました。

今、もしInternet Explorer(インターネット エクスプローラ 以下IE)でこのページを閲覧しているのならば、 右画像の様に「表示」→「文字サイズ」→「最大」を実行してみて欲しい。 当然のことながら、この日記の文字部分が拡大表示されたと思います。 文字サイズを変更した事により、ホームページを閲覧するクライアントが、自分にあった文字サイズでホームページを読める、つまり読みやすくする事が可能です。



デザイン、スタイルに関する指定が書かれたCSSファイル

しかし、この文字サイズの変更には、ホームページを作っているユーザーにとって痛い部分もあります。 サイズを変更する事により、ページ全体のデザインが崩れてしまう事があるからです。 ちなみに、この日記のページを文字サイズ(最大)にしても、上部のタイトルや、下部の関連リンク、メニューなどの文字サイズは変更されません。



これは、スタイルシートと呼ばれる、文字サイズ、強調、下線の有無、背景色、背景画像などのデザインを、HTML(ホームページのソース部分)とは別に指定しており、IEの文字サイズ変更には対応していないからです。 クライアント側からすれば、IE は正しく機能していない事になりますが、クリエータ側にはデザインを制御できるので助かります。 これを最大に利用しているのが MB-Support のトップページで、文字サイズを最大にした場合は下の様になります。そうです、全くと言っていいほど変わらないのです。



一方、Firefox の場合。 嫌がらせの様にページデザインが崩れていて、文字サイズが拡大されたものの、結果的に閲覧し難い状況です。 これは、配置を指定するタグと、画像のサイズにより発生する問題で、ブラウザ自体のバグではありません。 むしろ、Firefoxや、Netscapeは、文字サイズのみを忠実に変更しているのです。

これを改善するには、ホームページ製作者の腕の問題なのですが、文字サイズを変更した際のスペースなどを考慮すると、ホームページ全体に無駄が生じます。 でも、よく考えてみて下さい。

ホームページを閲覧しやすくするために、文字サイズの変更機能があるにもかかわらず、反対に閲覧し難くしてしまうのはどうでしょうか? スタイルシートに文字サイズの変更が対応しないIEや、忠実だが閲覧し難いFirefox、Netscape。



そこでOperaに搭載された機能が優れている事が分かります。Operaには「ズーム」機能が搭載されていて、文字サイズの変更はできません。 これは、閲覧しやすくするために拡大/縮小するのなら、文字サイズだけなんてケチな事を言わず、ホームページ全体を拡大/縮小してしまえ!って感じです。



ズームなら、文字ソース部分だけを変更するのでは無く、WindowsXPに搭載されたビューアで画像を拡大/縮小するのと同じになります。 また、全体を拡大/縮小するので、ホームページのデザインが崩れる事もありません。これが本当の閲覧しやすさではないでしょうか?


惜しいのは、 チルトホイール に対応していないところです。縮小するぶんには問題ありませんが、拡大すれば縦、横のスクロールが多くなります。 横スクロールが可能なチルトホイールの恩恵は大きいと思いますよ。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項