MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

【映画】スリーピー・ホロウ
 Sleepy Hollow 1999年


昨日テレビで放送していて、初めてこの映画を観ました。 バットマン猿の惑星 の監督ティム・バートン氏の作品なので面白そうではありましたが、パッケージを見ても分かる通り全くジャンルの見当がつかないと、2人とも見かけない顔という個人的な理由で観ようという気が起こりませんでした。 「ダウンタウンDX」が 22 時からだったので、それまでのつなぎとして最初の1時間だけ見た結果、雰囲気にすっかりのめり込んでしまいました。 まずパッケージ左のイカボッド・クレーンを演じる俳優は パイレーツ・オブ・カリビアン のジョニー・デップ氏ではないか! パイレーツ・オブ・カリビアンは観ていないのですが、 フロム・ヘル を観た時に「おっ、いい男だぁ」と思っていました。 フロム・ヘルを観る切っ掛けは、共演者のヘザー・グラハムさんが好きだったからです。

そしてもう一方、パッケージ右にいる女性カトリーナ・ヴァン・タッセルは写真こそ不気味な雰囲気がありますが、劇中では非常に可愛らしいクリスティーナ・リッチさんでした。 他の出演作品も私とは縁のない映画だったので、この映画で知った女優です。

さて、このスリーピー・ホロウという映画はどういう物語なのか? 拷問による自白が多かった昔の捜査方法に疑問をなげかけ、論理的、科学的に事件を解決する捜査官イカボッド・クレーン。 事件現場ではシャーロック・ホームズみたいに残された馬の蹄の跡から事件当時の状況を再現するシーンもあります。 またシャーロック・ホームズと似た「消去法」と言われる操作方法も使われています。

それでは、犯罪事件物? それで終わってしまっても十分観ている方は楽しめますが、物語が半分くらい進むと意外な方向へと進みます。 呪いとか亡霊に興味がない方はここで終わってしまうのかも知れませんが、私は好きな方なのでなおさら面白い展開になりました。 ところが、また最後に論理的、科学的な解決へと進みます。 結局は現実と非現実が絡み合った映画であり、そこが面白いところかと思われます。

ティム・バートン監督は幻想的な世界を撮るのが得意なので、現実を忘れさせてくれます。 さらに有名俳優が多数出演者しているのにもビックリ。 イカボッド・クレーン捜査官を事件の起こった街に向かわせる命令を下すのは、スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃 や ロード・オブ・ザ・リング の大御所クリストファー・リーさんです。まぁ、ドラキュラといった方が早いかも知れませんね。 後に作られる同監督の「 チャーリーとチョコレート工場」でも共演しています(チャーリの父で歯医者さん)。 さらに首無し死者を演じるのは 007 美しき獲物たちバットマン リターンズ のクリストファー・ウォーケンさん(ティム・バートン監督と組むのは2度目)。

最後に一言。この映画を見てアーサー・コナン・ドイルの バスカヴィル家の犬 に似ていると思ったのは私だけでしょうか?


スリーピー・ホロウ




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項