MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

何だかんだ言ってMATRIXは面白い


何だかんだ言われていますが、やっぱりマトリックス リローデッドは面白い映画でした。 映画と観ていると、ゲームをしている感覚に近いものがあります。特に、複数のエージェントとネオの戦いは、CG がそれを漂わせています。前回、突っ込みたい部分が、今回は上手く解き明かされ、 突っ込めなくなったと思います。エージェント・スミスの位置づけが面白いです。ワーム的存在? ウィルス的存在? 定かではありません。ネオとトリニティが愛し合うシーンがちょっと長い様な気がしますが、アクションとのバランスは良いと思います。柔術のシーンは前回よりも遥かにスケールアップされています。

ウォシャウスキー兄弟のカーアクションは始めて見る事になりますが、やっぱりスゴイです!! 新鮮という部分も多いけど、百聞は一見に如かず。ストーリーは前作の単純明快な展開とは異なり、複雑になっています。ある意味、信仰・宗教的な部分が無くなり、すべてがパソコンオタクで進行しているので、個人的には満足しています。 キーメーカーなる人物(人間では無いのですが容姿は人間です)が登場しますが、彼は読んで字の如く鍵を作っています。分かりやすくするためなのか、真相は分かりませんが、ドアと鍵の表現は実際パソコンでも多々ありますね(バックドア、ライセンスキー)。 あの人の体中にプロダクト ID シールを貼り付けている設定にしても面白いかも知れまが、観ている方は鍵の方が分かりやすいですね。

映画の中で MATRIX に潜入している時、船の中ではソースコードを見てプロクラマーが解釈していますが、観客は解釈されたプログラムを見ている事になります。 ホームページで言えば、映画の中では HTML ソースを直接見て、観客は Internet Explorer で解釈されたホームページを見ている事と同じです。 MATRIX から出てしまえば、ソースは関係なくなり、観客はただの映画を観ている事になります。ここが面白いと思うのですが。

一方、ガンマニアの方々にとっては、今回の「RELOADED」は厳しい物があります(RELOADEDの意味は最後シーンで解明されます)。 ネオにとって銃弾が効力をなさないため、前作ほど壮絶な撃ち合いはありません。唯一印象に残るのはモーフィアスがツイン兄弟の車に打ちまくるシーンでしょうか?ハンドガンなのに薬きょうがマシンガンなみの速さで吐き出されるシーンはカッコイイと思います。この銃については、DVD に付属するのメイキングでも触れています。まず一般には見る事ができない、実在する小型のマシンガンだそうです。 ハンドガンなのに、マガジンが異常に長いですから、マシンガンであるのは確かです。




BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項