MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

12.Red Hat に Netscape をインストール

 Red Hat Linux に Netscape ブラウザをインストールしてみました。


昨日 は「Mozila」で「Macromedia Flash Player」をプラグインする事ができたので、本日は「Netscape」ブラウザをダウンロード・インストールしたいと思います。 ダウンロード方法は 12 月 1 日の日記 で掲載した「Macromedia Flash Player」と同じです。 「/ユーザー名」に「netscape-i686-pc-Linux-sun-installer.tra.gz」ファイルがダウンロードできました。



「tra.gz」なので「File Roller」で解凍する必要があります。 ダウンロードした「netscape-i686-pc-Linux-sun-installer.tra.gz」をダブルクリックして「File Roller」が表示されたら「展開」をクリックします。 解凍先は「/ユーザー名」にしました。



左が解凍前の圧縮ファイル「netscape-i686-pc-Linux-sun-installer.tra.gz」ファイルで右が解凍後の「netscape-i686-pc-Linux-sun-installer」フォルダです。 この時点で圧縮フォルダ「netscape-i686-pc-Linux-sun-installer.tra.gz」は削除して構いません。

解凍前と解凍後の画像



解凍後のフォルダをクリックで開くと6つのファイルがあります。 インストール方法は分かりませんので、取り合えず怪しそうなファイルをダブルクリックして、自動でインストールされる事を期待しました。 ここで一番怪しいファイルは「netscape-installer」と「netscape-installer-bin」ファイルです。取り合えず「netscape-installer」をダブルクリックしてみました。



「実行または表示しますか?」と表示されるので「実行」をクリックしました。 するとなんと、Windows では当たり前の、Linux 初めての魔法使い(ウィザード)が表示されたのです。 つまり、「はい」とか「次へ」とかをクリックしていけば、インストールが完了できてしまうのです。 「次へ」→ 使用許諾契約書で「同意する」→ インストールするセットアップタイプで「推奨」を選択して「次へ」→ 



ここで、「ディレクトリ/usr/local/netscape は存在しません。 作成しますか?」と表示されます。当然「はい」をクリックしますが、昨日の「/usr/lib は Windows で考えると、Cドライブの「Program Files」みたいな物ですかね?」 の答えが判明します。



「/usr/local」が Windows で考えると、C ドライブの「Program Files」になると思われるのです。 まぁ、今の時点では良く分かりませんが沢山インストールしていけば分かるでしょう! 「はい」→ 「インストール」→「インストール中」→「インストール完了」



「Netscape プロファイルマネージャー」表示されるので、 今まで使用していた「Mozial」のブックマーク等をそのまま使用したい場合は「default」を選択して「Netscape7.1を開始」をクリックします。 「Netscape」は新たに「お気に入り」を作成したい場合は「プロファイルを作成」で新規に作成して下さい。



簡単にインストールできたのは良いのですが、Windows で「Netscape」で閲覧した自分のホームページと、「Red Hat Linux 9」上で「Netscape」で閲覧した自分のホームページの見栄えが違う所が、ちと気になります。 「Red Hat Linux 9」上での「Netscape」では、とても閲覧する気にはなれません(そういうページを作成した自分が悪い)。 やはりせっかくインストールしましたが「Mozila」を優先的に使用する事にしました。


ところが、この後、Netscape起動に関して困った事に・・・・




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項