MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

バックライトに LED を使った液晶ディスプレイが魅力的


現在利用しているディスプレイが、株式会社アイ・オー・データ機器 24.1 インチワイド液晶ディスプレイ LCD-AD241XB で消費電力が 98 W 。LED バックライトの 24 型ワイド液晶ディスプレイの場合、最大消費電力 36 W( 24 W が標準 )。これを 2 台購入してデュアルディスプレイを構築しても 72 W( 48 W 標準 )。現在シングルで使っている環境よりも電気代が安くなります。初期投資が必要になりますが、とても魅力的です。エコロジーがどうのとかではなく、電気代が安い方が良いと思います。既存の技術でこれを実現するには、性能を落とすしかありませんが、技術革新が起こった後には、性能を向上させて電気代を下げる事ができます。プロセッサーで言えば、製造プロセスが小さくなる事で、性能が向上して消費電力が同等がそれより下げる事ができるのと同じ考え方ですね。


iiyama 24インチワイド液晶ディスプレイ フルHD対応 LEDバックライト搭載 HDMI ケーブル同梱モデル マーベルブラック PLE2472HD-B1

SAMSUNG 24型ワイドLEDバックライトユニット搭載液晶モニター BX2450


バックライトを LED にした場合、電気代が節約できる事は分かりましたが( 2 台にしても現行のシングルより低い)、それと引き替えに未解決の問題も発生している様なコメントもちらほら見られます(要するに目にどうなのよって事でしょうか。3D に関してもこれは囁かれています)。24インチワイド フル HD 対応で 2 万円 〜 3 万円くらいなので、確かに値段的にも怪しいと思わずにはいられません。しかし、作業環境が改善されるなら、踏み切ってもいいのかも知れません。仮に、\23,000 × 2 = \46,000 で、解像度 3960 × 1080 の環境を得られます(横に並べた場合)。

液晶ディスプレイを購入する場合、3D 、マルチタッチ、入力端子の数、解像度などが考慮されますが、これらは将来どうするかを考慮した場合であり、現時点での目的を達成できるなら、いくらでも切り捨てる事ができます。目的が定まっていない場合は、それだけ余計なお金がかかります。ゲームユーザーなら、シングル以上になると 2 台ではなく 3 台が一般的です。二台だと中心がベゼルになってしまうため、キャラクターが見づらい。中央の液晶でキャラクターを見て、左右二台の液晶で視野を広げるわけです( HPE290jp/CT夏モデル 3画面モニタースペシャルパッケージ)。さらに、ゲームユーザーと映画を考慮した場合、リフレッシュレートが 120MHz 以上の 3D 対応の液晶が考慮されます。この場合、対応するドライブ、ソフトウェア、3D 再生システムが別途必要になります。3D 、マルチタッチの両方をカバーする液晶は存在しておらず、いずれかを考慮した場合でも価格は跳ね上がります。となると、3D 、マルチタッチを切り捨てて、LED バックライト採用の液晶が魅力的となります。

家電ゲーム機を接続するにも、液晶ディスプレイに搭載された入力端子を確認する必要がありますが、どのみちこられの PC 用ディスプレイにはTV チューナーが搭載されておりません。もし 、テレビを見るのであれば、家電液晶テレビを購入するのが先決かも知れません。そちらにゲーム機を接続するのがシンプルです。テレビの無い部屋で家電ゲーム機用で購入するのであれば、PC と兼用する場合と同じく、やはり入力端子だけをチェックしましょう。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項