MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

日本語入力システム ATOK(エートック)2008 を使ってみました

 Microsoft Office IME 2007 から、JustSystem(株式会社ジャストシステム)の ATOK(エートック)に乗り換えてみました。この日本語入力システムの魅力は辞書と連携できるところ。インターネットで検索して確認する必要が減ります。その分、日記を書くの掛ける時間が短縮できるのか?といえば、そうでもありません。


管理人は市販ソフトを使うのが大の苦手。やりたいことが分かっていて、自力で出来ない場合に無料ソフトをネットで探します。しかし、便利であろうか、もしくは、勉強しなくても簡単に使えるのであれば、学ぶ時間とお金を交換する意味で、市販ソフトを購入します。経験で道を覚えるのが面倒だから、カーナビを購入する感じでしょうか(今の車はカーナビ搭載が一般的か)。経験をお金で買うことは実際不可能ですが、世の中に存在するソフトウェア全部を経験するほど人生長くないのも事実。それに、パソコンはデジタル化されたデータを扱うので、実際の経験で得る曖昧さは限りなく少ないと思います(0か1で置き換えられなければ2ビットで扱えない)。


さて、今回購入してみたのは、前から気になっていた株式会社ジャストシステムが販売する日本語入力ソフト「ATOK(エートック)」。 管理人は、Windows に付属する MS-MIE か、Microsoft Office に付属するIMEを利用していますが、利便性とは関係無く、Windows に付属するから、または、購入した Microsoft Office に付属するから使わないと勿体ないという理由です。ジャストシステムは、単品で日本語入力システムを「ATOK」を販売しているので、それは便利なソフトなのであろうと期待します。記憶を辿れば、実は過去に使っていた時期もありますが、確かパソコンに付属するワードプロセッサがマイクロソフトのWORD(ワード)か株式会社ジャストシステムの一太郎かで競争していた時期です。



Just MyShop(ジャストシステム)

OS である Windows がインストールされていれば、別途購入する必要はなく、日本語入力環境は揃います。ATOKを購入する理由として、辞書と連携させたい要望が一般的でしょう。さて、どれを購入すれば良いのか? まず、バージョンがいくつかありますが、学生ではないのでアカデミックは購入できません。また、ジャストシステム社の製品を利用しているユーザーでも無いので、優待版やアップグレード版も購入できません。つまり、通常版を選択する事になります。また、ATOK は、「JUST Suite 2008」「一太郎2008」に付属するので、これらのソフトが必要であるならば、単体で購入する必要はりません。管理人は Office 2007 を利用しているので、やはり単品の通常版を探す事になります。



iconicon

通常版にも種類があり、まず基本となるのが「ATOK 2008 for Windows 通常版」でしょうか。こちらは最安値となりますが、辞書が付属しません。構成支援機能だけで十分であればこれを選択します。これと、必要な辞書を選択して購入するのが良いと思いますが、初めて利用するので意味が分かっていません。それに、使いこなせるかどうか不明です。



iconicon

そこで、妥当と思われる辞書付きの「ATOK 2008 for Windows「プレミアム」 通常版」を選択してみました。日本語入力システムのATOKと、『明鏡国語辞典』『ジーニアス英和辞典 第4版』『ジーニアス和英辞典 第2版』がセットになっているので、初めての人にもおすすめかも知れません。これで満足できなければ、広辞苑を別に追加しても良いでしょう。また、管理人が購入する時はキャンペーンがありませんでしたが、今は「ATOK 2008 for Windows 通常版」+「広辞苑」のセットが存在するみたいです(時期により異なる)。そちらを狙ってもいいでしょう。



iconicon

広辞苑第6版を本で購入すると8千円から1万2千円くらい。ATOKの辞書の場合は実売価格が8千円くらい。値段よりも、日本語を入力する時に辞書を使いたいので、できればATOKと連携していた方が便利なのは確かです。



さて、早速インストール。52 ページほどの薄い説明書が付属するので、インストール方法と使い方で悩む事は無いでしょう。 インストールCDを挿入して、自動起動したメニューから、「ATOK 2008 のセットアップ」「Office連携ツール」「プレミアム辞書・辞典」を順番にインストールします。



肝心なATOKの使い方ですが、これは日本語入力システムなので、常に起動しているものです。 特に何かを押して起動するといった事はありません。また、ATOK 独自のスタイルがあるのですが、MS-IME に慣れたユーザーのために、スタイルを変更できます。



そして、インストールCDに含まれる操作ガイドも重要です。これを順番に実行すれば、ATOK を使いこなせる気になります。もちろん、実際に使いこなせる様になるには時間が掛かりますが、とりあえずその気になれます。



「今日」と入力すると、日付に関する変換候補が列挙されます。



入力した言葉を明鏡国語辞典で調べる事ができます。この電子辞書との連携が2008から操作性が向上との事。プレミアム版は初めから辞書が入っているので利用できます。広辞苑を別途購入した場合、ここで変換できると思われます。



辞書が連携しているので、日本語から英語を調べる事も可能。



プレミアムに付属する「ジーニアス和英辞書」を使えば、スピーカのマークを左クリックすると、読み上げてくれます。 イントネーションや読み方を知る事ができ、便利というより勉強にもなります。



辞書は入力支援の他に、ホームページの単語を選択して右クリックして調べる事ができます。 コンピュータ関連の英語ブログをページごと翻訳すると、逆に理解しがたい文章になりがちです。 そんな時は、分からない単語だけを右クリックで調べれば、理解力も増すと思われます。



会社四季報 企業名変換辞書が付属するので、「ジャスト」と入力すれば「株式会社ジャストシステム」など、変換候補が列挙されます。



推測候補モードを使うと、携帯電話の文字入力みたいに、一文字入力する度に変換候補が列挙され、定型文などの入力に便利です。



間違って覚えてしまった単語も誤りを指摘してくれます。

利用して1ヶ月ほど経ちますが、ATOK のおかげでホームページの制作がスムーズになったかと言えば、実はそうでもありません。 この辞書がくせ者でもあり、何でもかんでも調べてしまう癖が付き、日本語から英語、英語から日本語と一通り読んでしまうと、結局文章を完成させるまで時間がかかります。しかしながら、間違って覚えてしまった言葉を正してくれる機能はとても重宝します。管理人は得に正しくない日本語を多く覚えてしまっているので、間違いを指摘されます。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項