MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ノートパソコンのハードディスク交換

 ノートパソコンのハードディスクを交換してみました。2.5インチハードディスクはデスクトップの3.5インチとは少し接続方法が異なります。さらに、年末に初期不良に遭遇


ノートパソコンのハードディスクドライブを交換してみます。 この作業はする理由としては、「ハードディスクが壊れたから」「容量を増やしたいから」「起動OSを使い分けた環境を構築したいから」など。

管理人の場合は、とりあえず既存の環境を維持しつつ、新しい環境を検証するために行います。何か問題が発生した場合でも、元のハードディスクに付け替えれば、既存の環境に戻せますから・・・ ようするにOSの再インストールが面倒で、やりたくないだけです(OSのライセンスは別途必要)。

作業に必要な物は右上画像。ノートパソコン、交換するハードディスク、ドライバー、あと、ジャンパ設定の時にピンセットがあると便利です。



内蔵2.5インチハードディスクドライブ の選び方は、既に搭載されているハードディスクドライブの上位版を選択すれば良いでしょう。

現段階では最高でも 100 GB なので、40 GB のハードディスクが搭載されたパソコンなら、まず問題なく 100 GB を搭載できるでしょう(チップセットが 915 以降なら確実です)。 サイズは 2.5 インチを、厚さは搭載されているハードディスクと同じ物を選択します。ポイントは回転数とキャッシュの容量です。

回転数 4200 rpm から 7200 rpm に上げれば、速度は向上しますが、発熱も高くなります。 高速回転のハードディスクに排熱処理が対応したノートパソコンの場合は問題ありませんが、もともと搭載されていたハードディスクの回転数と同じ物を選択した方が妥当と思われます。

キャッシュは 2 MB と 8 MB がありますが( 3.5 インチでは 16 MB も)、数字が大きい方が有利です。 2 MB と 8 MB の選択は、値段と相談しましょう。 とりあえず、搭載しているものと搭載していない物では違いが分かりますが、2 MB と 8 MB の違いは微妙です(数字的に確実ですが体感速度は微妙です)。



HP Compaq nx4820/CT Notebook PC の場合は、パソコンの背面にハードディスクのマークがありました。 2 本のネジがハードディスクの蓋と、ハードディスク自体を固定しています。 この時、一般的なプラスドライバーでは大きすぎます。この手の溝を潰すのは危険ですので、対応したドライバーを用意するべきです。




ふたを外すと、ハードディスクが見えます。ノートパソコンの構造上、いっぱいいっぱいに感じますが、専用のハードディスクケースに収納されている場合がほとんどです。 外し方もパソコンにより異なりますが、写真のパソコンでは上に引き上げる方法です。




ハードディスクを上に引き抜く感じで取り外したら、ケースとドライブを分解します。ケースは両脇 4 本のネジで固定されています(左下画像)。 IDE のピンに接続されているのがアダプターです(右下画像)。このアダプタのおかげで、ハードディスクを上から下に押し込むだけで接続可能になります。 これも新しいハードディスクに付け替えるので外します。ついでにジャンパーピンも。




後は、交換するハードディスクを、先に接続されていたハードディスクと同じ構成にして元に戻せば終了です。 同モデルのハードディスクドライブの上位版を購入したのであれば、ジャンパ設定もそのままで認識します。 型が全く違う場合は、購入したハードディスクドライブに絵で掲載されています。ケーブルセレクトに設定すれば問題ないでしょう。




実はこんなにあっさりできなかった編

管理人はバルクのハードディスクを通販で購入しますが、5 回に 1回の割合で「初期不良」に遭遇します。 購入するショップもバラバラですが、どのショップも厳重な梱包で送られてきます。 つまり・・・初期不良はショップのせいではなく、しょうがない事なのです。 今回のハードディスクは、OS インストールの途中で壊れたのではなく、最初から認識しない・・・・ あまりにも気持ちの良い初期不良です。

ハードディスクが認識しないトラブルの原因は、相性問題は皆無です。 BIOS が容量に対応していない場合もありますが、今回試したのはヒューレット・パッカードの モバイル インテル ® 915GM Express チップセット を搭載したノートパソコンです。 これだと、疑う所はジャンパ設定しか無いので簡単ですが、初心者の人が果たしてハードディスクの初期不良だと判断できるか不明です。

では秋葉原で購入した方が確実かというと、全くその根拠はありません。 問題は初期不良に遭遇した時のショップの対応です。 今回 2.5インチハードディスクを購入したショップは、楽天市場の WINGPLAZA 様。正直、送料が高い気がしましたが、発送がやたらと早いです。

注文したのが 12 月 24 日の真夜中。商品が届いたのが 26 日の夜。注文が土曜日(ほぼ日曜日)にも関わらず、月曜日には届いてしまう恐ろしさ。 ところが、初期不良が届いた日に発覚。夜にメールして翌日 27 日に返送しました。正直、この時点で年内の上がりは無理だと考えたのですが、 2 日後の 29 日に届きました。 こういうショップは大切にしましょう! 初期不良に遭遇しないのが一番ですが、これは精密機械ゆえにパーツの購入ではどのショップでも無理に等しい。 遭遇した時の対応が、ショップ選びの基本です!

WINGPLAZA

4年半後、このハードディスクドライブが故障しました。

トラブル体験記:WEBサーバーのハードディスクドライブから異音





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項