MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Office 2007 を購入しよう!

 Word 、Excel 、Outlook 、PowerPoint 、Publisher 、Access 、InfoPath 、OneNote 、Groove 、InterConnect 。 さらにエディションは Ultimate(アルティメット)、Professional(プロフェッショナル)、Standard(スタンダード)、Personal(パーソナル)。なんでこんなにあるのだろうか?それは、必要なものをコストパフォーマンス重視で購入できる様になっているから。


Microsoft Office は、Windows 、または、MAC にインストールして利用するオフィスアプリケーション。 オフィスアプリケーションには、文字や画像を使って文章を作成する日本語ワードプロセッサや、統合型表計算、電子メール、情報の管理などがあり、それぞれ単独で通常版、アップグレード版、アカデミック版を購入する事ができます。 自分に必要な機能を備えたソフトウェアだけを購入すれば良いのですが、単品で購入すると、購入する数にもよりますが割高になります。そこで、これら単品のオフィスソフトウェアをパッケージにして、選択を容易にしたエディションと呼ばれるものが販売されています。



エディションの種類は「Ultimate(アルティメット)」「Professional(プロフェッショナル)」「Standard(スタンダード)」「Personal(パーソナル)」の 4 つ。 まずは以下の表を見てみましょう。価格は、[通常版] [アップグレード版] などのテキストにポインタをのせると表示されます( JavaScript を有効にする必要があります )。


単品/パッケージ

Ultimate
通常版
アップグレード
アカデミック
Professional
通常版
アップグレード
アカデミック
Standard
通常版
アップグレード
シニア割
Personal
通常版
アップグレード
日本語ワープロ
Word 2007

[通常版]
[アップグレード]
[アカデミック]

統合型表計算
Excel 2007

[通常版]
[アップグレード]
[アカデミック]

電子メール・情報管理ソフトウェア
Outlook 2007

[通常版]

プレゼンテーション
PowerPoint 2007

[通常版]
[アップグレード]
[アカデミック]

 
ビジネスパブリッシング
Publisher 2007

[通常版]

   
データベース管理
Access 2007

[通常版]
[アップグレード]
[アカデミック]

   
XMLベース電子フォーム
InfoPath 2007

[通常版]
[アカデミック]

     
デジタルノート
OneNote 2007

[通常版]
[アップグレード]
[アカデミック]

     
デスクトップコラボレーション
Groove 2007

[通常版]
[アカデミック]

     
ジャーナリングソフトウェア
InterConnect 2007

[通常版]
[アップグレード]
[アカデミック]

     
エンタープライズコンテンツ管理 電子フォームサービス/情報保護機能
単品販売無し

     
日本語入力システム
IME 2007
単品販売無し


間違いの無い様に確認していますが、リンク先が変更されているかも知れません。購入する時は、リンク先のエディションと金額を必ず確認して下さい。


コンピュータを簡単に利用できるシステムが Windows で、何かを生産するのが Office(オフィス)となります。「Office」は単独の製品を指すのでは無く、上の単品商品で名前に「Office」と付いているもの全てと、それらをパッケージにして販売される全てを指します。また、バージョン毎にこの名称に何かが付加されます(「XP」、「2003」、「2007」など)。ホームページ制作の「Microsoft Office FrontPage」は、Office 2007から削除され、Expression WEBと名称が変更されています。これは、Expression Blend、Expression Mediaと同じく、Expression Studioに統合されています(個別に購入する事もできます)。



Windows にはワードパッドと呼ばれるワープロソフトが付属しますが、それで満足できない場合は、より高性能な Microsoft Office Word を使います。また、付属する Windows Mail で満足できない場合は、Microsoft Office Outlook を使います。その他のOffice製品は、類似する機能が Windows に付属されていないので、結局 Office が必要となります。

最少構成はもちろん単品販売ですが、基本となるエディションで最小構成なのは、日本語ワードプロッセサの「Word(ワード)」、表計算ソフト「Excel(エクセル)」、電子メール・情報管理を担う「Outlook(アウトルック)」、日本語入力環境の「IME(アイエムイー)」を組み合わせた「Personal(パーソナル)」となります。一般的にパソコンを購入した時に付属されるのは、このエディションとなりますが、メーカーやショップによっては上のエディションを選択できます。「Personal(パーソナル)」にプレゼンテーションソフトの「PowerPoint(パワーポイント)」を付属したのが、「Standard(スタンダード)」となり、さらにビジネスパブリッシングソフトの「Publisher(パブリッシャー)」とデータベース管理ソフトの「Access(アクセス)」を付属した「Professional(プロフェッショナル)」。さらに、「Infopath(インフォパス)」「OneNote(ワンノート)」「Groove(グルーブ)」「InterConnect(インターコネクト)」と、特別な機能を付加させた最上級エディションの「Ultimate(アルティメット)」があります。

これらのエディションは、機能をまとめて選択しやすいパッケージになっているのと、単独で購入するよりも割安となります。たとえば、以下は2008年2月6日、現時点でのアマゾンの販売価格を元に計算します。


・Microsoft Office Word 2007 通常版 ¥24,930
・Microsoft Office Excel 2007 通常版 ¥24,930
・Microsoft Office Outlook 2007 通常版 ¥13,041
・Microsoft Office IME 2007(単品に含まれる)

 単品で購入した場合の合計:¥62,901

・Microsoft Office Personal 2007 通常版 ¥40,281


上の機能が含まれるエディションを選択した場合の合計は¥40,281。 Microsoft Office Personal 2007 通常版を購入した方が¥22,620安い事になります。

単品購入の場合、ワードプロセッサと表計算ソフトの通常版を購入しただけで5万円ほどかかります。近い金額でエディションを選択すると、¥53,070の Microsoft Office Professional 通常版を購入すれば、ワードプロセッサ、表計算、電子メール情報管理、データベース管理、プレゼンテーションソフトが統合されています。この事から、ワードプロセッサのMicrosoft Office Wordと、表計算ソフトのMicrosoft Office Excelを必要とした時点で、いずれかのエディションを選択した方が無難です。

単独で購入した方が良い場合は、Word と Excel がいらない場合で、ノート感覚で利用できる Microsoft Office OneNote 通常版を購入する場合。実際、管理人はホームページ制作をメインとしているので、WordとExcelよりもFrontPageやOneNoteが必要になります。この場合、


・Microsoft Office OneNote 通常版 ¥11,151


だけで済みます( FrontPage2003 の後継は Office 製品では無く、Expression WEB となります)。

そして、後から Word と Excel が必要になった場合、Microsoft Office Personal 2007 通常版 ¥40,281 を出費するのかと言うと、そうでもありません。この方法だと


・Microsoft Office OneNote 通常版 ¥11,151
・Microsoft Office Personal 2007 通常版 ¥40,281
 総支出 ¥51,432


となりますが、Office 2007 からはアップグレード方法に変更があり、より購入しやすくなっています。Office単品製品を使っているパソコンでは、つまり、Microsoft Office OneNote 通常版がインストールされたパソコンでは、Microsoft Office Personal 2007 アップグレード版を利用する事ができます。この購入方法だと、先に通常版のMicrosoft Office OneNoteを購入してあった場合、


・Microsoft Office OneNote 通常版 ¥11,151
・Microsoft Office Personal 2007 アップグレード版 ¥19,314
 総支出 ¥30,465


両方とも通常版を購入するよりも、¥20,967円もお得になります。

例えば、BTOにせよメーカー製パソコンにせよ、パソコン購入と同時にOfficeを選択した場合、OEM版として安く購入する事ができます。Microsoft Office Personal 2007 のOEM版なら2万円程度が相場でしょうか。これは、リテールのアップグレード版に相当する価格です。

しかし、パソコンのパーツを購入して自作パソコンを選択して、OEM版を購入する事ができない場合は、アップグレード版を購入する事ができません。なぜならば、新しいパソコンにはWindows以外に何もインストールされていないからです。そんな時は、Microsoft Office Personal 2007の通常版を購入するよりも、アップグレード対象製品の単品を購入して、Microsoft Office Personal 2007 アップグレード版を選択すると、最安値で購入できます。そうなると、Microsoft Office InterConnect 通常版あたりを購入するのが、一番美味しいのかも知れません。


・Microsoft Office InterConnect 2007 通常版 ¥6,350
・Microsoft Office Personal 2007 アップグレード版 ¥19,314
 総支出 ¥25,664

・Microsoft Office Personal 2007 通常版 ¥40,281
 差額 ¥14,617 お得。


管理人の場合は前者の Microsoft Office OneNote 2007 から Microsoft Office Personal 2007 アップグレード版を選択しました。これは計算したのではなく、OneNote 2007 が使いたかったので購入しました。ところが、後から表計算ソフトのExcelが必要になりました。そこで、Microsoft Office Personal 2007 アップグレード版を購入した流れです。



自分が使っている Office が OEM 版なのかリテール版なのかが分からない場合は、プロダクトIDが書かれているシールを参照しましょう。「FPP」とある場合はリテールライセンス条項が適用され、「PIPC」とある場合はプレインストールライセンス条項が適用されます。



ライセンス条項を確認するには、どれか一つ Office 製品を起動して、メニューのヘルプからバージョン情報をクリックします。



「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項の表示」を左クリックします。



マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項が表示されます。



上で紹介した製品は、全てリテールライセンス条項が適用されます。 これは、電器屋さんや通販で 2007 から変更された特殊なプラスチックケースに入った製品を購入した場合です。 OEM 版の場合は簡素にまとめられています。



リテールライセンス条項には、「2.b 携帯用デバイス。ライセンス〜」がありますが、プレインストールライセンス条項ではありません。(変更される可能性もあるので、条項の確認はお使いの Office 製品で確認して下さい)



デスクトップとノートパソコンを購入した場合、一般的には右の様にパソコン購入と同時に、それぞれ Office Personal 2007 OEM 版を購入する事になります。 Office Personal 2007 OEM 版は単品で購入できないのと、ショップにより異なるので正確な金額は分かりませんが、2 万円くらいと考えて 2 台で 4 万円が Office に投資した金額となります。 この場合、同一ユーザーが利用する必要は無く、ライセンスはそのパソコンと共にあります。



一方、デスクトップパソコンを自作した場合、OEM 版が購入できないので最初は投資が必要となります。 といっても、上で説明した様に

Microsoft Office OneNote 2007 通常版 ¥11,151
Microsoft Office Personal 2007 アップグレード版 ¥19,314
総支出 ¥30,465

とすれば、Microsoft Office Personal 2007 通常版を購入するよりもお得です。そして、ノートパソコンを購入した場合、デスクトップにインストールしたOneNote 2007、Personal 2007はリテール版であるため、同一ユーザーが利用する条件で携帯デバイスにもインストールする事が可能になります。こうなると、初期投資は無駄では無くなり、金額的には1万円ほどお得で、なおかつ、Word 2007、Excel 2007、Outlook 2007、IME 2007、OneNote 2007 の環境が手に入ります。

実は、OEM版のOfficeは、パーツと同時購入で入手する事は可能です。難しいところですが、正式に購入できるのは Office Personal 2007 with PowerPoint2007 となります。


・Microsoft Office Personal 2007 OEM版
 ・Microsoft Office Word 2007 OEM版
 ・Microsoft Office excel 2007 OEM版
 ・Microsoft Office Outlook 2007 OEM版
 ・Microsoft Office IME 2007 OEM版
・Microsoft Office PowerPoint2007 OEM版


つまり、Microsoft Office Standard 2007 の OEM 版と同じ気がしますが、あくまでも Office Personal 2007 with PowerPoint2007 となっています。 PowerPoint2007 はプレゼンテーションで利用するソフトで、作成されたファイルを閲覧するのにも必要です。 このソフトは単品でも Word 2007 、Excel 2007 と同等の価格なので、どうにも良い手は見つからず・・・

ん?Microsoft Office Standard 2007 の通常版は¥47,081 。アップグレード版は¥24,012 。 あれ、Standard 2007 のアップグレード版って、かなり安いですね。これなら、新規のパソコンにインストールする場合、

・Microsoft Office OneNote 通常版 ¥11,151
・Microsoft Office Standard 2007 アップグレード版 ¥24,012
 総支出 ¥35,163

リテール版なら、余計なパーツを購入する必要が無いため、OEM 版とほとんど変わらない値段となります。また、同時購入したパーツと一緒に利用するに限りライセンスが保持されるOEM版と異なり、リテール版を購入しておけば、携帯用デバイスを購入した時も出費が抑えられます(同一ユーザーが利用する場合)。これはどういう事か・・・






BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項