MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ハードディスクの容量不足を解決しよう!

 テレビキャプチャーなので動画ファイルを扱う場合はハードディスクの容量不足が深刻な悩みです。そんな時は、リムーバブルハードディスクケースを利用して、パソコンの前面で気軽にハードディスクを交換できる環境を構築しましょう。


久しぶりに デフラグ を実行したのが間違いでした。 断片化ファイルにより画面が真っ赤に染まっている事よりも、根本的にハードディスクの空き容量が無い事に気がついてしまったのです。

常用しているパソコンには、システム用に C ドライブ 40 GB 、TV キャプチャー用に D ドライブ 80 GB のハードディスクを積んでいます。 現状は D ドライブの空きが 3.4 GB とかなり心細くなりました。これでは 2 時間番組をキャプチャーする事は出来ません。

Windows がインストールされている C ドライブの空き容量も 10 GB をきりました。システムファイルは 40 GB の内、20 GB も使用していませんが、 キャプチャーした D ドライブのデータを一時的に回避させているためです。



年末年始にかけて、2 時間スペシャル番組をキャプチャーしすぎたつけがこの状態です。 MPEG2 で 2 時間キャプチャーに必要な容量は約 5 GB です。 80 GB で約 30 時間のキャプチャーが可能ですが、実際には DivX で圧縮した動画も保存させてあるので、キャプチャーに使用できる容量は 50GB くらいかと思われます。

ここで選択に迫られるわけですが、1 つ目の案はキャプチャーした番組を観て 消去してしまう。しかし今は観ている暇が無いので却下。2 つ目の案は DivX で圧縮して CD-R に焼き保存する。 保存版にする場合は CM をカットして編集する気にもなれますが、見たら消去する番組をいちいち圧縮する気にはなれないので却下。 3 つ目の案は空き容量が確保できるまでキャプチャーしない。これは確実ですが、せっかく便利な TV キャプチャーが役に立たないので却下です。



最終的には 4 つ目の案である、ハードディスクを増設して物理的に空き容量を増す方法を選択しました。 これは今での案とは違い、増設する作業のみで、他に面倒な作業はしなくて済みます。問題はお金がかかる事くらいでしょう。 現在の買い時ハードディスクの容量は 120 GB ですが、個人的な事情と楽天市場の事情により「Western Digital 80 GB」 を注文しました。 続いて、3 台目のハードディスクを接続するにあたり、現状のままでは IDE ケーブルの長さが微妙にとどきません。 DVD-ROM ドライブ等の位置を変更する必要があり非常に面倒なので、これも却下する事にしました。



回避方法は【ラトック】IDE リムーバブルケース内蔵タイプです。 以前から使用したいと思っていたので、調度良い機会です。 使用していない CD-ROM ドライブを抜き、【ラトック】IDE リムーバブルケースと交換してしまえばハードディスクの増設は終了です。 さらに将来また容量が足りなくなれば、ハードディスクを購入して全面で抜き差しができる様になります。

まぁ〜。これは構想段階であり、実際に商品が到着していないので好きな様に書けますが、実際の取り付け作業の方は、商品が到着してから日記に掲載する予定です。




戻る 一覧表示 次へ


|[1]|23456次へ >>  

Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項