MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

3D 表示の検索技術

 映画「JM」でネットサーフィンする時の 3D 技術に驚きました。現実的には Goo の開発ラボで画面上ではありますが 3D 検索技術がテストされています。


掲示版で紹介された NTT 研究所と Goo との共同実験「ネット空間クルージング技術 InfoLead」をインストールして見ました。 上のリンクに 3D 検索のイメージがありますが、個人的に 1995 年のサイバームービー JM JOHNNY MNEMONIC を思い出しました。 この映画は日本を代表する北野 武 監督が「TAKESI」のネーミングでハリウッド進出した事でも有名です。 インターネット環境は右写真の銀色のアイマスクみたいな物がモニターになっていて、操作は手にはめた「データ・グローブ」装置でネット内を閲覧/検索して行きます。 大量に存在するサーバー( WEB にかかわらず )内を 3D に渡り歩く装置です。 で、今回の「InfoLead」はホームページの検索機能を「JM」の様に 3D で使用する技術です。





今ある検索システムは、キワードを入力して、検索結果が文字で表示されます。 それを「InfoLead」を使用するとホームページの画面を縮小して 3D で画面に表示します。 実際にページを開かなくても縮小画像でイメージが掴めるので、より知りたい情報にたどり着きやすいと思います。 ダイナミック DNS を使用している私の WEB サーバーは、ルーター内のパソコンからでは URL 入力で表示できません。

しかし、「InfoLead」は縮小画面を形成するサーバーを仲介するため、ルーター内の WEB サーバーでも表示されます。 一つ難点なのは、専用ブラウザ「FieldExplorer」が非常に重い事です。 推奨環境が CPU :Intel Pentium (R)III 500 MHz 相当以上とあり、Pentium (R) III 800 MHz で検証してた所、かなりもたつく所もありました。 OS は Windows 2000 / Windows XP のみ対応です。また、このシステムは実験なので、2003 年 10 月 7 日より 2004 年 3 月 31 日までの期間になります。 ADSL 環境で必要スペックに各当する方は誰でも無料で検証できますので、試されてみてはいかがでしょうか?

ネット空間クルージング技術「InfoLead」





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項