MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Arc Keyboard (アーク キーボード):ワイヤレスキーボード


2010年2月26日(金)発売。折りたたみ式の Microsoft Arc Mouse のデザインとマッチするワイヤレスキーボードMicrosoft(R) Arc(TM) Keyboard (アーク キーボード)。縦155mm、横幅310mm、厚さ19mmのコンパクトサイズとなりますが、10キー非搭載なので、無理に凝縮した感はなく、操作性に問題がないサイズと思われます(利用しているキーボードのテンキーとHomeやPageUpキー、方向キーなどの領域を省いて計測すると横幅310mmあれば十分主要なキーが収まるサイズ)。カラーはブラック(キートップの文字はゴールド)と、日本限定カラーのホワイト(キートップの文字は若草色)の2色。

Microsoft Arc Keyboard Black (J5D-00020)


Microsoft Arc Keyboard White (J5D-00028)



接続方式は2.4GHz帯、電波受信範囲は5m、単4アルカリ乾電池2本(エネループのお世話になるのが妥当)で約18ヶ月の電池寿命とあります。電池寿命は使用頻度により異なるので、毎度の事ですが参考になりませんが、充電池の エネループ を使えば解消されると思います(単3ではなく単4電池である所がポイント)。ワイヤレストランシーバーはキーボードの背面にマグネットで収納可能で非常にコンパクト。これをパソコンのUSB端子に接続することで、このキーボードだけとワイヤレス通信が可能となり、他のワイヤレス機器との誤動作を極力防ぐ傾向にあります。



キーボードにはバッテリ ステータスインジケーター搭載で、電池寿命を知らせてくれます。電源ON/OFFボタン、ボリュームボタン(音量+、音量-、ミュート)、F1〜F6のキーがあり、Fnキーと組み合わせてF 7〜F12、「PrintScreen」「Inst」キーを使います(「Esc」「Home」「End」「PageUp」「PageDown」「Dell」「ボリュームキー」の3つを上部に設置するため設置スペースがありません)。もの凄く気になるのは、4方向移動キーが右下に一つのキーで簡潔しているところ。これをどうやって操作するのかは不明です。角度を関知してワンキーで4方向を判断するのであろうか?はたまた、何かしらのキーと組み合わせるのであろうか?



Arc(アーク)シリーズはスタイリッシュなデザインが売りで、これはマウスと同じです。エルゴノミクス(人間工学)の技術とデザイン性が融合され、お洒落度はかなり高いと思います。なおかつ、ワイヤレスで実売5千円前半なので、検討する価値はあります。キーボードをガンガン利用するユーザー、特にマルチメディアキーやユーザー設定キーを多様するユーザーには不向きかも知れません。デザインがインテリアにマッチするかは、キーボードに問題をぶつける傾向にありますが、個人的には利用しているパソコン環境にも影響すると思います。パソコン環境によっては、このキーボードは逆に浮くかも知れません。動画共有サイトで箱から開けてArc Keyboardを取り出すビデオを見ましたが、パソコン関連機器の梱包ではなく、食器とか、キッチン用品を取り出すみたいな感じです。説明書もわざわざお洒落なケースに梱包されています。ただし、ケースの中身は従来と一緒。お洒落を無視したとしても、ワイヤレスであるため、使わない時は端に寄せたり、一時的にデスクから排除したり、膝に乗せたりと使い勝手は良いでしょう。



PressPass Home > 画像ダウンロード 製品別一覧

プレスリリース

特設サイト:Microsoft Arc keyboard マイクロソフト アーク キーボード





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項