MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

今時のハードディスクの選び方


そろそろハードディスクの容量が限界。今時のハードディスクは 120 GB 〜 200 GB は当たり前。ぜひとも我が家のパソコンも容量を増やしたい。 な〜んて思っているユーザーは多いのでは?一番いい解決方法は、トフォーム のパソコンを新規購入する事です。 そりゃ〜新しいパソコンを購入できればそれに越した事は無い? 性能から考えてしまっても正しいのですが、ハードディスクにおいては、シリアル ATA 接続に移行できる所がポイントです。 注意:このページが投稿された日付を確認して下さい。



しかし、今あるパソコンにハードディスクを増設して解決したいと考えてるユーザーがほとんどだと思われます。 そこで問題なのが、CPU とチップセットの世代交代の真っ最中であるこの現状です。ハードディスクを選ぶポイントはキャッシュの容量と、回転速度。注意する事は古いパソコンで マザーボード のBIOSが、 今販売されている大容量ハードディスクに対応していない場合です。対処方法は、 安価な ATA-133 IDE PCIカード を増設する事で 対応できます。接続方法がIDEに限定されている場合は、 これらの事を考慮して、今の時点で一番コストパフォーマンスの高い容量を購入すればOKです。



しかし、プラットフォームの世代交代にともない、ハードディスクの接続方法もパラレル ATA からシリアル ATA に移行されています。 正直、こんなに早くシリアル ATA に切り換えられてしまうとは思っていなかったです。 ちょうど今のメモリ事情の様に、ゆるやかに移行されると思っていました。 しかし、LGA775 プラットフォームのマザーボードが発売されたら、あらビックリ! シリアル ATA × 4 に対してパラレル ATA は 1 つに削られています。これらのマザーボードでは、光学式ドライブ用としてパラレル ATA が残されている形です。



478 ソケット ( ノースウッド Pentium 4 )や、それ以前の 370 ソケット ( Pentium V ) を利用しているユーザーは、 ハードディスクを増設するにあたって、後々の事を考える必要がありますね。つまり、既存のパラレル ATA を購入するべきか? 新しいシリアルATAを購入するべきかです。ハードディスク自体の価格差がほとんど無いので、かなり悩む所です。 先に上げたマザーボードをシリアル ATA 対応にするためには、PCI バスに増設するシリアル ATA カードが必要になります。 また、パラレル ATA で利用していた電源 4 ピンコネクターをシリアル ATA 電源コネクタに変換するアダプターを購入する必要があります。


シリアルATAカード 変換コネクタ


既存のパソコンをシリアル ATA 化する事で、次に新しいパソコンを購入した時に、ハードディスクを流用できます。 これは、常にハードディスクを内蔵させているユーザーには都合が良いでしょう。次に大容量ハードディスクが安価になったため、 ハードディスクをメディアの様に利用しているユーザーの場合はどうでしょうか?



動画データなど、大容量のデータを扱う場合は、いちいち光学メディアに焼き込むのが面倒。 そこでハードディスクごと、パソコンケース前面で交換するべく、日記でも頻繁に登場する ラトック リムーバブルケース を利用している場合です。 この環境では、既存のパラレル ATA ハードディスクを購入しまくって大丈夫です。 ただし、シリアル ATA が主役の最新パソコンでは、パラレル ATA ハードディスクをシリアル ATA 接続に変換する SATA-MDK1/SATA-MDK1B を搭載する必要があります。



IDE 接続版に比べると多少高価になりますが、USB2.0 か IEEE (アイトリプルイー ) 1394 接続のリムーバブルケースを選択するのが一番おすすめです。 Socket 478 マザーボードなら両者とは言わなくても、 USB2.0 を搭載している場合が多いので、別途 PCI カードを増設しなくても移行できます。


U2-MDK1 USB2.0リムーバブルケース(内部接続タイプ) FR-MDK1(IEEE1394接続内蔵ベイ用モバイルドック)

となると、問題は Pentium V や Celeron などのソケット 370 ユーザー。この環境だと正直パソコンごと買い換えてしまった方が良いのですが、 データ用ハードディスクを購入するとなると話は別。USB は 1.1 ( 速度的にハードディスクを接続するのは無理 ) 、IEEE1394 に至っては絶対搭載されていないので、 右画像のような USB2.0 / IEEE1394 PCI カードを増設する必要があります。

これらの周辺機器を利用する事で、まだまだIDE ハードディスクを購入し続けても問題無い事が分かります。 特にバッファの恩恵は絶大で、最近では16MBも搭載した Maxtor DiamondMax 10 が登場しています。 現時点でのお買い得な容量は 200 GB で、1 万円とちょっとで購入可能です。 USB2.0 などの接続方式を仲介させる事で、搭載可能なハードディスクの壁も突破できるので、そろそろ大容量ハードディスクを検討してみてはいかがでしょうか?





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項