MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

NVIDIA 3D VISION と 3D 対応液晶ディスプレイ ACER GD245HQBID


現時点ではパソコンに必須とは言えませんが、可能であるならば試してみたい3D表示。これを可能にするには、NVIDIA 3D VISION、リフレッシュレート120MHzの液晶ディスプレイ、GeForce 8 シリーズ以上のグラフィックスカード、Microsoft® Windows® Vista(32/64ビット)または Windows7(ウインドウズ セブン) (32/64ビット)、そして、Intel® Core™2 DuoまたはAMD Athlon™ X2 以上のCPU、1GBのシステムメモリ(2GBを推奨)、100 MBのフリーディスクスペースを持つコンピューターです。


acer 23.6インチワイド液晶ディスプレイ NVIDIA 3D Vision対応 ブラック GD245HQBID



NVIDIA 3D VISION(ワイヤレス・シャッター・グラス)キットを購入すればOKというユーザーより、ほとんど買い換えなくてはならないユーザーの方が多いのかも知れません。GeForce 8 シリーズ以上のグラフィックスカードとありますが、昨年に投稿されたビデオレビューでは8800以上から対応の様です。Windows 7 PCを購入して、コンピューター性能が満たしていたとしても、NVIDIA 3D VISION、グラフィックスカード、液晶ディスプレイは購入する必要がありそうです。


アスク 3Dメガネ NVIDIA GF 3D Vision JP 10701-0004 日本語パッケージ GV-701-3DVRJ



NVIDIA 3D VISION が約 2 万円、対応液晶ディスプレイが約 4 万円、グラフィックスカードを低価格なものを選択したとして約 1 万円。ハードウェアだけで合計で約 7 万円ほどの出費となり、場合によってはゲームソフトや再生ソフト( PowerDVD 10 Ultra 3D )も必要になるかと。もちろん、これを一度に全てそろえるのは、新しいパソコンが購入できるお値段なので、将来を見越してグラフィックスカードや液晶ディスプレイの買い換える時に、対応製品を選択するのも良いでしょう。

3 次元の新たな世界は魅力的ですが、それがどういったものなのか、確認する事ができないため、興味があるだけかも知れません。YouTube にアップロードされたビデオにも、3D グラス越しに撮影したものがありますが、正直良く分かりません。パソコンショップの店頭で試せしてみてから考えるのも良し。対応液晶ディスプレイは、マルチタッチ対応液晶ディスプレイと価格が同等です。場合によっては、マルチタッチ対応液晶の方が安い。

おな、正直グラフィックスカードは品名の数字だけで判断できるものではなく、管理人は苦手です。 しかし、以下のサイトにビデオメモリ、3D Mark Vantage スコアが掲載されているので、パフォーマンスも含めてグラフィックカードを検討する場合は参考になります。

グラフィックカードの基礎知識 - ドスパラ





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項