MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

リターナー / RETURNER は凄い映画


2002年の夏に劇場公開のCMを見て、マトリックスをパクってて面白そう!と思ってから2年の月日が経ち、TVで放送してくれました(正直、題名すら忘れいた) 内容は ターミネータインデペンデンス・デイ (微妙に違うが、いろんな映画の総取り)、 描写は マトリックスM:I-2 。これを日本で撮る時点でコケそうな映画ですが、しっかり面白かったです。

リターナー



どちらかと言うと管理人は、 神様、もう少しだけ を観て以来、金城武さんのファンなので、とりあえず出演していれば好きな映画になるのですが、 そのレベルを超えた映画かも知れません。 いくらハリウッド映画のいいとこ取りをしても、映像がついていけない日本ですが、この映画は 問題無 いと思われます。悪役を演じる岸谷五朗も最高! 日本の悪と言えば、人情を重んじて縄張りに執着しがちですが、この映画の悪は全く関係ない。敵御方(てきみかた)お構いなしに銃をぶっ放します。



左の女の子( 鈴木杏  この映画を観て初めて存在を知った)が、未来からやって来た少女を演じるのですが、途中「あれ?」と思うシーンがあります。それは謎のまま終わるのでは無く、最後に解き明かされる所もgoodです。タイムマシンと宇宙人が絡む時点で、銃も意味不明な未来の銃になってしまうと思われましたが、そこも大丈夫です。しっかり現代の武器で戦ってます。 (今の所、未来の兵器でも良かったのは、ジェームズ・キャメロンの エイリアン2 」くらいですから)



そもそも悲しい事に日本は、この手の娯楽映画が少ない。全く無くは無いが、かなり微妙だった。ハリウッドっぽいと前宣伝を聞けば、当然、観る側のその映画に対する一定基準が上がります。そこでありがちなパターンは、「たいしたこと無かった」と・・・。不況のご時世、現実味ある映画を観て、さらに暗くなってどうする? やっぱり悪がいて、正義がいて、最後はハッピーエンドが王道でしょ。エイリアンも出てきますが、悪と正義の戦いです。悪と正義は物理的でなくとも、人間1人の中で常に戦い生きています。そう考えると現実味は十分ではないか(かなり強引だが・・・)。



最後に・・・・左の2作品を観ていない人が、 リターナー を観れば、かなり驚くと思います。そして、2作品を観てから「リターナー」を観れば、 「あぁ〜なるほどね」とジョークにできると思います。バイクのシーンは「M:I-2」のシーンとほぼ同じですが、そのまま真似せず、さらに凝った展開です(ジョークもあります)。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項