MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

コミPo!:気軽に漫画を描ける革命的なソフトウェア


2010 年 12 月 15 日 発売。いろんな意味で革命的なソフトウェアかも知れません。物語や台詞を考えられても、絵を描くのはちょっと・・。そんなユーザーに絶対的に支持されるであろうソフトウェアです。基本的にはパソコン操作でお馴染みのドラッグ&ドロップと文字入力で簡潔します。キャラクターを選択して漫画のコマに移動、キャラクターは髪型、表情を変更でき、色も変更可能。これだけでもバリエーションは豊富なのですが、革命的なのはキャラクターが3Dなので、上下左右に角度を自由に変更可能。これにより、先の方法と組み合わせてバリエーション無数に広がります。高度な技術を必要とする背景、吹き出し、漫符、効果線などもドラッグ&ドロップで挿入でき、角度やサイズもマウス操作で自由に変更可能。

バリエーションが豊富だとは言え、当たり前ですが無限大ではありません。それをカバーするのが今後登場する予定の新しいキャラクターやアイテムのダウンロード販売です。これによりバリエーションを増やす事ができます。個人的には、ヴィクトリア時代系、アンティーク系のキャラクターやアイテムが登場して欲しいところ。キャラクターというよりは、アイテムの充実が期待されます。

もう一つの革命的なところは、コミPo! で作成したキャラクターの著作権はユーザーが主張する事はできませんが、ユーザーがコミPo!で作成した画像は商用利用可能なところ。プレゼン資料に使ったり、会社のHPに漫画を掲載したり、WEBサイトのネタとして作成した漫画を掲載できます。結局、作成できても利用制限で四方八方を塞がれていては(ありがち)、楽しいかも知れませんが購買意欲は薄れます。そういう意味では、コミPo! は非常に分かりやすくてユーザーに損をさせない優れた製品と販売手法なのかも知れません。


コミPo! ~絵を描かなくてもポッとマンガがつくれちゃう!~[初回特典付き]


実際に体験版を使ってみたところ、確かに簡単にそれらしいものは作成できます。管理人は漫画を読む機会が少ないので、表現方法などは何をチョイスして良いのか難しいところ。しかし、普段漫画を愛読しているユーザーなら、その辺は分かると思います。もちろん、それすら分からないユーザーをカバーするソフトウェアなんて無いでしょうから、物語の展開や構成方法くらいは自分で何とかしましょう。逆にそれもカバーするソフトウェアが誕生するのであれば、すでにオリジナル性は皆無です。2 〜 3万円するならば、趣味でないと買えないかも知れませんが、ダウンロード販売で希望小売価格:6,700円(税込)、パッケージ版でも希望小売価格:9,700円(税込)なので、やはり革命的なソフトウェアでしょう。 使い方が分かるビデオは以下。



メーカー詳細





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項