MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

ブラウザで操作可能な Office Web Apps


Web ブラウザで Word 、Excel 、PowerPoint 、および OneNote の表示、編集、保管が可能な新しいサービス Office Web Apps 。ローカルコンピューターにインストールして利用する市販の Microsoft Office よりも機能は劣ると思われますが、これらのデータを外部ストレージに保管して、参照できるだけではなく、新規作成、編集もできるのが優れている所。Microsoft Office を所有していない場合、そのファイルを開くにはビューアをインストールする事で編集はできないものの参照する事はできました。これからは、Windows Live サービスの SkyDrive(スカイドライブ:外部ストレージサービス)に転送すれば、Word 、Excel 、PowerPoint 、OneNote のデータを開く、編集する事ができます(一般的にデータがやり取りされるのは、Word 、Excel 、PowerPoint かと思われます)。



例えば、右は SkyDrive に保管したワードのファイルです。これからは、新規作成を SkyDrive で実行できます。 忘れてしまいましたが、今まではこのファイルを参照するにはローカルにダウンロードして、コンピューターにインストールされた Office Word 、または、ビューアで参照する流れでした。



これから、ダウンロードせずに直接ブラウザで開け、さらに編集する事ができます。ただし、現時点では編集機能は存在しません。Beta が取れるのを待つしか無いでしょう。



EXCEL は編集も可能です。上部にリボンが表示されています。



こちらは、PowerPoint 。参照と編集に対応しています。



個人的に最も注目している OneNote に関しては、残念ながら現時点では開く事も編集する事もできません。正式版になるまで待ちましょう。



SkyDrive ではなく、Office Live Workspace を使えば、これらのファイルを共有したり、共同作業したり、可能性は広がります。 SkyDrive が登場した時は、単純な外部ストレージサービスである事と、写真に関してはアルバム機能と併用する事でブログとの連携も可能でした。 Office Web Apps の登場で、オフィスファイルも外部ストレージで利用する時代へと進みます。 もちろん、今後はローカルにインストールされた Office アプリケーションと連携する事になりますが、Office Web Apps がどこまで機能を持ち、どこまでが無料なのかにより、Office アプリケーションに必要性を感じなかったユーザーも、今後は取り込んでいく事になると思われます。



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項