MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

指紋認証機能を搭載した
マイクロソフトマウス &
Fingerprint Reader DG2-00003


あれ、もしかしてブーム? Microsoft Fingerprint Reader DG2-00003 の登場で、気軽に Fingerprint Reader ( 指紋認証 ) をパソコンに付加できるようになってから、マイクロソフト以外のメーカーからも発売されました ( 機能は分からないですがおそらく別物 ) 。 Fingerprint Reader はセキュリティ関連の意味もありますが、どらかと言えば複数のパスワードを指紋認証により簡単に管理する周辺機器です。 一番最初に登場したのはキーボード一体型の Microsoft Optical Desktop with Fingerprint Reader です。 しかしマイクロソフトのキーボード & マウスセットまでは購入する必要があり、普及するとは思えませんでした。 そこで登場したのが右上の Microsoft Fingerprint Reader です。

USB 接続の指紋認証ハードウェア単品のため価格もお手ごろ。 指紋認証で何ができるのか?と興味を示すユーザーも多かったと思います。 ホームページを閲覧する際、ID とパスワードの入力が必要なWEBサイトで、指 1 本でアクセス可能な便利品です。 Internet Explorer に搭載されたオートコンプリート機能を拡張できるわけです。

当然ではありますがページごとに ID とパスワードを登録するので、複数の意味不明な英数字の組み合わせを暗記する必要はありません。 全てのWEBサイトで同じパスワードに登録し直す必要もありませんし、 同じパスワードを設定するのは危険です。 2005 年 2 月 7 日にはワイヤレスマウスとレシーバに Fingerprint Reader が組み込まれた Microsoft Optical Desktop with Fingerprint Reader が発売されます。

こちらのデザインもなかなかカッコいいです。 キーボード一体型よりも購入しやすいですが、やはりアメリカンサイズのイメージが残るマイクロソフトマウスは好き嫌いがあるでしょう。 性能的には横スクロール可能なチルトホイール搭載で抜群な組み合わせですが、できればマウス自体に Fingerprint Reader を組み込んでくれた方が便利かも。 しかしマウスの単価が上がり、どちらかの機能が壊れた時点で買い替えとなります。 やはり指紋認証単品の方が良いのかも...。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項