シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索
ミセスハドソンの日記

ギリシャ語通訳 / ノーウッドの建築師



シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.5

英国グラナダTV製作 テレビシリーズ
第9話 ギリシャ語通訳
洋題:The Greek Interpreter
第10話 ノーウッドの建築師(ノーウッドの建設業者)
洋題:The Norwood Builder



第9話

邦題:ギリシャ語通訳
洋題:The Greek Interpreter

DVD収録邦題:シャーロックホームズの冒険
DVD収録洋題:THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES
テレビシリーズ:2
放送/英国:1985年9月1日
書籍収録邦題:シャーロックホームズの思い出(回想)
書籍収録洋題:THE MEMORIES OF SHERLOCK HOLMES



キャスト
Sherlock Holme:Jeremy Brett
シャーロック・ホームズ(探偵):ジェレミー・ブレット
Doctor Watson:David Burke
ドクター・ワトソン(相棒):デビット・バーク
Mycroft Holmes:Charles Gray
マイクロフト・ホームズ(ホームズの兄):チャールズ・グレイ
Mr Melas:Alkis Kritikos
メラス(ギリシア通訳者):アルキス・クリティコス
Wilson Kemp:George Gostigan
ウィルスン・ケンプ(通訳を依頼する人):ジョージ・コスティンガン
Harold Latimer:Nick Field
ハロルド・ラティマー(ソフィの婚約者):ニック・フィールド
Paul Kratides:Anton Alexander
ポール・クラティディス(ソフィの兄):アントン・アレクサンダー
Sophy Kratides:Victoria Harwood
ソフィ・クラティディス:ビクトリア・ハーウッド
Inspector Gregson:Oliva Maguire
グレグソン警部:オリバー・マガイア



ギリシャ通訳を仕事にするメラスからの不思議な事件の依頼。 シャーロック・ホームズの兄、マイクロフト・ホームズの登場作品で、社交嫌いが集まるディオゲネス・クラブも登場します。 メラスが囚われた外国人から情報を聞きだす行動が見事。法の手続きに足を止められながらも、汽車に乗り込んでから犯人を絞り込むあたりは、ホームズの推理がフルに発揮されるシーンです。



このサイトで管理人が注目すべきて点は、冒頭のワトソンの語りで、2階建て馬車が登場します。これは珍しいシーンです。続いて、221Bであの書類棚から書類を手当たり次第取り出して、散らかすホームズがいます。ホームズが散らかすシーンは結構好きです。そして、ディオゲネス・クラブでマイクロフト・ホームズと会うシーン。革蔵書が山盛りです。

シャーロックホームズに登場しそうなブックケースを購入しました



兄のマイクロフト・ホームズは、シドニー・バジェットで描かれた姿とは異なりますが、身柄を拘束されたソフィの兄のポールは、バジェットが描いたシーンと酷似しています。



DVDのタイトルでは(冒頭シーン)、THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES(シャーロックホームズの冒険)と表示されますが、小説では、モリアーティ教授との決闘 前の「Memories of Sherlock Holmes シャーロックホームズの思い出(回想)」に収録されています。



第10話

邦題:ノーウッドの建築師(ノーウッドの建設業者)
洋題:The Norwood Builder

DVD収録邦題:シャーロックホームズの冒険
DVD収録洋題:THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES
テレビシリーズ:2
放送/英国:1985年9月8日
書籍収録邦題:シャーロックホームズの生還(帰還)
書籍収録洋題:THE RETURN OF SHERLOCK HOLMES



キャスト
Sherlock Holme:Jeremy Brett
シャーロック・ホームズ(探偵):ジェレミー・ブレット
Doctor Watson:David Burke
ドクター・ワトソン(相棒):デビット・バーク
Jonans Oldacre:Jonathan Adams
ジョナス・オールデーカー(元ノーウッドの建築技師):ジョナサン・アダムズ
Mrs Lexington:Rosalie Crutchley
レキシントン夫人(ジョナスの使用人):ロザリー・クラッチリー
John Hecter McFarlane:Matthew Solon
ジョン・ヘクター・マクファーレン(弁護士):マシュー・ソロン
Mrs McFarlane:Helen Ryan
マクファーレン夫人(ジョンの母):ヘレン・ライアン
Inspector Lestrade:Colin Jeavons
レストレード警部:コリン・ジェボンズ
Mrs Hudson:Rosalie Willians
ミセスハドソン(221Bの管理人):ロザリー・ウイリアムズ



弁護士ジョン・へクター・マクファースン(Matthew Solon)がジョウナス・オルデイカー殺人の容疑にかけられている中、ホームズに依頼に来る。 今回はレストレイド警部の勝利の様に展開するが、最後の最後にホームズの大逆転。建築士ならではの、巧みなトリックが面白いです。この事件ではワトソン、ホームズ共に行動力を発揮します。軽く流されてしまいますが、ワトソンの取った行動が事件の裏を解明します。 藁を燃やして「火事だ! (ファイヤー)」と叫ぶシーンが印象的。「なさけない声だな、もっと大きな声で叫べ」とホームズが警官に指示します。ホームズの行動に疑問を浮かべるレストレイド警部の姿も面白いです。



この事件は巧妙で犯行動機を見破るのが難しいものの、財産の関係からワトソンでも調べられる明快な部分もあります。ホームズの推理が頼りとなりますが、それを立証するのはワトソンが調べた事につながり、本当の意味で二人三脚による事件解決は珍しく、この物語が印象に残るところです。



そして、存在感があるのはインスペクターレストレード、つまり、レストレード警部の登場です。テレビ版ホームズの冒険で何度も登場する事になりますが、レストレード役のコリン・ジェボンズはホームズと同じく適役です。憎たらしいのですが、頼りになるところもあり、時にはホームズに最高の賛辞を述べ感動するシーンもあります(六つのナポレオン)。



事件のヒントは、ジョナス・オールデーカーが元ノーウッドの建築技師であること。ホームズに決定的なヒントを与えてしまう流れは、犯人が偽装した証拠を追加してしまうところ。ホームズのトレードマークでもあるルーペが役に立ちますこの物語でホームズの変装も見られますが、その時点ですでに解決していると思われます。しかし、ホームズの落胆した姿をワトソンが朝食で見るところから、矛盾が生じてしまう。落胆しているのではなく、事件を推理を整理しているのかも知れません。例え、偽装された証拠が発見されなくても、変装した捜査の成果を元に、家を捜索する事は間違いなし。



奇想天外な物語の結末も、「もうひとつの顔(唇のねじれた男)」の様にハッピーエンドにできません。この事件では確実に命を落とした人物がいるからです。



DVDのタイトルでは(冒頭シーン)、THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES(シャーロックホームズの冒険)と表示されますが、小説では、モリアーティ教授と決闘後の「Return of Sherlock Holmes シャーロックホームズの生還(帰還)」に収録されています。 ただし、古い書籍ではページの都合で「シャーロック・ホームズの叡智」と呼ばれる、コナン・ドイル版では存在しない独立した単行本に移動されていました。



戻る 一覧表示 次へ