シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索

シャーロック・ホームズの冒険
完全版 Vol.17 [DVD]
 高名の依頼人
 這う人



英国グラナダTV製作 テレビシリーズ
第31話 高名の依頼人
洋題:The Illustrious Client
第32話 這う人
洋題:The Creeping Man



第31話

邦題:高名の依頼人
洋題:The Illustrious Client

DVD収録邦題:シャーロックホームズの事件簿
DVD収録洋題:THE CASE-BOOK OF SHERLOCK HOLMES
テレビシリーズ:5
放送/英国:1991年3月21日
書籍収録邦題:シャーロックホームズの事件簿
書籍収録洋題:THE CASE-BOOK OF SHERLOCK HOLMES



キャスト
Sherlock Holme:Jeremy Brett
シャーロック・ホームズ(探偵):ジェレミー・ブレット
Doctor Watson:Edward Hardwicke
ドクター・ワトソン(相棒):エドワード・ハードウィック
Mrs Hudson:Rosalie Willians
ミセスハドソン(221Bの管理人):ロザリー・ウイリアムズ

Baroness Gruner:Anthony Valentine
グルーナー男爵(オーストリアの殺人鬼):アンソニー・バレンタイン
Baroness Gruner:Carol Noakes
グルーナーの妻:キャロル・ノウクス
Miss Violet Merville:Abigail Cruttenden
ヴァイオレット・メルビル(グルーナーの恋人):アビゲイル・クルッテンデン

Jarvis:John Pickles
ジャービス(グルーナー家の執事):ジョン・ピックルス
Kitty Winter:Kim Thomson
キティ・ウインター(被害者の女性):キム・トムスン
Shinwell Johnson:Roy Holder
シンウェル・ジョンスン(ポーキー):ロイ・ホルダー
First Man :Andy Bradford
暴漢:アンディ・ブラッドフォード

Sir James Damery:David Langton
サー・ジェームズ・デマリー(大佐):デビッド・ラングトン


Writing:Arthur Conan Doyle
原作:サー・アーサー・コナン・ドイル
Dramatised:Robin Chapman
脚色:ロビン・チャップマン
Developed for Television:John Hawkesworth
テレビ版構成:ジョン・ホークスワーズ
Producer:Michael Cox
制作:マイケル・コックス
Music:Patrick Gowers
音楽:パトリック・ゴワーズ
Directed:Tim Sullivan
監督:ティム・サリバン



妻を崖から突き落とし、目撃者の羊飼いの少年も始末して事故を装った悪名高いオーストリアの殺人者、アデルバート・グルーナー男爵がイギリスにいるとゆう。 グルーナーの虜にされたメルヴィル将軍の令嬢ヴァイオレットの目を覚まさせるのが今回の依頼内容。 過去の被害女性キティ・ウインターの協力で、グルーナーがいかに残虐な人物かを言い聞かせるも、恋はなんとやらのヴァイオレットに追い返さてしまう...



ホームズが肉屋の息子宛てのメッセージを書く机には、万年デスクカレンダーが『高名の依頼人』事件発生日時とされる9月3日(1902年)を表示しています。

Perpetual Desk Calendar(万年デスクカレンダー)
『96』:万年デスクカレンダー


メッセージを書き終えたホームズは、暖炉の脇にある呼び鈴のハンドルを右に移動します。 残念ながら手元は白い暖炉が遮って見えません。 呼び鈴は一階のハドスン夫人に知らせ、約 32 秒で二階の居間に辿り着きます。 廊下にハドスン夫人の気配を感じたホームズがドアを開けて「ミセス ハドスン」と言います。

221B の呼び鈴(Bell-Pull) 『60』:Bell-Pull


依頼人を明かさないサー・ジェームズ・デマリーが退出後、ワトスンはブックビューローから紳士録(Who's Who)を取り出し、依頼人を調べようとします。

『51』:Bureau Bookcase(ビューロー ブックケース)


ホームズがリージェント街のカフェ・ロワイヤルの前で二人組に襲われ負傷するため、ホームズの寝室の家具の場所移動がよくわ分かります。 『高名の依頼人』では、右下の『ショスコム荘〜這う人』の間取りになります。

Chapter 7:シャーロック・ホームズの寝室


ベイカー街 情報
1.『221B』からジョンソンとキティが帰るとき、床屋の方から自転車に乗った郵便配達員(脅迫状)が来ます。二人は通りを渡り、リージェンツ・パーク方面へ向かいます。このとき、民家『124』『122』『120』、お店『118』が少しだけ見えます。
2.ホームズが『カフェ・ロイヤル』で襲われ、新聞の売り子が立っている場所が分かりません。そして、ワトスンが画面右から登場します(後ろに馬車が停車している)。これが何処なのか分かりません。既に煙草屋『134』、紳士アウトドア用品店『132』、ワイン店『130』は面影が無くなっていると思われます。ならば、新聞の売り子はオープニングと同じ、旧紳士アウトドア用品店『132』の前で、ワトスンは旧煙草屋『134』の奥(セットが作られていない)から登場して来たのか(*39)?


日本語字幕版DVDは、「シャーロック・ホームズの冒険 第17巻」になり、「這う人」と2作収録されて販売されています。 小説は「The Case-Book of Sherlock Holmes シャーロックホームズの事件簿」に収録されています。


新訳シャーロック・ホームズ全集 閉じる


第32話

邦題:這う人
洋題:The Creeping Man

DVD収録邦題:シャーロックホームズの事件簿
DVD収録洋題:THE CASE-BOOK OF SHERLOCK HOLMES
テレビシリーズ:5
放送/英国:1991年3月28日
書籍収録邦題:シャーロックホームズの事件簿
書籍収録洋題:THE CASE-BOOK OF SHERLOCK HOLMES



キャスト
Sherlock Holme:Jeremy Brett
シャーロック・ホームズ(探偵):ジェレミー・ブレット
Doctor Watson:Edward Hardwicke
ドクター・ワトソン(相棒):エドワード・ハードウィック
Mrs Hudson:Rosalie Willians
ミセスハドソン(221Bの管理人):ロザリー・ウイリアムズ
Inspector Lestrade:Colin Jeavons
レストレード警部:コリン・ジェボンズ


Professor Presbury:Charles Kay
プレスベリ教授:チャールズ・ケイ
Edith Presbury:Sarah Woodward
イーディス・プレスベリ(教授の娘):サラ・ウッドワード
Jack Bennett:Adrian Lukis
ジャック・ベネット(イーディスの婚約者):エイドリアン・ルキス
Alice Morphy:Anna Mazzotti
アリス・モーフィ(教授の婚約者):アンナ・マゾッティ

Wilcox:Peter Guinness
ウィルコックス(ドラーク商店):ピーター・ギネス
Jenkins:Steve Swinscoe
ジェンキンス(ドラーク商店):スティーブ・スウィンスコー
Secretary of the Zoological Society:Anthony Havering
動物園の秘書:アンソニー・ヘイヴァリング
Great Ape:Peter Elliott
ゴリラの中の人:ピーター・エリオット


Writing:Arthur Conan Doyle
原作:サー・アーサー・コナン・ドイル
Dramatised:Robin Chapman
脚色:ロビン・チャップマン
Developed for Television:John Hawkesworth
テレビ版構成:ジョン・ホークスワーズ
Producer:Michael Cox
制作:マイケル・コックス
Music:Patrick Gowers
音楽:パトリック・ゴワーズ
Directed:Tim Sullivan
監督:ティム・サリバン



プレスベリ教授の娘イーディスは、屋敷の三階で就寝中に窓に何者かが現れた! イーディスは婚約者のジャック・ベネットは気のせいだと思ったが、ホームズへ捜査依頼をせがまれ221Bに連絡する。 「ワトスン 都合がよければ来い 悪くても来い S.H」のメッセージを受け取り、渋々221Bに駆け付けるワトスン。 プレスベリ教授邸で捜査中、教授が戻り追い返されてします。 現実的ではありませんが、ホームズ物語としては特異な事件と思われます。 レストレイド警部の「報告書がまとまれば恐らく同じ結論が・・・」の一言が面白い。



ワトスンを221Bに呼びつけ、化学実験テーブルの椅子に着席するホームズ。このシーンで8番のドア、Fの壁を観察できます。

Chapter 7:シャーロック・ホームズの寝室


ドラマシリーズ全41話を通して221Bで使用される食器、MASON'S BLUE MANDALAY(メイソンズ ブルー マンダレイ)のコーヒーカップのアップを見れます。

『27』:MASON'S BLUE MANDALAY


ベイカー街 情報
ヒント無し。


日本語字幕版DVDは、「シャーロック・ホームズの冒険 第17巻」になり、「高名の依頼人」と2作収録されて販売されています。 小説は「The Case-Book of Sherlock Holmes シャーロックホームズの事件簿」に収録されています。




戻る 一覧表示 次へ

註釈

*39:『高名の依頼人』で『MURDEROUS ATTACK ON SHERLOCK HOLMES』の新聞を売る義足の男とワトスンの場面は、メイキング写真、あるいは、宣伝材料用写真が存在します。『INTERVIEW WITH SHERLOCK 』と題された洋書で、WEBサイトから購入、あるいは、全ページをプレビューできます。この本の 111 ページに、劇中では見られない角度から撮影された写真があります。113 ページには新聞売りの写真があり、ハウスナンバー『229』が見えます。

改装された床屋『229.C.SIMONS』の前に新聞売りが居ると仮定した場合、ワトスンが左折して新聞売りに近づくには、リージェンツ・パーク沿いの道から、旧果物屋『231.WILLIAM HICKS 』を左折していると思われます(推測の域を出ない)。グラナダ・テレビ・スタジオ・ツアーが開始されているため、すでにリージェンツ・パークの柵も撤去されているのかも知れません。なお、新聞売りが立つ店の名前は『Freeman Hardy & Willis(フリーマン、ハーディ、ウィリス:1875 年に設立された靴の小売商)』になります [ Wikipedia] 。

*41:『高名の依頼人』で、キティが隠れているワイン店『130』のショーウインドーに反射したガーデンベンチは、ツアーが開始されてから設置されたベンチだと思われます(参考にした写真:Baker Street Granada Studios by horslips5, on Flickr)。