MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Microsoft Office
リボンを隠す、表示する


動的に変更されるメニュー「リボン」は、便利ではありますが、上部の多くの縦幅を占領します。例えば、Word(ワード)でメモ帳代わりにひたすら文章を打ち込み作業では、リボンは不必要です。このリボンを非表示にするには、「ホーム」タブをダブルクリックします。



これで文章を書くスペースが広くなりました。もし、リボンが必要な場合は、「ホーム」をワンクリックします。



再びリボンが表示され、必要な命令をクリックできます。ワンクリックによるリボンの表示は、固定ではなく一時的な表示です。文章内、または、別のアプリケーションがアクティブになると、リボンは自然に隠れます。



メニューのクリックではなく、ショートカットでリボンを一時的に表示するには、キーボードの「Alt」キーを押し、ショートカットキーを画面に表示させます。「ホーム」には「H」キーが割り当てられているので、「Altキー」+「H」キーを押します。



リボンが表示され、目当ての作業をショートカットキーで操作できます。再び「Alt」キーを押せば、リボンは非表示になります。また、リボンの非表示を無効にして、常にリボンを表示させたい場合(初期状態)は、「ホーム」をダブルクリックします。



Microsoft Office System に限らず、リボンを採用しているアプリケーションでも使えます。画像を利用する作業では、リボンは非常に便利です。しかし、文章の下書きだけで利用するピンポントな使い方は、時としてリボン表示は邪魔になります。



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項