MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

MSN Hotmail hotmail.com から hotmail.co.jp に変更


いつもの様に Hotmail のチェックをしていると、2 MB しか提供されていなかったメールボックスが 250 MB に・・・・

慌てて MSN のプレスリリースを確認したところ、18 日に homail.com から hotmail.co.jp にドメインを変更した模様。 今からアドレスを作成する場合は全て hotmail.co.jp になります。好きなアドレスが取得できなかった Hotmail ですが、今ならチャンスです。



MSN Explorer や hotmail は、Windows のログイン名で管理しても良いのですが、1 人のログインユーザー上で、複数の MSN Explorer アカウントを登録する事ができます。 ややっこしい話。

単純に家族の 1 人々が Windows のログイン名を所有していれば、アクセス権限を設定したり、メールやデスクトップの内容を個別化できます(簡易切り替えが可能)。しかし、実際はそんな事をやっている家庭は少ないのかも知れません。 メールもデスクトップも全て 1 つのログイン名で家族全員が利用している様です。そんな状況でも MSN Explorer は複数の .NET Passport を登録できるので、メール管理を個別化できます ( パスワードも有効、Windows の中にもう一つ Windows があるみたいな感じ )。



しかし・・・・この登録画面がドメイン homail.com に固定されているため、新規取得した hotmail.co.jp を登録できない・・・ よく考えると .NET Passport 1 つに対して 1 つのメールアドレスならば、.NET Passport で管理した方が良い様な気がします。

しかし、それはそれで .NET Passport に他社のメールアドレスを登録していた場合、MSN Explorer の hotmail 機能が意味不明になるのかも知れません。

ベータ版なので仕方ありませんが、MSN スペースも .NET Passport を変更できません。 MSN スペースの編集作業は MSN Explorer を起動した方が便利なのですが、これが使えないと Internet Explorer からサインインする必要があります。



MSN Web Messengerも登場

MSN Messenger はダウンロードしてインストールする必要がありますが、今回、登場した MSN Web Messenger は、その名の通り、Web (ウェブ)上でサインインして、インスタント メッセージや音声チャット、Microsoft NetMeeting などを利用できます。 しかし、ポップアップを利用するため、ポップアップブロックを有効にしている場合は、MSN Web Messenger のアドレスを有効にしましょう。

Internet Explorerを起動して「ツール」→「インターネットオプション」→「プライバシー」→ポップアップブロックの「設定」を順にクリックして、 「許可するWebサイトのアドレス(W)」にMSN Web Messengerを開いているアドレスを貼り付けで「追加(A)」をクリックすれば設定完了です。

MSN Web Messengerも登場



同じく Cookie (クッキー)も使用するので、完全ブロックしている人は、→「インターネットオプション」→「プライバシー」→設定の「サイト」を順にクリックして、ポップアップと同じ様にアドレスを設定します (メッセンジャーを開いているページのアドレスをコピペすれば、MSN.COM が有効になります)。 以上で設定完了です。では早速 .NET Passport でサインインしてみましょう!

散々、IE の設定方法を説明しておきながら、掲載する画像は Mozilla Firefox と Netscape 7.2 。 なんか不気味でしょ!


ちなみに、偶然だとは思いますが、Internet Explorer6 で MSN Web Messenger にサインインしたら、いきなりフリーズしました。 ベータ版の時は何ともなかったのに・・・・まぁ〜偶然です。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項