MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

はじめての地デジダビング10(BS・CS・ケーブル各種デジタル放送)

著者:村松 茂


セクション1〜33と細かく分かれ、BS・CS・ケーブル各種デジタル放送に関する解説本です。セクション1〜11までは、デジタル放送の仕組みや、受信方法、接続方法など、一般的な知識が身につきますが、12〜33は、2008年9月に発売されたソニー製HDD/BDレコーダー[BDZ-X95]、または、「BDZ-X100」を使った説明になります。このため、ほとんどの機種では通用しない操作方法もありますが、趣旨としては地デジで何が変わるのか?何ができるのか?といった知識の習得に役立ちます。つまり、現時点ではアナログ放送を視聴しており、地デジ初心者以前のこれから地上デジタル放送に挑戦するユーザー向けで、下調べの段階として読むことをおすすめします。チャプターは全部で9つに分かれており、チャプター1から2までは全て覚える必要はありません。しかし、アナログ放送と何が変わったのか、メリットは何なのかといった知識は、知っている方がこれから地デジ対応機器を購入する場合に都合が良いでしょう。

地上デジタル放送の歴史や、技術的な事は、一般家庭で視聴する分には直接関係無く、これらの詳細は掲載されていません。より深く、なぜゆえに地上デジタル放送が生まれたのか、どういう技術を使っているのか、開発過程などの知識は、他の本を選択して下さい。また、操作や活用に関して、一部のユーザーに人気のパソコンよりの知識は掲載されていません。地上デジタル放送に関して右も左も分からない状況だと感じたユーザーだけにおすすめします。



また、行動する前の予備知識としては、地上デジタル放送に関する機器(テレビやレコーダー)を開発するメーカーの解説サイトや、商品の説明書をダウンロードして読むのも有効です。説明書は一般的にPDF形式でダウンロードできますが、もちろん、その製品に関する説明書ゆえに、他の製品では役に立ちません。しかし、説明書にも地デジ関する一般的な解説は存在するので、何も分からない状況で製品を購入するよりいいと思います。

一般家電のテレビやレコーダーより遅れましたが、パソコンで地上デジタル放送の視聴は結構前から可能になっています。もっとも普及したと思われるのは、パソコンに増設できるTVチューナーカードやユニットが発売された2008年4月下旬からとなります。管理人はすぐに購入して試して見たのですが、液晶ディスプレイを買い替える事になりました(もちろん、下調べで分かっていましたが)。場合によってはビデオカードも買い替える必要があるでしょう。そして、そこまでしても、納得できる製品ではありませんでした。

現在は、この問題はOSと共に解消されつつあります。 Windows7(ウインドウズ セブン) に搭載されたWindows Media Centerは、地上デジタル放送に対応しています(Windows Vistaでも対応している製品はありますが、自作派やBTOパソコンでは特別なWindows Vistaを購入する事はできませんでした)。ただし、Windows Media Centerに対応する TVチューナーカードや外付けユニット が必要になります。また、あえてWindows Media Centerを使わなくても、メーカー独自のアプリケーションで地デジを楽しむ事ができます。


はじめての地デジダビング10―Blu‐ray Disc&DVD対応 (BASIC MASTER SERIES)

地デジ関連書籍

地デジ パソコンパーツ一覧





Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項