MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

MSN(R) Explorer で快適 Microsoft(R).NET Passport 生活

 MSN Explorerとは、 簡単に言ってしまうと、Internet Explorer (インターネット・エクスプローラ)のアクセシビリティ機能を継承した MSN ユーザーに適したインターネットブラウザです。


11 月 6 日の日記 MSN Hotmail はどうなった? で掲載しましたが、MSN(R) Hotmail ( エム エス エヌ ホットメール 以下「MSN Hotmail」) の使い勝手を向上させるにはどうしたらいいのかを考え、 Microsoft(R) WindowsXP ( マイクロソフト ウインドウズ エックスピー 以下「WindowsXP」) に付属する MSN(R) Explorer ( エム エス エヌ エクスプローラ 以下「MSN Explorer」)にたどりつきました。

MSN Hotmail が Outlook Express で受信できないユーザーであるため、わさわざ MSN のホームページにアクセスして、 Microsoft(R) .NET Passport (ドット ネット パスポート 以下「.NET Passport」)のパスワードを入力してサインインする作業が、Windows XP のログインで利用する「ようこそ画面」みたいに簡単にサインインする事が可能になりました。 これにより、無料版の MSN Hotmail を利用するユーザーも、スムーズにメールを送受信する事ができます。

MSN Explorerの使い方 ワトソンのパソコン教室



次に、せっかく .NET Passport を取得して快適に利用できるので、MSN のサービスである MSN Space ( Blog ) を登録してみました ( MSN が無料でブログスペースを提供している ) 。 Blog と .NET Passport の関係は、管理人であるかを確認するのと、Blog にコメントを投稿する時に掲示板荒らしを防ぐ事です。

前者は当然の流れですが、後者は正直、最初は使い勝手の悪い仕様だと思えましたが、 荒らしの対策になるメリットはありがたいと思います。.NET Passport を取得すれば荒らしは可能ですが、ワンクッション置くだけでも、荒らし行為は減ると思われます。 そしでこの Blog を利用するユーザーにとっては、やはり右画像の「.NET Passportサインイン」画面と向き合う事になりますが、MSN Explorer を利用すればこのサインインの作業を省けます。当然ですが、MSN Explorer を利用する最初にサインインを済ませているからです。

MSN スペースでブログを公開する方法 ホームページの作り方



MSN スペース ( Blog ) は、自宅サーバーで MOVABLE TYPE を導入しているユーザーにとって、レンタルサービスの容量制限やスタイルを自由に変更できない不満を感じるのは当然。 しかし、何でも自由に設定できる自宅サーバーは、デザインや拡張機能に凝り、悩む日々が続く日常。これを解消するのは「制限」なのである。

ようするに、「できない」という制限があれば、その中でできる限りの事をやれば良いと考えるのです。これが「MSN スペース ( Blog ) 」をレンタルして感じた事です。 MSN Explorer から利用すれば、Blog を管理するのも楽であり、むしろ自宅サーバーよりも快適かも知れません。



では、何に興味があって MSN スペースに登録したのか? 答えは RSS とマイクロソフト、あるいは RSS と MSN Explorer 、あるいは RSS と Internet Explorer 、あるいは RSS と Outlook Express・・・・・と、考えればキリが無い。 右は Thunderbird で RSS を利用する方法 で掲載した、メールソフトと RSS リーダーが統合された Thunderbird ( サンダーバード )です。 マイクロソフトも MSDN Online で RSS を公開していますが、クライアント ソフトウェア ( RSS リーダー ) に関しては、まるで無関心な内容が掲載されています。

しかし、MSN スペースの登場で少なからず一般ユーザーが、MSN により RSS 情報を公開する事になりました。 この流れで不思議に思う事は、クライアントが RSS 情報を取り込むソフトウェア ( RSS リーダー ) の存在です。 世界の 90 % を占める Internet Explorer (聞いた話)に搭載された場合、恐ろしい勢いで RSS が普及するのは確実。 ゆえに、RSS がらみのスパムや詐欺も予想されるので、90 % を占めるブラウザが搭載すべきでは無いとの見方もあります(聞いた話)。 となると自然の流れで MSN Explorer の存在が微妙なのです。



標準ボタンツールバーを変更してみよう で掲載しましたが、Internet Explorer の標準状態は非常にうざい。 それに比べて MSN Explorer ( 右画像 ) は、メインはサービスメニューが付加されているため Internet Explorer よりウザいのですが、MSN Explorer のブラウザ自体は非常にシンプルです。

お気に入りのインポートの仕様だけ改良してくれれば文句無しに使いやすいブラウザです。 マイクロソフトはどちらかと言えば好きなのですが、根っからの MSN 嫌いの私は、数年間この便利なアプリケーションを知らないままでした。



Windows Server 2003 による無償ASP.NETホスティングサービス などは別ですが、一般ユーザー向けのセキュリティ ニュースレターの購読にも .NET Passport が必要です。 Windows OS を作り出した会社のサービスにあやかるには、どうしても .NET Passport の登録を避けては通れません。

しかし、.NET Passport さえ取得すれば、MSN Explorer 、MSN Hotmail 、MSN スペース( Blog ) 、MSN Messenger 、セキュリティ ニュースレターなどのサービスを、無料で利用できる点は素晴らしい。 MSN Explorer を利用すると、本来あるべき MSN トップページの使いやすさを実感できます。 おそらく Windows 初心者をターゲットに展開しているサービスだと思われますが、このサービスは有料版だけかと今まで思っていた私は悲しい限りです。



最後に話はそれますが、.NET Passport を利用してダウンロードできるソフトで、 ASP.NET Web Matrix Project 日本語版 があります。本来は無償 ASP.NET ホスティングサービスを利用して、Web アプリケーション開発のプロセスを把握するための ASP.NET サンプルアプリケーションですが、これをローカルで普通の HTML エディタとして使える様な気がしてなりません。

最初、コピーしたサンプルトップページのみ ASP.NET Web Matrix Project に読み込ませた所、文字コードが SHIF-JIS から Unicode UTF-8 に変換され、おもいっきり文字化けが発生しました ( というか、足りないタグが補われてソースが壊れた )。 そこで、ASP.NET Web Matrix Project から新規に HTML を作成して、ソースをコピーしたところが右上の画像です。ソースとプレビューがボタン 1 つで切り替えられ、標準的なタグも簡単に貼り付けられます。

ひょっとすると、ホームページに関して全くの初心者でも、簡単に利用できる HTML エディタなのかも知れません ( このソフトをそれだけに利用するのはもったいない事ですが・・・ ) 。 何せ、エディタを利用してホームページを作った事が無い身分なので、カルチャーショックを受けています。 少し使い込んでからレポートしたいと思っています。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項