MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

6.TCP/IP を使用するためには IP アドレスが必要


[ページ数: 6 / 10] 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

IP アドレスを設定しないと TCP/IP では通信できません。つまりインターネットに接続できない事になります。 この日記を読んでいるのならば、インターネットに接続しているわけですから、IP アドレスを設定しているはずです。

では、ご自分 IP アドレスをご存知ですか? インターネットはパソコンからする物とは限りません。携帯電話で携帯サイトを閲覧する事も可能です。 当然、インターネットに接続するわけですから、TCP/IP や IP アドレスが必要になります。 しかし、自分の IP アドレスって、あまり意識しませんよね。

なぜ、アドレスが必要かと言うと、インターネットとはユーザーが何かを問い合わせて、返事をもらう事の繰り返しです。 問いかけて返事をもらう場合、自分のアドレスを教えないと、相手が何処に返事を送って良いのか分かりません。

ホームページを閲覧するという事は、ホームページを公開している WEB サーバーのアドレスを入力して、HTML ファイルをダウンロードして、ダウンロードした HTML ファイルをブラウザが解釈して出力しています。 ここで、自分の住所が分からないと HTML ファイルをどこに送ってよいのか分からない事になります。 実際は WEB サーバーを探すまでに、受け答えは必要になりますが、それは後ほど。



IP アドレスは「AAA.BBB.CCC.DDD」のような 4 つの数値をピリオドで区切った表示をします。 アドレスですので、世界に 2 つ同じものがあってはいけません。 ゆえに好き勝手に決めて良い物では無く、 ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers ) と呼ばれる非営利会社に申請して特定範囲の IP アドレスを借りる必要があります。

でも・・・私はインターネットを利用していますが、「ICANN」に申請した覚えはありません。 では、どこから IP アドレスを入手しているのでしょうか? 答えはプロバイダ( インターネットサービスプロバイダ ISP )です。 プロバイダーが「ICANN」( 正確には ICANN の APNIC の JPNIC )に申請して、特定範囲の IP アドレスを借り入れて、それをさらに私達がプロバイダから借り入れています。複雑ですね。

とりあえず IP アドレスの入手先は分かりましたね。 では、どのように自分のパソコンに設定しているのでしょうか? OS である Windows(ウインドウズ)でアドレスを設定する場所といえば、右上の「インターネット プロトコル (TCP/IP)のプロパティ」ですね。

ここの「IPアドレス」右に、プロバイダーから借り入れた IP アドレスを入力すれば良い事になります。 ところで、今までの話では IP アドレスを借りている事は分かりましたが、実際のアドレスがいくつなのか分かりません。 しかも、「IPアドレスを自動的に取得する」にチェックが入っていて、IP アドレスは空白になっています。



ここで登場するのが、 DHCP (ディ・エイチ・シー・ピー Dynamic Host Configuration Protocol) と呼ばれるプロトコルです。 「DHCP」はパソコン起動時に自動的に IP アドレス割り当ててくれる便利なプロトコルです。 「IPアドレスを自動的に取得する」にチェックが入っているという事は、「DHCP」を有効に設定している事になります。

つまり、プロバイダーに接続した時点で、IP アドレスを自動で借り入れ、割り当てている事になります。 これで、自分の IP アドレスが分かりますね。 自動で設定されているのならば、今の IP アドレスを調べれば良いのです。

「コマンドプロンプト」を開き、「ipconfig」と入力して「enter」キーを押せば、「IP Address」右に表示されるはずです。 皆さんが実際に実行した場合、微妙〜な結果が出たと思われます。 知らない人にとって、微妙〜ってナンナンだよ!って話ですよね。

現実的には上の手順で良いのですが、ここで表示された IP アドレスの種類が問題です。 順番を間違えましたが、IP アドレスには種類が 2 つあります。 1つは「グローバル IP アドレス」で、もう 1 つは「プライベート IP アドレス」です。

今まで離していたのは、前者の「グローバル IP アドレス」です。 「グローバル IP アドレス」は「ICANN」が管理している、言うなればインターネットに接続するのに必要な重要なアドレスです。

後者は LAN 上に接続されたパソコンに割り当てるアドレスであり、ある一定の法則で自分で決めて良いものです。 「NetBEUI」で LAN を構築した場合は必要ありませんが、「TCP/IP」を使用する場合は必ず IP アドレスが必要なのです。

モデム直付けパソコンの場合、上記の方法で「グローバル IP アドレス」が表示されます。 つまり、自分のパソコンに「ICANN」から借り入れた貴重な「グローバル IP アドレス」(正確にはプロバイダから借りた)が設定されている事になります。 一方、モデムとパソコンの間にルーターを入れている場合、上記の方法で表示されるのは「プライベート IP アドレス」です。

えっ、「グローバル IP アドレス」が無いとインターネット出来ないじゃん? 大丈夫です。ルーターがプロバイダーから借り入れた「グローバル IP アドレス」を所持していますから。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 6 / 10] 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項