MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Office 15(2013)を使ってみた


前回 は、Microsoft Office 15(2013)PreviewをWindows 8 Release Preview にインストールしました。今回は、少し使ってみたいと思います。具体的には、普段、管理人が Office 2007 を使って作業する内容を、そのまま Office 2013 に移行してみました。こうする事で、何が変わったのかを発見できるかも知れません。なぜならば、管理人は Microsoft Office のスキルが低いです。そして、それほど重要にしていません。さらに、OS とは違い、毎回バージョンアップを実行していません。バージョンアップはそれに見合う生産性の向上が必要で、ソフトウェアの性能だけではなく、何の作業をしているかが重要になります。



管理人は、Microsoft Office 14(2010)もベータ版しか利用しておらず、Office 15(2013)との違いを発見するのは無理です。確か、外部ストレージの SkyDrive との融合は、Office 14(2010)で可能だったと思います。まず、Office 2007 で作成したファイルを Office 15(2013)の Word で開くと、閲覧モードで起動しました。ページ送りの矢印ボタンが左右にあり、指先での操作がしやすくなっています。



左上の「ビュー」をクリックして、「文章の編集(E)」をクリックします。



これで、通常の編集モードに変更されました。ビューを切り替えるには、リボン形式のメニュー「表示」の「文章の表示」から「閲覧モード」「印刷レイアウト」「WEBレイアウト」を選択します。



「ビュー」で「ナビゲーション ウインドウ(N)」をクリックすると・・・



ワードを検索できます。Wordで作成した文章を、電子書籍のように閲覧できるのが閲覧モードで、ナビゲーション ウインドウは閲覧モードでも編集モードでも利用でき、Wordが選択された状態であれば、「Ctrl」キーと「F」キーで表示することもできます。



「校閲」の「スペル チェックと文章構成」では、問題があると思われるワードが表示され、適当と思われるワードが列挙されます。さらに、単語の発音も再生できます。



画像ファイルをドラッグ&ドロップで貼り付けられ、画像をダブルクリックするとリボン形式のメニューが「図ツール 書式」に変化します。さらに、画像を右クリックすると、レイアウト オプションを選択できます。



画像をドラッグ&ドロップで移動すると、余白に合わせるアシストラインが表示されます。これは便利な機能だと思います。



ファイルの情報、新規作成、上書き保存、名前を付けて保存、印刷、共有、エクスポート、閉じる、アカウント、オプションなどの表示は、左上の「ファイル」をクリックします。これは、Office 2010 と同じかと思われます。



例えば、右のスクリーンショットは、管理人がホームページを作成する前に、下書きとして利用しているファイルの情報です。



さて、Microsoft Office は市販のアプリケーション群の名称であり、コンピューターにインストールして利用します。これとは別に、SkyDrive(スカイドライブ)と呼ばれる外部ストレージサービスがあります。SkyDrive は、Windows Live ID(名称は変更されると思います)に登録すると利用でき、Windows 8 では、このIDをマイクロソフト アカウントとして、ユーザーを識別するのに利用できます。もちろん、従来のローカルユーザーとして使うこともできます。SkyDrive には、画像やビデオの他に、Office ファイルもアップロードして保管できます。Office で作成されたファイルを閲覧するには、Office 製品を購入するか、無料のビューア(閲覧のみで編集できない)をインストールする必要がありました。SkyDrive を利用すれば、ホームページを閲覧するアプリケーション「ブラウザ」で、SkyDrive に保管された Office ファイルを閲覧、ちょっとした編集が可能になります。



SkyDrive に保管された Office ファイル一覧を IE 9 で閲覧した状態。これは、外部ストレージをエクスプローラーで表示しているようなもの。



Office ファイルの一つを起動した状態。閲覧モードになっていますが、編集モードに切り替えると、リボン形式のメニューが表示され、ちょっと編集も可能です。

SkyDrive 経由で利用する Office は無料ですが、市販の Office 製品と比べると雲泥の差があります(まぁ、当然ですね)。Microsoft Office 15(2013)は、市販の製品であり、このソフトから SkyDrive のファイルを編集することもできます。そのためには、SkyDrive からコンピューターにファイルをダウンロードして、Microsoft Office 15 で開く方法と、SkyDrive のファイルに直接アクセスして編集する方法があります。後者を利用するには、Microsoft Office 15(2013)にてサインインする必要があります。

Windows Live IDを登録した流れでSkyDriveを使う



サインイン方法は、左上の「ファイル」→「アカウント」をクリック、さらに「サインイン」ボタンをクリックします。または、右上の「サインイン」をクリックして、サインイン方法を選択します。



Windows Live ID と パスワードを入力して「サインイン」ボタンをクリックします。



サインインすると、SkyDrive に保管されたファイルを開いたり、上書き、名前を付けて保存したりできます。



右のスクリーンショットは、SkyDrive に保管された Word のファイルを、Windows 7 にインストールした Microsoft Office 15(2013)Preview で開いている状態です。不思議な状況にも思えたのは Office 14(2010)の時点で、今となっては使うユーザーと使わないユーザーがはっきりしているのかも知れません。常にサインインを維持した方が便利ですが、それは少し怖い気もします。Windows Live ID に登録したアカウント名とアイコンが右上に表示され、それをクリックしても、サインアウトに関する記述はありませんでした。



サインインはどこからでも可能ですが、サインアウトのボタンは見あたりませでした。アカウント画面では、SkyDrive や Windows Live Messenger のメールアドレスが表示されています。これを、アカウント名だけに変更できないものか? サインアウトの方法が分からないので、アカウント画面から「○○さんでない場合はこちら 削除」をクリックしてサインアウトしました。



アイコンが元に戻り、サインインが完了したと思われます。



外部ストレージの SkyDrive に保管されたワードファイルを、ローカルにインストールした Office 15 Word と、ブラウザの Internet Explorer 10 で開いているスクリーンショットです。普段の作業を半月ほど、Office 15 の Word、Excel、Outlook、OneNote に置き換えて使っています。



Office 14 からなのかも知れませんが、Outlook でメールを受信すると、右上に表示されます。Office 2007 では、右下に表示されました。指先操作が基本のタブレット PC でも使いやすそうです。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項