MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

DivX Video 5.1.1 登場


DivX Video 5.1.1

リリースされたのは 2003 年 11 月 19 日なのですが、先日 Linux にインストール を試みて初めてニューバージョンに気が付きました。 前回のバージョンアップも出張先でインストールを頼まれた時に気がついた様な。 操作方法ががらりと変更されたのは前回のバージョンの5.1からで、今回の 5.1.1 のインストール方法を作成した時に、あまりにも前回いい加減に作成していた事に気が付きました 。エンコードの速度がかなり遅くなったので、前回の 5.1 は正直ホームページを更新したくは無かったのも事実です。

今回もタイトルに「.1」が付いただけなので、どうかな? と、やる気が無かったのですが、実際に使用してみると、エンコードの速度が向上しています。 「5.0.3」から新しくプロファイルと呼ばれる概念が登場してから、今回も引き継がれていますが、いまいち良く分からないです・・・・ キャプチャーカードで記録した動画をエンコードする場合は好き勝手設定するので、そんな物取っ払ってしまって良いのでは?



ZoneAlarmの警告

「DivX Video5.1.1 Standard 」と「DivX Pro 5.1.1 Ad Supported」の違いは今までと変わりませんが、一つ気になったのが「DivX Pro 5.1.1 Ad Supported」に組み込まれているスパイウェアが変わった様に思えます。 たぶん気が付かなかっただけですが、前回のバージョンからだと思います。前までは「gain_tricler_32.02.exe」がスパイとして引っかかりますが、5.1 からは「fsg_4104.exe」なる物が引っかかります。

Ad-aware(アンチスパイウェア) を実行して駆除をしたにもかかわらず、この日記を作成している最中に左の「ZoneAlarm の警告」が表示されました。 正体は「fsg_4104.exe」ですが、かなりしつこいと思われます。 通常状態では削除できなかったのでセーフモードで息の根を止めました。 マイクロソフトのホームページでも警告されていますので、興味がある方はご覧下さい。

マイクロソフト サポート技術情報 Error Message: Fsg Has Caused an Error in Fsg.exe; Fsg Will Now Close

もっとも、「DivX Pro 5.1.1 Ad Supported」ユーザーは自ら許可をしてインストールするので文句は言えませんが・・・ ホームページでも「自己責任でインストールをお願いします」と付け足しました。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項