MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ルーター到着




ルーター到着!!初期不良に関するページを作成中でしたが、中止にしました。 またボツページが増えた 11 日の夜に注文して 14 日の朝 10 時に到着しました。 計算からすると注文を受けた次の日にショップは発送した事になりますね。 中を開けて「BRL-04FM」を取り出すと軽いと感じました。 軽くても動きやすくて問題なのですが、外観はプラネックスの基本色、青では無くカワユイデザインになっています。 カワユイといっても大人の女性にも好感が得られると思います。ただ、管理人には外見はどうでも良く、効率良い熱処理が可能な形状である事が大事です。





大きさは「BRL-04FM」とほぼ一緒です。正直言って嫌いな所を見つけました。 各ランプが小さすぎ、点滅を目視するのが難しいです。 今まで使用していた「BRL-04FM」は、通信に異常があれば多少離れていても発見できました。 それから、リセットボタンが後ろに付いている事です。 トラブルが多いほどリセットボタンは重宝します(これからはトラブルが無いと仮定すれば別ですが)。 多少 LAN の知識がとぼしくても、PING の意味が分からなくても、困った時はリセットボタンで解決する場合が多いです。 それを後ろに持っていく事は無いのでは?





アダプタが 15 VA から 20 VA に変更されました。 電源コードを背面にしいているので、アダプターは取り替えなくていいだろうと思いましたが合いませんでした。 キャビネットを動かし配線しきなおしです。

ルーターとモデムは思ったより発熱します。 前回、ルーターの上にモデムを置いていて、まずいな〜と思いながらもスペースが無いので置いていました。 おそらく熱が前回のルーター故障の原因かと思われます(あくまでも素人の予想です)。 今回は縦置きが可能なのでいくらか寿命が延びると予想しています。





同じプラネックスだから WAN 側 MAC アドレスを変更すれば設定終了かと思いましたが、アプリケーションも全く変わっていました。 LAN 上の PC データベースを登録しなくてはなりません。 DHCP を有効にすれば全て自動です。 管理人はプライベート IP アドレスを手動で割り振っていたので、この設定も手動になります。 dyndns.org のダイナミック DNS サービスを利用して 登録する事も可能になっていました。 静的 IP マスカレード機能は「ローカルサーバー機能」と称され、あらかじめ WEB 、FTP 、DNS 、POP など、主要サーバーの設定が登録されていて、プライベート IP アドレスと「有効」をチェックするだけで設定終了です。





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項