MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

2010 年 に登場予定の Microsoft Office 2010


2010 年になった事と、個人的に Windows7(ウインドウズ セブン) へ移行してテスト環境が整ったので、今年発売予定の Microsoft Office(マイクロソフトオフィス) 2007 の後継となる Microsoft Office 2010 Beta をインストールする事に。すでに日本語公式サイトに豊富な情報が掲載されていますが、あくまでもベータ版なので、インストールするのはテスト環境に限ります。



管理人は Windows 3.1 の時から仕事で Microsoft Office を使っていますが、基本的な使い方をほとんど知りません。当初は Access(アクセス)を使って入力システムとデータベースを構築していましたが、今ではメーラーの Outlook(アウトルック)、文章を書く Word(ワード)、表計算の Excel(エクセル)しか使っていません。よって、毎回ベータ版が登場した時だけ、フルスペックの Office を利用するのですが、実際に購入するには高価すぎて personal(パーソナル)、奮発して Professional(プロフェッショナル)がいいところです。特に、Office OneNote がお気に入りです。



Microsoft Office 2007 では、メニューがリボン形式へと移行され、その流れは Windows Live サービスのアプリケーションや、Windows 7 に付属する描画ソフト「ペイント」や、簡易文章入力ソフトの「ワードパッド」にまで普及しました。しかし、肝心の Office 2007 では、全てのソフトがリボン形式ではありませんでした。Office 2010 からは、完全にリボン形式のメニューが採用される模様です( Microsoft Office OneNote 2010Microsoft Office Outlook 2010 も)。さらに、Windows Live もリボン形式に変更されているスクリーンショットがリークされていますが、次のバージョンアップでそうなるのかも知れません。



Office 2007 でも可能になりつつありますが、以前紹介した Windows Live サービスと関わりつつあります。現時点では参照のみ可能なソフトが Word 、編集まで可能なソフトが Exce l、PowerPoint 、サービスが予定されているソフトが OneNote となり、これらのファイルは Windows Live サービスの外部ストレージサービス SkyDrive(スカイドライブ)に転送する事で参照や編集が可能になります。それまでは Office を所有しないユーザーは、無償のビューアをインストールする必要がありましたが、これが WEB サービスで可能になり、完全とは思えませんが、編集まで可能になる模様。


ブラウザで操作可能なOffice Web Apps


メニューの「ファイル」には、「共有」と名付けられた項目があり、SkyDrive が初期状態で表示されます。Windows Live ID を利用してサインインすれば、SkyDrive のフォルダーが表示され、そこへ保存する事ができます( Office 2007 でも可能ですが、表示は貧弱でした)。右のスクリーンショットは、Windows 7 のデスクトップに Microsoft Office Word 2010 と Internet Explorer 8 で SkyDrive に存在する Word ファイルを表示しています。Office 2007 で SkyDrive に保管されたファイルなので、Word 2010 で「上書き保存」を実行する度にサーバーに転送され、Word 2010 を所有していなくても、ブラウザから参照や簡易的な変更が可能になると思われます。つまり、このやり方はローカルにファイルを保管しないやり方です。もちろん、Office 2010 を所有するならば、従来通りローカルに保存する事もでき、あえて SkyDrive を利用する必要もありません。共有するとなると、外部ストレージサービスが威力を発揮します。



現時点でも、Excel は SkyDrive で参照と簡易的な編集が可能になっています。OneNote 2010 は対応予定であり、現時点では SkyDrive へファイル保管に対応していません。外部ストレージに存在するファイルを、ローカルにインストールした Office 2010 で編集していますが、ローカルに保管する従来の使い方と変わりません(通信が発生するくらいでしょうか)。一応、これからは外部ストレージとローカルアプリケーションが融合する流れにありますが、Windows Live サービスの Office では、すでにローカルのアプリケーションも排除する流れになります。もちろん、現時点では簡易的な編集機能で、完全に WEB サービスに移行するには時間がかかりますが、果たしてそれが Office 製品の未来なのかは不明です。つまり、着地する地点が不明です。



ベータ版のダウンロード、製品情報、サポート、テンプレートは右の公式サイトにあります。Office 2010 から 64 ビット版が登場するので、ダウンロードするファイルも 32 ビット版と 64 ビット版が存在します。Windows 7 で 64 ビット版への移行に拍車をかけているのは、Office 2010 の存在もあるでしょう。また、すでに Office 2007 を使用している場合、同じパソコンに Office 2010 ベータ版をインストールするは避けた方が無難です。2007 と置き換わり、使用期限が過ぎれば 2010 をアインストールする事で 2007 に戻す事ができると予想しますが、トラブルを誘発する可能性もあります。

Microsoft Office ベータ版 - Office.com

Microsoft(R)Office 2010の発売日と価格が発表されました



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2019 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人のご挨拶プライバシーポリシー著作権/免責事項