MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

伝説のコンサート TM NETWORK
CAROL the LIVE が DVD に


私は TM NETWORK のファンなので、これを宣伝せずにはいられません。 「TM NETWORK CAROL」のコンサートに関しては構成が複雑で、すでに販売されている FANKS the LIVE 3 CAMP FANKS!! '89 で CAROL のミュージカル部分がほんの少しと「Just One Victory」の歌が収録されていました。 小室哲哉氏がミュージックシンセサイザー YAMAHA EOS B200 を左右に4つ並べているコンサートです。 「BE TOGETHER」の演奏でキーボードの上に乗るパフォーマンスと、ハンディキーボードを使用した「GET WILD '89」は必見です。

この DVD はアルバム「DRESS(1989年)」がメインであり、TM NETWORK のコンサートで最も良かったと言われる「CAROL the LIVE」が、今まで販売されていなかったのです。 今回の「CAROL the LIVE DVD」は木根尚登著の小説「CAROL(1989年)」をセットにした期間限定商品です(既に小説を持っている人には痛い売り方です)。

しかし TM NETWORK のファンが「CAROL the LIVE DVD」を購入して、全ての人が満足する DVD なのかは分かりません。 Amazon のレビューでは「1989 年 8 月 30 日に横浜アリーナで行われた TM NETWORK の伝説的なライブ”CAROL”の模様を収録した作品」としか掲載されていません。


CAROL ツアーパンフレット

「CAROL」のアルバム収録曲も複雑で、「BEYOND THE TIME(ガンダム〜逆襲のシャア〜 主題歌)」、「SEVEN DAYS WAR(僕らの7日間戦争 主題歌)」、「COME ON EVERYBODY」などジャンルが異なる曲も収録されていました。 果たしてこれらの曲がコンサートではどう演奏されているのか? アニメ「シティー・ハンター」のエンディング「Still Love Her」は?  そうそう「Still Love Her」は「LIVE TOUR Major Turn-Round (大宮ソニックシティ)」で 2 曲目に披露してくれました。 何はともあれ今回の「CAROL the LIVE」は期間限定販売というのが気になります。


CAROL the LIVE




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項