MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

海賊版 Windowsをチェックする


マイクロソフトから提供されるプログラムをダウンロードする際に、ユーザーが正規版のWindowsを使用しているかどうかをチェックする Windows Genuine Advantage が本格的に実行されつつあります。

任意によるチェックは、昨年から米Microsoftのホームページで可能でしたが、私自身が経験したのは、 MSのスパイウェア保護ソフトβ版 をダウンロードした時です(こちらは現在でも任意)。 実行方法は簡単で、Windowsアップデートに必要なActiveXにより、Windows Genuine Advantage Validation Toolがインストールされ正規版か海賊版かをチェックします。



20言語の各国語版Windowsのチェックに対応した段階で一部の国では義務づけられた現状です。日本でもチェック自体は正常に動作しますが、言語が対応していません。 また、今の所は任意なので私もよく分かりません。



そこで、米Microsoftの Windows Genuine Advantage Offers にアクセスして、 実際にダウンロードしてみました。Free Offersで提供されているのは Photo Story 3 for Windows と、 「Winter Fun Pack 2004 for Windows XP」で、Windows Genuine Advantage Validation Toolのチェックをパスしないとダウンロードする事は可能ですがインストールはできない様です。ちなみに右画像はPhoto Story 3 for Windowsをインストールした状態です。




実際の動作は、 Windows Genuine Advantage のページにあるオンラインデモで参照可能ですし、 任意のチェックは、 Microsoft Windows AntiSpyware ( Beta ) のダウンロードページ で、Validation Recommendedの continuをクリックするとチェックするかどうかを問われます。


オンラインデモを参照すると、Windows Media Playerや、Windowsアップデートなどをダウンロードする時にも正規版のチェックが行われています。 日本でも義務付けられる事になりますが、あたかも正規版と謳って何も知らないユーザーに海賊版を売りつるケースが多発している海外では、 Windows Genuine Advantage Validation Toolにより、初めて自分のWindowsが海賊版だと気がつく事になる様です。日本でも海賊版 を販売するスパムメールが届きますが、 あきらかに正規版とは思えないので引っかかるユーザーは少ないと思われます。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項