シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索

ベイカー街 221B の間取り
グラナダ・テレビ制作『シャーロック・ホームズの冒険』

Granada Television Sherlock Holmes 1984 TV series
Baker Street 221B Setting of a movie

マンチェスターのグラナダスタジオの倉庫に造られた、『221B』の室内セットの間取り、建具、家具、小物などを、Blu-Ray を参考に管理人が調べた名称や用途を列挙します。

[ページ数: 5 / 10] 戻る TOP 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ


Chapter 5:暖炉側

グラナダTV制作の『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズで、顧問探偵のシャーロック・ホームズと相棒のジョン・H・ワトスン医師が共同生活をする場所が、ハドスン夫人から間借りするベイカーストリートの『221B』です。

Granada Television Sherlock Holmes 221B SET 暖炉側

図 10
暖炉周りの小道具は次のページで取り上げます。

『40』:Writing Desk B(ライティング デスク B)

引き出しが 2 つあるライティング デスク。反対側の壁『C』にある Writing Desk A(Chapter 3:VR の弾痕側と窓際 -『21』ライティング デスク)との違いは分りません。『犯人は二人』では、 Microscope Slide Cabinet(『43』:顕微鏡 スライドガラス・キャビネット)が Writing Desk A の上の Collectors Chest(Chapter 3:VR の弾痕側と窓際 -『23』:コレクション チェスト)に変更されていると思われます。上に置かれる物の大きさから推定したサイズ:横幅 90cm、奥行き 60cm、高さ 70cm。


『41』:Laboratory Scale(実験用の天秤)

Flickr の『1987 - Granada Studios』で、Writing Desk B(『40』:ライティング デスク)の机の上が撮影された写真(*46)を見つけました。その写真によると、ガラスが填め込まれた木枠で構成されている物だと分かりました。『犯人は二人』で寝室に行きかけたホームズが振り返り「舞踏会の晩 ミルヴァートン邸に押し入る」と発言する場面で、天秤が入っているケースを確認できました(顕微鏡ケースが消えている)。画像検索で類似品を探すには、『Antique』『Laboratory』『Scale』で検索すれば良いでしょう。類似品のサイズ:幅41cm × 奥行 21cm × 高さ 41cm。


2015 年 4 月 12 日 - 追記:左の皿に測りたい物質、右の皿に分銅を載せて質量を測定する天秤が、ガラスケースの中に収納されているだけだと思っていました。アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『ファミリー・プロット(Family Plot)』で、これを使ってダイヤモンドの質量を計測するシーンがあり、下部のつまみを回して天秤を浮かせる事が分りました(*65)。


『42』:Microscope & Case(顕微鏡とケース)

シャーロック・ホームズが使っていた顕微鏡を確認するには、ホームズが葉巻の吸い殻を研究をする『踊る人形』が良いでしょう。ホームズがワトスンの方へ振り向くまでの 30 秒ほどの場面ですが、真鍮の美しいアンティーク顕微鏡の全体を確認できます。この顕微鏡は、London Film Museum に展示されていた物のとデザインが異なります(その理由は不明)。『ショスコム荘』の骨を洗う場面で顕微鏡を確認できますが、『踊る人形』から変更されていないと思われます。『サセックスの吸血鬼』で変更されるものの、やはり展示物とは異なります。

また、Flickr に投稿された Writing Desk B(『40』:ライティング デスク)の机の上が撮影された写真『1987 - Granada Studios』でも確認できます(*46)。ケースの方は、劇中ではっきりとは確認できませんが、置いてある場所と大きさから、顕微鏡ケースで間違い無いでしょう。『Antique Microscope & Case』でGoogle 画像検索すると、顕微鏡が収納されたケースや、ケースの中を確認できる画像が沢山見つかります。Laboratory Scale(『41』:実験用の天秤)よりも 5cm ほど高く、幅、奥行きは同じで、推定サイズは幅41cm × 奥行 21cm × 高さ 46cm。

追記(2017年7月1日):ホームズが使っていた顕微鏡は「Powell&Lealand No.1」(*79)。このワードで画像検索すると、グラナダTV版ホームズの221Bで見掛けた顕微鏡に近い物が沢山検索されます。


『43』:Microscope Slide Cabinet(顕微鏡 スライドガラス・キャビネット)

顕微鏡ケースの隣りにあることから、Microscope Slide(顕微鏡で使うスライドガラス)を保管するキャビネットだと分ります。ガラス扉が開いているのを確認できるのは『四人の署名』で、薄い引き出しの一つが引き抜かれているのも確認できます(巻き尺を取りに寝室へ行くとき)。また、Laboratory Scales(『41』:実験用の天秤)と同じく、Flickrに投稿された『1987 - Granada Studios』の写真で、その詳細を確認できます(*47)。画像検索する場合は、『Slide』『Cabinet』『Antique』などの単語を組み合わせれば、類似品が見つかります。類似品(*48)のサイズ:横幅 49cm × 奥行き 34cm × 高さ38 cm。

余談になりますが、ガイ・リッチー監督の映画『シャーロック・ホームズ(*38)』では、クラーキーに「レストレイド警部が大至急来て欲しいと」と言われ、ホームズが「ロンドンで迷子にでもなったのか?」と言った後ろに、この Microscope Slide Cabinet が映ります(メトロノームの下)。


『44』:Victoria standing oil lamp(ヴィクトリア朝 オイル ランプ スタンド)

居間の柱『え』の前にあり、『ボヘミアの醜聞』から劇中で使用されているオイル ランプ スタンド(ホームズ「客が来る」)です。『ボヘミアの醜聞』から『六つのナポレオン』まで『A』が使われ、第 4 シーズンの『銀星号事件(「医者なら象形文字は得意だろう」)』から『B』に切り替わっています(スタンドの下部で判断)。類似品のサイズ:幅 55cm × 奥行き 46cm × 高さ 140cm。このシェードに似たオイルランプは、ホームズの寝室の Victorian Oil lamp C(Chapter 7:シャーロック・ホームズの寝室 -『79』:ヴィクトリア朝 オイルランプC)です。


『45』:Mahogany Book Case C(マホガニー ブックケース:本棚)

『四人の署名』でメアリー・モースタンが訪ねてくる前に、Mahogany Book Case C のガラス扉が開いています。劇中では、この本棚から本を取り出すシーンはありません。奥行きは狭いものの中段に天板があり、『四人の署名』では取っ手付きの Tantalus(Chapter 3:VR の弾痕側と窓際 -『15』:タンタラス、タンタロス)とロックグラスが置かれています。


『ウィステリア荘』でスコット・エクルズが籐の三人掛けソファに腰を下ろす瞬間、ワトスンが大型サイズの本を取り上げます(”多摩じい”様のご指摘 投稿NO:[6170])。大型サイズの本を収納できる本棚が無いため、通常サイズの本を収納した上の空きスペースに、寝かせた状態で収納されていると思われます。画像検索で類似品を見つけるには、『Bookcase』『Victoria』で検索すれば良いでしょう。類似品(*49)のサイズ:幅 128cm × 奥行き 46cm × 高さ 207cm。


『46』:Graphoscope(グラフォスコープ)

Charles John Rowsell(チャールズ・ジョン・ロズウェル)タイプの折りたたみ式ステレオグラフォスコープ。既にWriting Desk A(Chapter 3:VR の弾痕側と窓際 -『21』:ライティング デスク)に置いてある Zograscope(Chapter 3:VR の弾痕側と窓際 -『22』:ゾグラスコープ:覗き眼鏡)を紹介しましたが、こちらも 19世紀後半に流行した視覚的装置です。

2 種類の使い方があり、丸い凸レンズから写真を覗く(その効果は不明)のと、丸い凸レンズを箱の中に収納して、寝かせてあった 2 つのレンズが付いたステレオスコープを立て、視点をずらして撮影された 2 枚の写真(*50)を覗き、立体的な視覚効果を楽しみます(*51)。ホームズはどんな 3D 写真を見て楽しんでいたのでしょうか?


第 1 シーズンと第 2シーズンは、蓋を開けて凸レンズを覗く状態で置かれていますが、第 3 シーズンの『空き家の怪事件』からは、凸レンズを仕舞った状態になっています。劇中で触れられる事はありませんが、空白の 3 年間の後、テレスコープだけ使っていたのかも知れません。類似品(*52)のサイズ:横幅 24cm × 奥行き 12cm × 高さ 40cm。


『47』:Nest of Tables B(ネスト テーブル)

居間には 4 つの同じようなサイドテーブルがあり、形状が似ていることから Nest of Tables(ネストテーブル)だと思われます。ただし、高さの違いを確認できないため、Occasional tables(オケージョナルテーブル)と呼ぶのが適切かも知れません。『青い紅玉』では、シェリーが入ったデカンタとシェリーグラスが置いてあります。多くの物語で、ワトスンが灰皿や飲み物置き場として使っています。『Nest Table Antique』あるいは『Occasional table Antique』で Google 画像検索すれば、類似品を確認できます。類似品(*44)のサイズ:幅 51cm × 奥行き 29cm × 高さ 74cm。

追記:2015 年 4 月 23 日、第 5 シーズンの『レディー・フランシスの失踪』『ソア橋のなぞ』『ショスコム荘』『高名の依頼人』『這う人』では、Gramophone(Chapter 9:その他 -『91』:蓄音機)が置いてあります。


『48』:Victorian Mantelpiece & Fireplace(暖炉)

白いマントルピースにタイル付きの鋳物暖炉(Victorian cast iron tiled fireplace)。マントルピースは上部中央に突起があり、左右に 12 本、支柱に 6 本の溝があります。上部中央の突起は、第 3 シーズンの『空き家の怪事件』から徐々に汚れていき、『ブルース・パンティントン設計書』『四人の署名』で汚れが頂点に達し、第 5 シーズンの『レディー・フランシスの失踪』から綺麗になっています。鋳物部分のタイルは片側 3 枚 × 2 で、デザインは最終話の『ボール箱』まで変わりません。画像検索で類似品を探すには、『Victorian』『Fireplace』で検索すると良いでしょう。ヴィクトリアン アンティーク マントルピースのサイズは、幅 149cm × 高さ 113cm(約)。鋳物の暖炉部分のサイズは、幅 79.6cm × 高さ 91.5cm(約)。

私は、暖炉のある生活をしたことが無かったので、居間とホームズの寝室のドアが、ほとんどのシーンで開けられている理由が分かりませんでした。1週間ほど、軽井沢で暖炉のある生活をした結果、221Bの居間はそうとう暖かかったと想像できます(薪を1時間に1本くべる必要あり)。あののドアを開けておけば、ホームズの寝室に居間の暖気が流れ込み、就寝する際も快適だったはずです(ワトスンの寝室は3階なので寒そうです)。


『49』:Wall Sconce(壁面照明)

マントルピースの上、額縁の両脇にある壁面照明。1890 年代の照明事情を鑑みると、ガス式の照明だと思われます。劇中では、光量を調節するつまみを確認できませんが、『瀕死の探偵』でスミスが操作する場面があります。もちろん、室内セットにガス式照明を再現したかは不明です。

『第二の血痕』でルーカス殺人事件の容疑者が釈放された新聞を読み、情報が乏しく苛つくホームズの場面があります。このとき、白いシェードの上に燃え盛る炎が見え、壁に燃え移りそうで怖いです。『青い紅玉』で宝石の隠し場所として使っているようですが(多分に左手に持っている)、そこまで近づいても詳細が分りません。画像検索する場合は、『Wall Sconce』『Victorian』を組み合わせれば良いでしょう。類似品のサイズ:幅 20.32cm × 奥行き 28cm × 高さ 25.4cm。


『50』:THE REICHENBACH (CANTON BERN) by WILLIAM BARTLETT, 1836

ライヘンバッハ(スイス ベルン)、作:ウィリアム バートレット、年代 1836 年(*53)。本来は暖炉の上に鏡を掛けるのが風習でしたが、役者にとっては気が散る、スタッフは映り込みを気に掛けるなど、撮影に支障を来たすことから、『最後の事件』で死闘を予感させる、スイスにあるThe Reichenbach Falls(ライヘンバッハの滝)の絵を掛けることになりました(*54)。ホームズが帰還する物語『空き家の怪事件』では、黒いカーテンが掛けられ、故人を悼しんでいました。なお、同物語でセバスチャン・モラン大佐を逮捕した後は、このカーテンが取られています。


『51』:Bureau Bookcase(ビューロー ブックケース)

ワトスンがホームズ物語を執筆する Writing Desk(ライティング デスク:書き物をする机)です。Bookcase(ブックケース:本棚)が付いた BUREAU(ビューロー:引き出し付きの机)でもあります。『最後の事件』では天板が閉じられているため、引き出しの数と段数が分りました(5 杯、3 段)。手紙などを立て掛ける LETTER HOLE(レターホール)や引き出し部分(PIGEON HOLE:ピジョンホール)は、Flickrに投稿された『1987 - Granada Studios』の写真を参考にしました(*55)。アンティークショップで今でも類似品を通販で購入できます。


『高名の依頼人』では、本棚部分の 1 段目に『WHO'S WHO(紳士録)』の1897〜1902が収納されています(ワトスンは『1902年版の紳士録』を取る)。この家具は最後まで変更されていないと思われ、ガラス扉にある桟(さん:GLAZING BAR:グレイジングバー)のデザインで判断できます。この桟のデザインは画像検索で見つからず、ロンドン・フィルム・ミュージアムに展示されていた物とも違います。類似品のサイズ:幅 97cm × 奥行き 52cm × 221cm。


『52』:William and Mary Armchair(ウイリアム & マリー 肘掛け椅子)

ワトスンが執筆時に使用する肘掛け椅子で、Bureau Bookcase(『51』:ビューロー ブックケース)の前にあります(窓際)。ホームズが座る暖炉脇の一人掛け籐ソファの後ろに見えますが、全体を把握するのは難しいです。『四人の署名』の俯瞰映像で、座面にクッションが敷かれているのが分ります。背もたれは籐製で、椅子の材質は Walnut(ウォルナット)か walnut(クルミ)と思われます。随所に BARLEY SUGAR TWIST(バーリーシュガーツイスト)のデザインが見られ、イギリス家具だと思われます。

この椅子の正式名称が分りませんが、王政復古&クイーンアン様式(1660 〜 1720年頃)の資料に、一般的だったと思われるライティング・ディスクと Cane Armchair の組み合わせを見つけました(*56)。第 6 シーズンでデザインが変更され、『赤い輪』ではホームズが腰掛けて、クライアントから話を聞きます。類似品のサイズ:幅 56cm × 奥行き 50cm × 高さ 123cm。


『53』〜『55』:Cane sofa & Cane Chairs(籐ソファと籐椅子)

暖炉を囲む籐ソファ。主にホームズとワトスンが腰掛ける 1 人掛けが 2 脚(『53』『54』)、クライアントが腰かける 3 人掛けが一脚あります(『55』)。例外は、『まだらの紐』でヘレン・ストーナーが、『金縁の鼻眼鏡』でマイクロフトが、『高名の依頼人』ではワトスンが、ホームズの一人掛けソファ(『53』)に腰掛け、『入院患者』のトレヴェリアン医師、『サセックスの吸血鬼』のメリデュー牧師がワトスンの一人掛けソファ(『54』)に腰掛けます。

『55』三人掛けソファは、『高名の依頼人』でワトスンが寝そべって本を読む場面があり、全体のデザインを確認できます。『赤毛連盟』では、ホームズが 1 人掛け椅子(『54』)に膝を折り曲げ体躯座りの姿勢で、Three-Pipe Problem(パイプ三服分の問題)に挑みます。類似品のサイズ:三人掛け 幅 193cm × 奥行 71cm × 高さ 89cm。一人掛け:幅 62cm × 奥行き 71cm × 高さ 89cm。


『56』:Nest of Tables C(ネスト テーブル)

居間には 4 つの同じようなサイドテーブルがあり、形状が似ていることから Nest of Tables(ネストテーブル)だと思われます。ただし、高さの違いを確認できないため、Occasional tables(オケージョナルテーブル)と呼ぶのが適切かも知れません。主にホームズが使用する Cane sofa(『53』:籐ソファ)の隣りにあり、サイドテーブルとして使われています。『六つのナポレオン』では、ホームズとワトスンが外出中、レストレイド警部がサイトテーブルにあるノートを覗こうとします。類似品(*44)のサイズ:幅 51cm × 奥行き 29cm × 高さ 74cm。


『57』:Nest of Tables D(ネスト テーブル)

居間には 4 つの同じようなサイドテーブルがあり、形状が似ていることから Nest of Tables(ネストテーブル)だと思われます。ただし、高さの違いを確認できないため、Occasional tables(オケージョナルテーブル)と呼ぶのが適切かも知れません。主にクライアントが座る三人掛け Cane sofa(『55』:籐ソファ)の後ろにあるテーブルです。『空き家の怪事件』で伝記要覧を見たあと、『第二の血痕』でクライアントが入室したときに確認できます。類似品(*44)のサイズ:幅 51cm × 奥行き 29cm × 高さ 74cm。


『58』:Director Office Chair(ディレクター オフィス チェア)

シャーロック・ホームズが鍵を掛けて管理する Sherlock's Writing Desk(Chapter 3:VR の弾痕側と窓際 -『28』:ライティングディスク)の前にある椅子です。主にホームズが利用する椅子で、ボタン留めされた革が特長の Chesterfield(チェスターフィールド)スタイルです。『ショスコム荘』では、ワトスンが腰掛けていました。この椅子を最後に確認できるのは『未婚の貴族』で、『マザリンの宝石』では変更されています。類似品のサイズ:幅 73cm × 奥行き 79cm × 高さ 115cm。


Granada Television Sherlock Holmes 221B SET

図 6

Chapter お探しの物がある場所をクリックして下さい。

ベイカー街 221B の間取り

ベイカー街 221B の間取り TOP

グラナダTV制作の『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズ。マンチェスターのグラナダスタジオの倉庫に造られた、『221B』の室内セットの間取り、建具、家具、小物などを、Blu-Ray を参考に管理人が調べた名称や用途を列挙します。

221Bの間取り

1.221B 間取り

真上から見た221B の 2 階 と 1 階の図です。2 階には 3 つの空間があり、『廊下と階段』と『ホームズの寝室』、ワトスンとホームズが同居する『居間』に分けられます。今後、建具や家具の説明をするときに、方向が重要になるため、それぞれの壁にアルファベットを、柱と凹凸に平仮名を指定しました。

221B:窓とドアとシャンデリア

2.窓とドアとシャンデリア

シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトスンの共有スペースの居間、ホームズの寝室、廊下にある『1』『2』『3』『4』『5』:シングルハングの上げ下げ窓、『6』『7』『8』『9』:ドア、『10』シャンデリア(三灯)。

221B:VR の弾痕側と窓際

3.VR の弾痕側と窓際

『11』:Cartonnier(カルトニエ)、『12』:Book Slide(スライド式ブックスタンド)、『13』:VACUUM PUMP(真空ポンプ)、『14』:Sideboard(サイドボード)、15』:Tantalus(タンタラス、タンタロス)、『16』:Gasogene(ガソジーン、ガザジーン)、『17』:William IV PORTABLE BOOK STAND & William Shakespeare's works(ウィリアム 4世 ポータブル ブック スタンドとシェイクスピア作品集)、『18』:Cruet(薬味瓶)、『19』:V:R(弾痕)、『20』:Blackboard & Easel(黒板とイーゼル)、『21』:Writing Desk A(ライティングデスク)、『22』:Zograscope(ゾグラスコープ:覗き眼鏡)、『23』:Collectors Chest(コレクション チェスト)、『24』:Stradivarius(ストラディバリウス)、『25』:Dining Table(ダイニング テーブル)、『26』:balloon chair(バルーン チェア)、『27』:MASON'S BLUE MANDALAY(メイソンズ ブルー マンダレイ)、『28』:Sherlock's Writing Desk(シャーロックのライティングデスク)、『29』:Victorian Oil lamp A(ヴィクトリア朝 オイルランプA)、『94』:Picture of Charles George Gordon(チャールズ・ゴードン将軍の絵)、『96』:Perpetual Desk Calendar(万年デスクカレンダー)。

221B:化学実験テーブル側

4.化学実験テーブル側

『30』:Tortoise Bamboo Side Table(亀甲竹サイドテーブル)、『31』:Desk Bell Silver(卓上ベル 銀)、『33』:Victorian Oil lamp B(ヴィクトリア朝 オイルランプB)、『33』:Wall Barometer(A:壁掛け気圧計)とWall Clock(B:壁掛け振り子時計)、『34』:Dining Table(ダイニングテーブル:実験用テーブル)、『35』:William IV dining chairs(ウィリアム4世 ダイニング チェア)、『36』:Book Case A(ブックケース:本棚)、『37』:Nest of Tables A(ネスト テーブル)、『38』:Antique laboratory Portable(持ち運び実験室)、『39』:Book Case B(ブックケース:本棚)。

221B:マントルピース周り

6.マントルピース周り

『59』:Victorian Canterbury(ヴィクトリアン カンタベリー)、『60』:Bell-Pull(呼び鈴)、『61』:Persian Slipper(ペルシャ スリッパ)、『62』:Calabash Pipe(キャラバシュ・パイプ)、『63』:Pipe Stand(パイプ スタンド) ホームズ用、『64』:Tripod Censer(三脚香炉)、『65』:Bills & Jack-knife(請求書とジャックナイフ)、『66』:LETTER STAND(レタースタンド)、『67』:Cast Iron Vanity Table Mirror(鋳鉄 卓上化粧鏡)、『68』:Pipe Stand(パイプ スタンド) ワトスン用、『69』:Fireplace Tool Set(ファイヤーツール セット)、『70』:Brass Fireplace Screen(真鍮製 ファイヤースクリーン)、『93』:Jamadhar(ジャマダハル)。

221B:シャーロック・ホームズの寝室

7.シャーロック・ホームズの寝室

『71』:Sherlock's Bed(シャーロックのベッド)、『72』:Duchess Dressing Table(ダッチェス ドレッシング テーブル)、『73』:Wig Stand(ウィッグ スタンド)、『74』:Candlestick(燭台)、『75』:Wardrobe(ワードローブ:洋服ダンス)、『76』:Brass Shaving Stand(真鍮製 髭剃りスタンド)、『77』:Wash Stand(洗面台)、『78』:Jug and Bowl(水入れと器)、『78』:Jug and Bowl(水入れと器)、『80』:不明、『81』:Scottish Chest(スコテッシュ チェスト)、『82』:Yacht Model:(帆船模型)。

221B:廊下と階段

8.廊下と階段

『83』:Stair(階段)、『84』:Bent Wood Coat Hanger(ベント ウッド コート ハンガー)、『85』:不明、『86』:Mahogany Torchere(マホガニー トルシェール)、『87』:Sherlock’s Aspidistra(シャーロック・ホームズの鉢植え:ハラン)。

221B:その他

9.その他

特定の物語にしか登場しない物、現時点では不明な物を掲載します。『88』:フォン・ヘルデル(ヘルダー)作の空気銃 - 空き家の怪事件、『89』:卓上鏡 - 四人の署名、『90』:самовар(サモワール)- 犯人は二人、『91』:Gramophone(蓄音機)- 第 5 シーズン)、『92』:Smoking Monkey Automaton Music Box(猿のからくり人形) - 這う人、『95』:Fez(フェズ:トルコ帽)- 空き家の怪事件、『97』:Vampire fangs(吸血鬼の牙)- サセックスの吸血鬼。

3階 ワトスンの寝室とバスルーム

10:3階 ワトスンの寝室とバスルーム

ワトスンの寝室、バスルーム、ドレッサーの情報を元に、3階の間取りを調べました。劇中でホームズが使用したCanopy Shower Bath(キャノピー シャワー バス)、ワトスンが使っていたドレッサーは、『犯人は二人』だけに登場します。一方、ワトスンの寝室は、『まだらの紐』『入院患者』『修道院屋敷』の3話に登場します。


戻る 一覧表示 次へ

註釈

*38:2009 年公開の『シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)』。ガイ・リッチー監督、ホームズ役はロバート・ダウニー・Jr さん、ワトスン役はジュード・ロウさん(少年時代に『ショスコム荘』でジェレミー・ブレットと共演しています)。

ガイ・リッチー監督 シャーロック・ホームズ

映画 シャーロック・ホームズ - 公式サイト


*44:Nest of Tables A(ネスト テーブル)の類似品を販売する海外のアンティークショップ。19TH CENTURY MAHOGANY NEST OF TABLES. - Anthony Short Antiques Ltd


*46:参考写真:1987 - Granada Studios:ライティング ディスクの上


*47:参考写真:1987 - Granada Studios:実験用テーブルの上


*48:Microscope & Case(顕微鏡とケース)の類似品。Antique Mahogany Microscope Slide Cabinet - Sellingantiques.co.uk Ltd


*49:Mahogany Book Case C(マホガニー ブックケース:本棚)の類似品。Antique Victorian Period Mahogany Library Bookcase, Circa 1870 - Sellingantiques.co.uk Ltd


*50:テレスコープ用の写真を販売するお店『London Stereoscope Company』。London Stereoscopic Company - Official Web Site


*51:参考資料、河出書房新社 『図説 ヴィクトリア朝百科事典 谷田博幸』69ページ『ステレオスコープ』。

図説 ヴィクトリア朝百科事典

*52:Stereo Graphoscope - Antique and Vintage Cameras


*53:UPPER CASCADE OF THE REICHENBACH,CANTON BERN IN SWITZERLAND,1835 Swiss View


*54:求龍堂から発売された『NHKテレビ版 シャーロック・ホームズの冒険』の「カッスルフィールドの勝利の冒険 グラナダ・シリーズのできるまで」。


*55:参考写真:1987 - Bureau Bookcase:ビューロー ブックケースの天板の上


*56:河出書房新社『図説 英国インテリアの歴史』第二章 英国インテリアの変遷 - 王政復古&クイーンアン様式を参考。

図説 英国インテリアの歴史: 魅惑のヴィクトリアン・ハウス (ふくろうの本)


*65:天秤のビデオ:
How to use a physical balance - YouTube
Using physical balance by equal oscillation method - YouTube


*79:ホームズが使っていた顕微鏡は「Powell&Lealand No.1」:
Sherlock Holmes and the Tools of Deduction - Arts & Culture - Smithsonian


[ページ数: 5 / 10] 戻る TOP 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ



ホームズの冒険 Bly-Ray

“シャーロック・ホームズ”が活躍する、アーサー・コナン・ドイル原作による名作探偵TVドラマの BOX。腕利きの名探偵、シャーロック・ホームズとその相棒、ジョン・H・ワトスン博士の華麗な推理劇を描く。全 41 話を収録。12 枚組。特製ブックレット封入。


ベイカー街の地図

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズに登場する『BAKER STREET』のセットは、1890 年代を想定してマンチェスターのキャッスルフィールドに建設されました。郵便局、家具店、果物屋、ワイン店、仕立屋、本屋、宝石店、床屋、不動産屋、葬儀屋などが作られ、突き当たりのリージェント・パークは、立地的に高い建物が映り込むのを防ぐ苦肉の策です。最初のラフスケッチからセット完成まで、1982 年の 1 月から 5 月とあります。いくつかのセットは屋内も作られており、221B、床屋、本屋、家具屋、煙草屋は、室内での撮影もあります。

ベイカーストリートの地図:グラナダTV『シャーロック・ホームズの冒険

書類棚 Cartonnier

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズで、221Bの窓際に置かれた書類棚 Cartonnier(カルトニエ)。劇中では地図や新聞の切り抜きなどの書類、ジェームズ・モリアーティ、セバスチャン・モラン、アイリーン・アドラーなどの重要人物を記した目録、伝記要覧を保管しています。なお、リチャード・ロクスバーグ主演の『シャーロック・ホームズ バスカヴィルの獣犬』にも、この書類棚に似た家具を確認できます。

グラナダTV版『シャーロック・ホームズの冒険』221B のセットにあった書類棚

ブルーレイBOX

グラナダ版シャーロック・ホームズの冒険 ブルーレイBOX。定評のある日本語吹き替えを得るには、ハピネット社が販売する DVD(非デジタルリマスター)を、映像の品質を追究するならキープ社の DVD(デジタルリマスター)を購入するしか無かった歯痒い状態を、ブルーレイ版が解決してくれます。管理人も購入したので、中身が見たい場合はここをクリックして下さい。

シャーロック・ホームズの冒険 ブルーレイBOX

呼び鈴(Bell-Pull)

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズで、221Bの暖炉側の壁にあるハンドル式の呼び鈴(Bell-Pull)。『高名の依頼人』でホームズがハンドルを操作して、ハドスン夫人を 2 階に呼ぶシーンがあります。41 話も製作されたグラナダTVシリーズで、221B の呼び鈴を使うのは『高名の依頼人』だけなのか?

グラナダTV版『シャーロック・ホームズの冒険』221B のセットにあった221B の呼び鈴(Bell-Pull)

シャーロック・クロニクル

BBC ドラマ『SHERLOCK / シャーロック』公式ガイドブックです。シーズン 1 ~ 3、そして 4 の最新情報まで、キャスト・スタッフたちの 初出し制作秘話をオフショット満載のフルカラーでお届けします!


Minecraftでベイカー街

Minecraft(マインクラフト)はスウェーデンのストックホルムで誕生した、決まった目的が存在せずプレイヤーが自由に行動できるゲームです。このゲーム内で、グラナダ・テレビのシャーロック・ホームズの冒険に登場するベイカーストリートのセットを再現してみました。プレイヤーのサイズで作ったので、ベイカー街を自由に歩け、建物に入ることも可能です。

グラナダTV版『シャーロック・ホームズの冒険』221B のセットにあった221B の呼び鈴(Bell-Pull)

ホームズの冒険 DVD

グラナダTV制作 シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] DVDセット。NHK で放送された日本語吹替に、カット部分を再録音(声優は異なる)して追加した完全版です。6 セットに分割されており、購入しやすいお値段ですが、画質を重視するなら Blu-Ray 版をお薦めします。


シャーロック・ホームズ

著書:小林 司、東山 あかね。出版社: 河出書房新社。143 ページ。1997 年初版、2005 年増補改訂版を経て、改訂新版。日本を代表するシャーロッキアンが丹精込めて執筆編集したホームズ入門書の決定版。秘蔵コレクションをはじめ貴重なデータや情報が満載の究極の名著。


シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝 英国の食卓と生活

著書:関矢 悦子。『第 37 回日本シャーロック・ホームズ大賞』受賞。目玉焼きじゃないハムエッグから「いのちの水」ブランデー、そして面倒な結婚手続きや教育、遺産相続まで。ヴィクトリア時代の市民生活をシャーロック・ホームズとともにとことん調べてみたら、予想以上におもしろかった! 221B のサイドテーブルにある『Tantalus(タンタラス、タンタロス)』や炭酸水製造器『Gasogene(ガソジーン、ガザジーン)』などの情報も掲載。


シャーロック・ホームズ プレミアムDVD-BOX

世界で大ヒットした日本未公開のベイジル・ラズボーン版シャーロック・ホームズシリーズ。彼のホームズ物語は全14話あり、その中の9作品をデジタルリマスター版で発売するシャーロック・ホームズファン待望のDVD-BOX!「バスカヴィル家の犬」「シャーロック・ホームズの冒険」「シャーロック・ホームズと恐怖の声」「ワシントンのシャーロック・ホームズ」「シャーロック・ホームズ危機一髪」「蜘蛛女」「緋色の爪」「恐怖の館」「アルジェへの追跡」を収録。


シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち1

ホームズ・パスティーシュの新しい冒険! 『千夜一夜物語』の翻訳でおなじみのリチャード・バートン卿、ゴシック小説の有名な怪物…さまざまな実在の人物、架空のキャラクターとの遭遇が描かれるホームズ物語の最新コレクション。


シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち2

ホームズ・パスティーシュの新しい冒険! パスティーシュの新機軸、その後編。


シャーロックホームズベア 2010

2010年のゴールデン テディ アワード受賞した名作。グリーンハーマン社 名探偵シャーロック・ホームズの限定テディベアです。


ブックビューロー

ストレッチャーや後足にも使われたツイストが素敵!ブックビューローは、グラナダ版ホームズ、221Bの窓際に置かれ、主にワトスンが執筆に使っていました。国:イギリス、年代:1920年頃、材質:オーク。


シャワー水栓付き
猫足バスタブ

高級ホテル、旅館等でも使用しておりますバスタブをご提供致します。バリエーションも豊富で、お客様理想のバス空間を演出致します。


シャーロック・ホームズ
原作 60篇を読もう!

アーサー・コナン ドイル(著)の原作、シャーロック・ホームズシリーズ。オックスフォード大学版の注・解説にくわえ、初版本イラスト全点を復刻掲載した決定版。


緋色の習作

四つのサイン

シャーロック・ホームズ
の冒険

シャーロック・ホームズ
の思い出

バスカヴィル家の犬

シャーロック・ホームズ
の帰還

恐怖の谷

最後の挨拶

シャーロック・ホームズ
の事件簿


シャーロック・ホームズ
ガス燈に浮かぶその生涯

この世に実在しなかった、小説の主人公『シャーロック・ホームズ』の伝記が読めるのは不思議です。シドニー・パジェット(Sidney Edward Paget:シドニー・エドワード・パジェット)の挿絵と共に、約 410 ページの膨大な資料をお楽しみ下さい。Sherlock Holmes of Baker Street, A Life of the World's First Consulting Detective.


シャーロック・ホームズ
絹の家

ホームズが捜査を手伝わせたベイカー街別働隊の少年が惨殺された。手がかりは、手首に巻き付けられた絹のリボンと「絹の家」という言葉。ワトソンが残した新たなホームズの活躍と、戦慄の事件の真相とは?


モリアーティ

アンソニー・ホロヴィッツ (著)『絹の家』に続く、コナン・ドイル財団公認のパスティーシュ。


シャーロック・ホームズの世紀末

夜霧の世紀末ロンドンに名探偵ホームズが目撃したものは―猟奇殺人、植民地戦争、女権拡張と労働争議、美女の噂とボクシング、あるいは優生学、進化論、そして神秘思想など、多種多様な思惑がうごめく大英帝国の素顔だった。時代の波に翻弄されるホームズの航跡を辿り、今日の消費社会を先取りした大英帝国の虚実をリアルに抉る画期的世紀末文化論。芸術選奨新人賞受賞、日本シャーロック・ホームズ大賞受賞。