MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

無線LANを使うことに・・・さてどうする?

 ノートパソコンを利用する事になりました。既存の環境は有線ルーターです。無線LANを利用するのに何が必要なのか?管理人はプラネックスコミュニケーションズGW-MF54Gを購入してみました。


これからパソコンを購入して、これからインターネットに初挑戦する人なら、最初の投資として無線LAN対応ルーターを購入する事でしょう。 しかし、有線ルーターを使用している環境に無線LAN対応のパソコンを購入した場合、何を購入して良いものやら悩む所です。 必要な機能はアクセスポイントと受信するレシーバーで、パソコンが無線LAN対応であれば、アクセスポイントだけ購入すれば無線でインターネットが可能になります。

ところが アクセスポイント って、そんなに安いわけではありません。 7〜8千円が相場なのですが、 無線LAN対応ルーター が1万円前後で購入できるので、アクセスポイント単品は割高感があります。となると・・・無線LAN対応ルーターを購入して既存の優先LAN環境を再構築するのが一番ですがめんどくさい。 LAN環境が構築されるまで、1階と2階を行き来してクタクタになるのが落ちです。



そこで発見したのが、プラネックスコミュニケーションズのマルチファンクション無線LANアクセスポイント GW-MF54G。中身はこんな感じで(右画像)今流行りのプラネックス特性ポーチが付いています。 この GW-MF54G は、無線ルーター、アクセスポインタ、コンバーターの3つの機能が搭載され、脇にあるスイッチで機能を切り替える事が可能です。



スイッチ1は、今回管理人が必要としてる機能で、アクセスポインタモードです。本来はホテルや会議室に埋め込まれたLAN回線に接続して無線LAN対応のパソコンで使用するのですが(そのために持ち運び用のポーチが付属する)、自宅の有線LANのポートに接続してアクセスポイントとして使用します。



外出先で使う事を想定しているため、自宅で設置するとかなり無様です。 機器事態は安定性がありますが、インテリアとしては無理がありますね。

スイッチ2は、ルーターとアクセスポイント機能を有効にします。モデムに接続して、複数の無線LAN対応パソコンで、インターネット、LANを可能にします。優先ルーターの無線版ですね。

スイッチ3は、設定画面にアクセスするための機能。スイッチ4は、コンバーター機能で、無線LAN非対応のパソコンや、LAN機能を搭載した家電製品に接続して、無線LANルーターと通信する機能です。 時と場合によって、ルーターになったりアクセスポイントになったり、コンバーターになったりとマルチで使えます。もちろん、スイッチで機能を切り替えるので、重複した機器の接続によるトラブルを防げます。



無線LANなので、アクセスポイント機能を有効にして優先ルーターの余ってるポートに差し込んでしまえば、セキュリティが無い常態で接続されてしまいます。 最初は設定モードのスイッチ3にして、Internet Explorerを開き、マニュアルに記載されたローカルアドレス(このページでは GW-MF54G のアドレス)に接続して設定画面を表示します。 Windows Connect Now 対応機器なら簡単なんですけど。



基本認証の画面が表示されます。初期設定は説明書に記載されているので、このパスワードも変更する必要があります。 設定画面にログオンしたら、ここではAPモード(アクセスポイント)の設定をします。右下の画面は、説明書にあった通りに SSID、暗号化タイプ、WEPキーを設定していますが、ここを任意で指定する事で、無線LANのセキュリティを確保します。 このページでは、後日、ノートパソコンのレビューを掲載する予定なので、サンプルの設定をそのまま使用しています。 SSID:PLANEX、WEPキー長:64ビット、WEPキー(パスワード):abcdef1239、無線LANのセキュリティ:信頼された無線LAN端末だけを許可。 また、無線LAN接続が頻繁に切断されるようであれば、チャンネルを変更します。以上でこの製品の設定は終了です。



次は無線LAN端末の設定です。マイネットワークを右クリックしてプロパティをクリックします。ネットワークの接続でワイヤレスネットワーク接続をダブルクリックします。 ワイヤレスネットワーク接続のプロパティで、ワイヤレスネットワークのタブをクリックします。



優先ネットワークを追加します。ここで先ほど設定した SSID、WEPキーを設定します。デフォルトで繋がるネットワークは削除しても構いません。 ワイヤレスネットワークの表示をクリックして、設定した SSID に接続されている事を確認します。 この方法はルーターがDHCP設定になっていれば簡単です。でも、一般家庭で使う場合はパソコン台数もそんなに多くはないと思うので、DHCPを切ってしまった方が良いでしょう。 その場合は、各端末のローカルIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーの設定をします。 ルーターで各パソコンのMACアドレスを登録して、それ以外のパソコンが接続できない様に設定しましょう。

Windows Connect Now とは?





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項