MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

FDISK でパーティションを2つ作る方法 Windows 98 SE / Windows ME

 ハードディスクドライブはパーティション(領域)を作成してフォーマットする事で利用可能になります。 1 つのハードディスクドライブに 2 つのパーティションを作成する場合は、1 つ目のパーティションの容量を指定する事で可能になります。


ハードディスクドライブ は領域(パーティション)を作成して、その領域をフォーマット(まっさらな状態にする作業)する事で、初めて利用する事ができます。つまり、40 GB(ギガバイト)のハードディスクドライブを購入してパソコンに接続しただけでは、パソコンにインストールされた OS は認識してくれません。



パーティション作成の順番

1 つのハードディスクドライブにパーティションを2個作るには、現在利用しているハードディスク領域を全て削除する必要があります。 流れとしては、まず領域が設定されていないハードディスクドライブに基本 MS-DOS 領域 ( パーティション 1 ) を作成します。 この時にハードディスクの全容量を指定せず、自分の好きな容量を指定します( 40 GB のハードディスクドライブなら 20 〜 30 GB の領域を先に作ります)。 次にハードディスクの領域が作成されていない残りの部分を、拡張 MS-DOS 領域 ( パーティション 2 ) に設定します。(画像は左クリックで拡大できます)



1 つのハードディスクドライブという条件が無ければ、新しいハードディスクドライブを購入してパソコンに増設すれば、既存の環境をそのままにしてパーティションを 2 つ作成可能です(この場合は物理的に 2 つのドライブが存在します)。 新規に増設したハードディスクドライブもまた、パーティションを作成する必要はあります。



FDISK(エフディスク)

1.FDISKを起動します。


起動ディスクから起動する

CD-ROMから起動する



2.「大容量ディスクのサポートを使用可能にしますか ( Y / N ) 」の問いに対して [ Y ] を入力して「 enter 」 キーを押します。



3.FDISK メニューが表示されますので、「1.基本MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成」を選択します。 [ 1 ] を入力して「 enter 」キーを押します。( OS がすでにインストールされていて、再インストールする場合は、「3.領域または論理MS-DOS領域の削除」を選択して、ハードディスクの領域を削除します。

領域削除方法


FDISK オプション

現在のハードディスク: 1
次のうちどれかを選んでください:

  1. MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成
  2. アクティブな領域を設定
  3. 領域または論理MS-DOSドライブを削除
  4. 領域情報を表示

どれかを選んでください: [1]

FDISKを終了するにはEscキーを押してください。


4.次に作成する種類を問われますので、「1.基本MS-DOS領域を作成」を選択します。「1」を入力して「enter」キーを押します。( 起動 OS は基本MS-DOS領域にインストールする。)


基本MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成

現在のハードディスク: 1
次のうちどれかを選んでください:

  1. 基本MS-DOS領域を作成
  2. 拡張MS-DOS領域を作成
  3. 拡張MS-DOS領域に論理MS-DOSドライブを作成

どれかを選んでください: [1]

FDISKを終了するにはEscキーを押してください。


5.ドライブチェックが開始され下図の画面になります。全領域を割り当てるか問われます。 ( 例・・・ 40 GB ハードディスクなら、基本 MS-DO S領域に 40 GB 全部を割り当てますか ? ) 今回はパーティションを 2 個作るので、全容量を割り当てません。 [ N ] と入力して 「 enter 」 キーを押して下さい。


基本MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成

現在のハードディスク: 1


基本MS-DOS領域に仕様できる対大サイズを割り当てますか?
同時にその領域をアクティブにしますか (Y/N) ・・・・・?


6.次にパーティション 1 に割り当てる容量を設定します。ディスクの総容量は○○○○とそれぞれのハードディスク容量が表示されます。 領域に割り当て可能な最大領域は現在、ハードディスクの領域は0なはずですので、ディスクの総容量と同じ数字 になっているはずです。 ( 40 GB のハードディスクを接続していても、4000 M バイトとは表示されません。 パソコンは 8 ビットで 1 バイト。1024 バイトで 1 K B。1024 KB で 1 MB。1024 MB で 1 GB と計算するからです。)

単純にハードディスクを 2 個に割る場合は、○○○○に表示されている数字を2で割って、**** に入力して「enter」 キーを押します。または「50%」と入力して「enter」を押しても一緒です。


基本MS-DOS領域を作成

現在のハードディスク: 1

ディスクの総容量は○○○○Mバイトです。
領域に割り当て可能な最大領域は○○○○Mバイト(100%)です。

領域のサイズをMバイトか全体に対する割合で(%)入力して下さい。
基本MS-DOS領域を作ります ・・・・・: [****]


7.処理が終了したら、「Esc」キーを押して FDISK メニュー画面に戻ります。今度はパーティション 2 を作成しますので「2.拡張MS-DOS領域を作成」を選択します。 「2」と入力して「enter」キーを押して下さい。


基本MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成

現在のハードディスク: 1
次のうちどれかを選んでください:

  1. 基本MS-DOS領域を作成
  2. 拡張MS-DOS領域を作成
  3. 拡張MS-DOS領域に論理MS-DOSドライブを作成

どれかを選んでください: [2]

FDISKを終了するにはEscキーを押してください。


8.次にパーティション2の領域サイズを指定します。残りの未使用領域をすべてパーティション2に設定します。 「領域に割り当て可能な最大領域の・・」次に表示されている数字を **** に入力して「enter」キーを押します。 %で指定する場合は、「100%」と入力して「enter」キーを押して下さい。


拡張MS-DOS領域を作成

現在のハードディスク: 1

領域状態種類ボリュームラベルMバイトシステム使用
C:1PRI DOS20480FAT3250%


ディスクの総容量は40960Mバイトです。
領域に割り当て可能な最大領域は20480Mバイト(50%)です。

拡張MS-DOS領域を作ります ・・・・・: [****]


ここで 50 % と指定すれば、パーティションを3個にする事が出来ます。*注:% は全領域に対して指定せず、残り領域に対して指定します。 残り領域が全体の 50 % で、残りすべてをパーティション 2 に設定する場合は 100 % と入力します。



9.設定が完了したら「Esc」キーを押して FDISK メニューに戻ります。 作成したパーティションをアクティブにします。「2.アクティブな領域を設定」を選択します。 「2」を入力して「enter」キーを押して下さい。


FDISK オプション

現在のハードディスク: 1
次のうちどれかを選んでください:

  1. MS-DOS領域または論理MS-DOSドライブを作成
  2. アクティブな領域を設定
  3. 領域または論理MS-DOSドライブを削除
  4. 領域情報を表示

どれかを選んでください: [2]

FDISKを終了するにはEscキーを押してください。


10.領域「C:1」を選択します。「1」と入力して「enter」キーを押して下さい。


拡張MS-DOS領域を作成

現在のハードディスク: 1

領域状態種類ボリュームラベルMバイトシステム使用
C:1PRI DOS20480FAT3250%
   2EXTDOS20480 50%


ディスクの総容量は40960Mバイトです。

アクティブにした領域の番号を入力して下さい。・・・・・: [1]


最後に「Esc」キーを押して FDISK メニューに戻り、さらに「Esc」キーを押して FDISK を終了して下さい。

以上でパーティションを 2 個作成できました。しかし領域を設定しただけなので、今の段階では Windows をインストールする事はできません。使用可能に するには、作成した領域 ( パーティション 1.2 ) をそれぞれフォーマットする必要があります。



追記

Windows Vista から、既存の領域を圧縮する事で再インストールする事なく領域を分割できます。

パーティションの拡張と圧縮 Windows Vista / Windows 7





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項