MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ネットワークと LAN の勉強方法


先日、CATV/ADSL 対応高速ブロードバンドルーター PLANEX BRL-04FA の故障で、ネットワークが繋がらないトラブルに遭いました。 そこで、今回は「LAN」の勉強方法とサポートとの関係を掘り下げたいと思います。 カスタマーPCショップのパソコンサポートにて、「LAN」に関することはサポート外で切って良いと教わりました。 つまり「LAN」の分野は自分で勉強するか、専門業者に有料で依頼するの流れになりますね。 パソコンメーカーはパソコンを購入したお客様に対して LAN をサポートする義務はありません。 車を販売しているお店が、車の運転方法を教えないのと一緒ですね。 運転免許は自動車教習所でお金を払って学ぶ必要があります。

となると対価を支払って LAN を組む、もしくは学ぶ事になりますが、個人宅の 2 〜 3 台の PC で業者に頼むというのも何ですよね。 Windows3.1 の時代、会社で LAN を組んだ際、1500 万円の費用がかかりました( WINDOWS 3.1 の時代で専用システムとハードウェア込み )。 では、どうすればいいのか? 行き着く先は最も安価で学べる方法となる「本」です。

インターネットで情報を収集できますが、集めた情報を使うための基礎を学ばないと意味がありません。 その基礎を学ぶのに、誰でも簡単に始められるのが読書です。 上の写真は仕事で必要に迫られて購入した本「ゼロからはじめるWindowsネットワーク―ゼロからはじめるネットワーク(アスキームック ― Network magazine mook) 」す。 この前にネットワークに関する本を数冊読みましたが、インターネットの歴史から始まってネットワークの種類などを学ぶ本でした。

それらのことは今自分が必要としている内容とは異なりました(結果的には読んで良かったと思いますが)。 管理人が購入したのはアスキーで、雑誌(magazine)と本(book)から作られた造語ムック(mook)でした。 内容が濃くて読みごたえのあるムックですが、初心者で読み始めやすいおススメ本でした。

今購入するのであれば右に紹介している 2 冊の日経ムックがおすすめです。 LAN を構築する時は TCP/IP から学びますが、グローバル・プライベート IP アドレス、サブネット・マスク、ゲートウェイなども学べます。 このムックが優れているのは、実際に企業のネットワーク管理者が使える内容になっています。

例えば「中古のパソコンでサーバーを構築したけど稼動しない」とか「LAN 内の 1 台が壊れたため買い換えたけどつながらない」など実際に起こりうるトラブルの対処方法も掲載されています。 このムックを読み終えたころ、家庭内 LAN のトラブルに強くなっていると思いますよ。


Network magazine mook




Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項