シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索

シャーロック・ホームズの冒険
完全版 Vol.5 [DVD]
 入院患者
 赤髪連盟(赤毛連盟)



英国グラナダTV製作 テレビシリーズ
第11話 入院患者
洋題:The Resident Patient
第12話 赤髪連盟(赤毛連盟)
洋題:The Red-Headed League


Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング


第11話

邦題:入院患者
洋題:The Resident Patient

DVD収録邦題:シャーロックホームズの冒険
DVD収録洋題:THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES
テレビシリーズ:2
放送/英国:1985 年 9 月 15 日 / 21:45
放送/日本:1985 年 7 月 20 日 / 21:45
書籍収録邦題:シャーロックホームズの思い出(回想)
書籍収録洋題:THE MEMORIES OF SHERLOCK HOLMES



キャスト
Sherlock Holme:Jeremy Brett
シャーロック・ホームズ(探偵):ジェレミー・ブレット(露口茂)
Doctor Watson:David Burke
ドクター・ワトソン(相棒):デビット・バーク(長門裕之)
Mrs Hudson:Rosalie Willians
ミセスハドソン(221Bの管理人):ロザリー・ウイリアムズ(竹口安芸子)
Inspector Lanner:John Ringham
ラナー警部:ジョン・リングガム(坂口芳貞)

Blessington:Patrick Newell
ブレッシントン(旧名サットン 患者/投資家):パトリック・ニューエル(神田隆)
Doctor Percy Trevelyan:Nicholas Clay
パーシー・トリベリアン医師(開業医):ニコラス・クレイ(国広富之)

Father(Biddle):Tim Barlow
ロシア 叔父(ビドル):ティム・バーロー(千葉耕市)
Son(Hayward):Brett Forrest
息子(ヘイワード):ブレット・フォレスト(桑原たけし)
Cartwright:Charles Cork
カートライト(死刑囚):チャールズ・コーク(若本紀昭)

Nora:Lucy Ann Wilson
ノーラ(メイド):ルーシー・アン・ウィルソン
Fenton:David Squire
フェルトン(医院 ボーイ):デビッド・スクワイア
Nora - the Maid:Lucy Anne Wilson
ノラ(医院 メイド):ルーシー・アン・ミルズ
Detective:Norman Mills
刑事:ノーマン・ミルズ(水島鉄夫)
Carpenter:Dusty Young
大工:ダスティン・ヤング


Writing:Arthur Conan Doyle
原作:サー・アーサー・コナン・ドイル
Dramatised:Derek Marlowe
脚色:デレク・マーロー
Developed for Television:John Hawkesworth
テレビ版構成:ジョン・ホークスワーズ
Producer:Michael Cox
制作:マイケル・コックス
Music:Patrick Gowers
音楽:パトリック・ゴワーズ
Directed:David Carson
監督:デビッド・カースン



グラナダ・テレビ制作の『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズに興味があり、これから見ようと思っている方にお薦めなのが 「シャーロック・ホームズの冒険 第6巻」です。 『入院患者』『赤髪連盟(赤毛連盟)』の 2 作が収録されており、 どちらもシャーロック・ホームズの推理を忠実に描いている物語で特異な事件になります。 『入院患者』はホームズが「僕なら”入院患者”と命名するけど、”ブルックス街の怪事件”が妥当なところかな〜」とつぶやいたため、ワトソンが最初に考えた題名「ブルックス街の怪事件」から「入院患者」に変更されました。 ラストシーンの 2 人のやり取りに注目です。



物語はブレッシントン(事実上の入院患者)が悪夢にうなされドッペルゲンガー(自分の生き写しを見る)に遭遇するところから始ます。 一方、シャーロック・ホームズとワトソンの登場は初となる床屋 229 C SI ONS です(他の物語で床屋の店名が「SIMONS」であることが分かる:地図参照)。 床屋から221Bへ向かうホームズとワトソンは、鼻歌交じりで腕を組み歩きます。 この鼻歌(パン、パパン、パ〜)とラストのホームズによるバイオリンの演奏曲は、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲第3楽章です(教えて下さった多摩ジィ様に感謝)。

ベートーヴェン ヴァイオリン 協奏曲 - Amazon


この事件は、過去の犯罪に熟知しているホームズからすれば、いたって簡単なのかも知れません。 ブレッシントンから依頼を受けた時点では、推理を投げ出してしまうホームズですが、こと事件が起こると能力を発揮します(顔を見たんだから、その時点で気が付いてやれや〜)。 部屋に残された事件の痕跡を探るため、ホームズの推理や捜査方法を十分に楽しめる物語です。 221Bで過去の犯罪を調べるシーンは、全く推理が登場しません(何処に書類を保管したか推理しなさい)。 しかし、ホームズが部屋を散らかすおかげで、あの貴重な書類棚(カルトニエ)の仕組みを観察できます。

『11』:Cartonnier(カルトニエ)


ラナー警部へのホームズの発言。

「例え犯罪者で裏切りものであっても、法の盾に守られていた」
「正義の剣が必ず復讐を下すはずだ」

裏切り者は必ず復讐が下される。しかし、これは犯罪者同士で起こった裏切り。ここで「正義の剣」が何を指すのか? ホームズは司法取引が嫌いなのかな?



ベイカー街 情報
1.床屋でのホームズとワトスンの会話から始まります。床屋から『221B』へ移動するので、リージェンツ・パークの角の店の隣が床屋だと分かります。その隣の看板が『SKELTON』であることも分かりますが、床屋の看板は『C SINDNS』でしょうか?(間違っています)。ハウスナンバーは『229』だと思う。民家『223』の前で。馬車の持ち主を推理するとき、『223』のドアと窓ガラスが見える(何も書かれていない)。
2.ベートーベン『ヴァイオリン 協奏曲 第三楽章(*20)』の軽快なリズムに、床屋から戻るホームズとワトスンが、民家『223』の前に停車している馬車を見て「医者」だと推理したあと、『221B』の中に入ります。カメラは玄関の外から二階の窓に移動しますが、二階の窓のロールスクリーンが下りています(ここがポイントです)。ロールスクリーンがアップになったときにカメラが切り替わり、『221B』の室内のセットから、ハドスン夫人がロールスクリーンを上げれば、あたかも二階にセットがあるように見せられます。
3.事件解決後、ワトスンがリージェンツ・パークから『221B』へ歩いて来る。床屋『229』の室内から、店主が鳥か籠持って外にでます。民家『225』のメイドが玄関先かドアの下部を掃除しています。


DVDのタイトルでは(冒頭シーン)、THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES(シャーロックホームズの冒険)と表示されますが、小説では、モリアーティ教授との決闘 前の「Memories of Sherlock Holmes シャーロックホームズの思い出(回想)」に収録されています。


新訳シャーロック・ホームズ全集 閉じる


第12話

邦題:赤髪連盟(赤毛組合)
洋題:The Red-Headed League

DVD収録邦題:シャーロックホームズの冒険
DVD収録洋題:THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES
テレビシリーズ:2
放送/英国:1985 年 9 月 22 日 / 21:45
放送/英国:1985 年 9 月 14 日 / 21:45
書籍収録邦題:シャーロックホームズの冒険
書籍収録洋題:THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES



キャスト
Sherlock Holme:Jeremy Brett
シャーロック・ホームズ(探偵):ジェレミー・ブレット(露口茂)
Doctor Watson:David Burke
ドクター・ワトソン(相棒):デビット・バーク(長門裕之)
Mrs Hudson:Rosalie Willians

Jebez Wilson:Roger Hammond
ジェイべス・ウィルスン(質屋の赤髪亭主):ジョナサン・アダムズ
Mr Merryweather:John Woodnutt
ミスター・メリーウェザー(銀行 重役):ジョン・ウッドナット(糸博)
Accountant:Ian Bleasdale
会計係:イアン・ブレーズデール
Policeman:Harry Goodier
警官:ハリー・グッディア(山口健)
Doorman:Reginald Stewart
ドアマン:レジナルド・スチュワート(幹本雄之)
Sarasate:Bruce Dukov
サラサーテ(ヴァイオリン奏者):ブルース・デューコブ
Dancan Ross:Richard Wilson
ダンカン・ロス(赤毛連盟の人事):リチャード・ウィルスン(寺島幹夫)
Vincent Spaulding(Clay):TIM McINNERNY
ビンセント・スポールディング / ジョン・クレー:ティム・マッキナリー(城山知馨夫)
Archie:Malcolm Weaver
アーチ:マルコム・ウェイバー
Moriarty:Eric Porter
ジェームズ・モリアーティ(教授):エリック・ポーター(南原宏治)

Athelney Jones:John Labanowski
アルセーニ・ジョーンズ(刑事):ジョン・ラバノウスキー(蟹江栄司)


Writing:Arthur Conan Doyle
原作:サー・アーサー・コナン・ドイル
Dramatised:John Hawkesworth
脚色:ジョン・ホークスワーク
Developed for Television:John Hawkesworth
テレビ版構成:ジョン・ホークスワーズ
Producer:Michael Cox
制作:マイケル・コックス
Music:Patrick Gowers
音楽:パトリック・ゴワーズ
Directed:John Bruce
監督:ジョン・ブルース



ホームズ曰く「ミステリアス(奇怪)な事件ほどカラクリは幼稚」とありますが、奇怪な事件ほど読んでいて楽しいものです。 赤髪であったガイア・ホプキンズなる人物が若くしてアメリカに渡り大富豪となり、遺言で母国の赤髪男性の種族繁栄のために基金を設立したのが『赤髪連盟』。 赤髪男性しか入会できない(騙す相手が男性だから)、また、人数が決まっていて欠員がでないと加入できませんが、連盟に入ると名ばかりの労働で基金からお金が支給されます。



質屋の亭主ジェイベス・ウィルスンは、相場の半額で雇う事ができた助手ビンセント・スポールディング(ジョン・クレー)の勧めで、赤髪連盟に加入する事になります。 毎日決まった時刻に所定の場所へ行き、大英百科事典の筆写の仕事を与えられます。 これで年200ポンド(現在の価値にして500〜1000万円と予想され、当時の家庭教師の年収の4倍)の報酬を得られます。

最終的に、ジェイベス・ウィルスンは被害者になるものの、ホームズに依頼した事で銀行から謝礼として50ゾウリン(価値は50ポンドと同じなので、当時の家庭教師の年収と同じくらい)を受け取ります。 となると、今回の事件でホームズは銀行から、50ゾウリンン以上の報酬を得ていると思われます。



そんなことよりも、この事件は手下となる犯罪者が警察に捕まりますが、裏にはシャーロック・ホームズの宿敵で犯罪界の帝王ジェームズ・モリアーティ教授が潜んでいます。 モリアーティを演じるのはエリック・ポーターで、シドニー・バジェットが描いた彼とそっくりです。

ワトソンを経由してジェイベス・ウィルスンに伝えられるホームズからの伝言は「人を雇う時は、まともな給料を支払いなさい」です。この事件の発端は、ジェイベス・ウィルスンが求人広告を出し、面接に来た12人の中から犯罪者のジョン・クレーを選んだ事です。理由は「商売を覚えたいから給料は半額でいい」と言われたため、支払う給料の額を惜しんだために事件に巻き込まれました。 しかし、これに引っ掛からなかった場合に、モリアーティ教授がとるであろう行動を想像しただけで震えます。 ジェイベス・ウィルスンを排除するために大掛かりな赤髪連盟を仕掛けましたが、別の方法でも排除できると考えるのは容易です。



ジェームズ・モリアーティが地図を見るシーンは 2 回あり、1 回目は次作の「最後の事件」の犯行計画と思われるパリの地図(モナリザ盗難事件)、2 回目が質屋(PAWN SHOP JABES WILSON)と都市郊外銀行の支店(CITY AND SUBURBAM BANK Ltd.)を結ぶトンネルと下水道の地図です。これを再現したのが下図になり、JavaScriptが有効なブラウザでは、図をクリックすると拡大表示できます。MORTIMORE'S、NEWSPAPERS(新聞屋)、VEGETARIAN RESTAURANT(菜食レストラン)、McFarland's carriage(馬車製造所)などの位置を把握できます。SAXE COBURG STREET(サックス コ−バーグ街)と PILGRIM STREET(ピルグリム街)にある Sewer Pipes(下水パイプ)を利用して、トンネルが掘られた事が分かります(教えて下さった多摩ジィさんに感謝)。


スクエアで馬車の近くに落とした封筒の中にある紙に書かれている内容は、ナポレオン金貨の枚数です(1BOXに15,000フランで4箱あるので60,000フラン)。この封筒を拾うのはモリアーティの手下アーチー(Archie)で、金庫に侵入する前にクレーから「ジャンプ アーチ!」と言われて逃げるものの、質屋に待ち構えていた警官に捕まります。パイプ三服分の問題(three pipe problem:スリー・パイプ・プロブレム)の後、ホームズとワトソンが向かった先でのカメラワークを下図にまとめました。



ベイカー街 情報
1.最後に、ワトスンが本屋『219.W.H.DAWE』で本を購入して包んで貰います(わざわざ包んでもらう必要があるのか?)。ホームズと『221B』へ戻る途中、『221』の一階の窓に『COMMISSIONER FOR OATHS(コミッショナーの誓い)』と書かれているのが分かります。『221』に玄関ドアが二つあることも分かりました(*21)。


日本語字幕版DVDは、「シャーロック・ホームズの冒険 第6巻」になり、「入院患者」と2作収録されています。 この物語の原作は「シャーロックホームズの冒険」に収録されています。




戻る 一覧表示 次へ

註釈

*20:ベートーベン『ヴァイオリン 協奏曲 第三楽章』:2013 年 10 月 29 日、”多摩じい”様から教えていただきました 投稿NO:[5907]

*21:ホームズとワトスンが間借りする建物のオーナーはハドスン夫人です。この建物には、ハドスン夫人とメイドが暮らす一階『221』と、ホームズとワトスンが借りる二階『221B』に分かれているため、玄関が二つあります(郵便物は別々に届きます)。しかし、一階は内部で繋がっていると思われます。その根拠は、『ボヘミヤの醜聞』でワトスンが帰宅したとき、ハドスン夫人の後ろに、左に続いているような壁が見えます。しかし、ワトスンの帽子やコートを持ったハドスン夫人は、階段脇を手前に進む動作をします。三階はワトスンの寝室がありますが、その他は不明です。