MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.Red Hat でスクリーンショットを実行

 単純にスクリーンショットを実行するだけでも、Windows ユーザーには分からない事だらけでした。


前回 、無事に「Red Hat Linux 9」にログオンできたので、本日は画面のキャプチャーを実行してみます。 Windowsの場合はキーボードの「Print Screen SysRq」を押す事で、クリップアートにコピーされます。 ならば「X Window System」上でも通用するかと思い、押してみました。すると画面に「スクリーンショットの保存」が表示されます。 ここで直接画像として保存できるのは便利ですね。



「ファイルに保存」と「デスクトップに保存」を選択できますが、とりあえずパスが表示されているものの、フォルダの位置が全く分からないので、一目で分かるデスクトップに保存してみました。 画像拡張子が「.png」となっているのが気になる所です。「.jpg」に変更したいのですが、やり方が分かりません。



では気を取り直して、初めてのスクリーンショット画像をフロッピーディスクに保存させてみましょう! ところが・・・フロッピーディスクのアイコンが何処にも見当たらず・・・・ 「あっ、Linuxはフロッピー使えないんだ!」な訳無い。。。 Windowsの「困った時は右クリック」精神をデスクトップで実行すると「ディスク」の横に「フロッピー」が表示されました。



ディスクトップに表示されたフロッピーのアイコン

クリックするとあら不思議、デスクトップにフロッピーのアイコンが表示されました。 取り合えず画像を保存できそうな雰囲気になってきました。 先ほど保存したスクリーンショットのファイルを、フロッピーアイコンにドラッグ&ドロップしたところ、保存された様なされない様なです。 フロッピーアイコンをダブルクリックして中を表示させると、確かに先ほどドラッグ&ドロップしたファイルが表示されます。 しかし、フロッピーに書き込む、けたたましい音はしません。



この時点で、フロッピーディスクを抜いて、Windows のインストールされたパソコンでファイルを抜こうとしても抜けませんでした。 やはりドラッグ&ドロップしただけでは保存されないみたいです。

デスクトップでもう一度右クリックをして「インジェクト」を選択すると、フロッピーディスクがけたたましく鳴り、デスクトップからフロッピーアイコンが消えました。 どうやらこの時初めて書き込まれる様です。「インジェクト」したフロッピーの内容を Windows パソコンで読み込む事が出来ました。 これでフロッピーの使い方は分かりましたね。

「右クリック」→「ディスク」→「各種ドライブ」でマウントさせ、同じく「右クリック」→「インジェクト」でアンマウントさせます。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項