MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

キーボード:タッチパッド搭載 ワイヤレスキーボード ミヨシ TP-24G01


数年前、IBMのタッチパッド付きキーボードに憧れましたが購入に至らず。キーボードにタッチパッドが搭載されている事で何が便利なのか?それは、キーボード単体でパソコン操作が簡潔できる事にあります。しかし、普段マウス操作に慣れているユーザーにしてみれば、タッチパッドでの操作に慣れる必要があります。ノートパソコンユーザーは、タッチパッドが馴染めずマウスを利用する人と、タッチパッドに慣れて逆にマウスが使い難い人がいる様です。後者であれば、デスクトップパソコンを使う際、タッチパッド搭載キーボードがすぐに馴染めると思われます。

ミヨシ(MCO)タッチパッド搭載ワイヤレスキーボード TP-24G01

マウスを設置するスペースを排除する事ができますが、いつしかタッチパッド搭載キーボードの必要性は広がりました。マウスは有線よりコードレスの方が便利で、キーボードはコードレスでも満足できましたが、時代と共に無線キーボードも普及しています。無線の場合はバッテリーや乾電池から電力を得る必要がありますが、サンヨーの エネループ の爆発的なヒットで、電池の消耗を気にする事は無くなりました。また、パソコンは一体型や小型され、HDMI端子で家電の大型液晶テレビに接続するユーザーも増え、映画を視聴する時は離れた場所からパソコンを操作する必要があります。そんな時、ショートカットキーを覚えなくても、タッチパッドが搭載されていれば、離れた場所から気軽に操作できます。

また、テレビ操作はしなくても、常にディスプレイの前にキーボードを設置するスタイルから、使わない時はデスクスペースを確保するために、気軽に場所を変更できるのが望ましい。有線キーボードではこれが面倒です。無線キーボードなら、持ち上げて端によせ、資料をデスクスペースに並べるのも簡単です。

TP-24G01はタッチパネルを搭載した事で、10キーを失っています。テンキーを頻繁に利用するのであれば、不向き、または、上に書いた利便性を必要とするならば、テンキーは別途購入する必要があるでしょう。キータッチはノートパソコンに採用されているパンタグラフ式。単三電池2本で動作、ON/OFFスイッチとスリープモードを搭載。バッテリー寿命の目安は最大127時間(約2ヶ月目安 アルカリ乾電池使用)とありますが、使用頻度により異なるので当てになりません。充電式のエネループなら、利用する単三電池2本と、予備の2本を確保して使い回せば良いでしょう。キーボードはキータッチの好みがあり、実際に触れずに通販で購入するには勇気が必要です。できれば、ショップで触れてみてから購入しましょう。

エネループ





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項