シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索

221B の呼び鈴(Bell-Pull):グラナダTV『シャーロック・ホームズの冒険』



いつも『Diogenes Club - シャーロック・ホームズ - Telegram -』にコメントして下さる”多摩じい”様から、次の質問を受けました(*1)。

『ボール箱(The Cardboard Box)』にて、ホームズが「一人掛け椅子」に座っている場面で、彼の右側に暖炉脇の柱が映りますが、ここにかかっている金属製の飾り物 下にフック上の突起が見えますが、これって何でしょうか? 2012 年 10 月 16 日。

早速、グラナダTV制作『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズの『ボール箱』を鑑賞して、一人掛け籐椅子に腰掛け、パイプを燻らすシャーロック・ホームズの左に、金属製と思われるフックを確認できました。それは壁に設置されており、ワトスンが冒険譚を執筆するブックビューローと、白い暖炉の間にあります(下図の緑色の矢印が指し示す物)。

たまにはビシッと回答したいと思うのですが、多摩じい様の質問はいつも難題です(笑)。同じ物語を見ているにも関わらず、私はフックみたいな物の存在を疑問に感じた事はありませんでした。そこで、ビシッと「分りません」と回答したのが 2 年前の話です。

これは Blu-Ray Box(*2)を参考に、Microsoft Office Excel で再現したもので
こんな感じであるが全く同じではありません。

暖炉に吊されたペルシャスリッパに遮られ見難いものの、多くの物語でフックみたい物を確認できました。『赤髪連盟(THE RED-HEADED *3)』『空き家の怪事件(The Adventure of the Empty House *4)』では、フックが右に傾いていおり、単純にネジが緩んでいると考えました。そして、『高名の依頼人(高名な依頼人:The Adventure of the Illustrious Client)』を見た結果、この金属製と思われるフックが『呼び鈴』である事に気が付きました。

クライアントの話を聞きながら、ホームズはドアの前でハドスン夫人を待ちます。なぜ、ハドスン夫人が居間に来ることが分ったのでしょうか? ドアを開けたのは足音で判断したと思いますが、かなり前からドアの前に立つ行動は解せません。ホームズとハドスン夫人の阿吽の呼吸を演出していると勘違いしていましたが、ホームズがメモを書いて立ち上がった後の行動に、漸くヒントを見つけました。ホームズは左手にメモを持ち、右手で壁の何かを操作しています。白い暖炉で遮られて見えませんが、フックがある辺りに手を伸ばしています(音はしない)。その後、ホームズはドアへと移動して、ハドスン夫人が来るのを待ちます。

『まだらの紐(The Adventure of the Speckled Band)』の翻訳では「呼びりん」「呼び出しベル」となっていますが、原文は「Bell」となっていました。シャーロック・ホームズ物語に登場する呼び鈴で印象深いのは、部屋の壁に垂れ下がっているゴージャスな布、あるいは紐です。それを下に引っ張ると、使用人の待機している部屋の鈴が鳴ります。これが先入観となり、221B の金属製のフックを 20年間も見破れなかったわけです。

ベルに繋がったコード(布、紐)、あるいは、ハンドル、そして、使用人の待機する部屋の鈴を『呼び鈴』と呼びます。しかし、インターネットの画像検索で「呼び鈴」を検索すると、ハンドベルや卓上ベル、さらには、玄関のベルまで表示されます。使用人を呼ぶ鈴は、『Bell-Pull(ベル-プル:引き綱)』と検索すれば、お目当ての物が表示されます。『まだらの紐』では、ヘレン・ストーナーが使うベッドの脇に布製のコードがありますが、グリムズビー・ロイロット博士の諸事情で呼び鈴は機能しません。『海軍条約事件(海軍条約文書事件:The Naval Treaty)』では、クライアントのパーシー・フェルプスが、外務省の職場でコードを引きます(犯人も)。『修道院屋敷(僧坊荘園:The Adventure of the Abbey Grange)』では、クロッカー船長が呼び鈴(コード)を万能ナイフで切りました。

さて、話を『ボール箱』の 221B に設置されたハンドルに戻します。ホームズの右手をコマ送りで見た結果、下から右上に押し上げているように見えます。手を触れてから 0.5 秒で離しているので、ハドスン夫人が待機している場所で、呼び鈴は短い間しか鳴っていないと思われます(一回の動作で何度か鈴が鳴る仕組みになっているのかも知れません)。なぜ41 話も製作されたグラナダTVシリーズで、221B の呼び鈴を使うのは『高名の依頼人』だけなのか?

ホームズが居間の呼び鈴に触れてから、約 32 秒でハドスン夫人が居間に入室します。突然呼ばれて 32 秒で 1 階の職場からで 2階の居間に駆けつけるハドスン夫人の能力はさておき、劇中の待ち時間としては長すぎるのかも知れません。『高名の依頼人』は、クライアントの話を聞きながらメモを書き、ハンドルを回してハドスン夫人を待ちます。並行作業が可能な場面のため、呼び鈴を鳴らす一連の動作を演出できたのかも知れません。それ以外の物語では、ホームズが大声で「ミセスハドスン〜!」と呼ぶのが印象的です。

呼び鈴の仕組みは、各部屋に設置されたコードやハンドルと使用人室の鈴が、チェーンや紐で繋がれています。途中に『滑車(pulley *5)』を利用しているので、コードを軽く引くだけで、あるいは、ハンドルを回すだけで、使用人室の呼び鈴を鳴らす事ができます。大きな屋敷には、各部屋にコードやハンドルがあり、どの部屋から呼ばれているのかを確認できます(*6)。壁の中にそれが埋め込まれているのか、通気口を利用しているのかは不明ですが、LAN ケーブルや電話線を壁に埋め込むときに使う、塩ビ管みたいな筒を利用しているのかも知れません。

最後に、『第二の血痕(The Adventure of the Second Stain)』でレディー・ヒルダーが、ホームズとワトスンを追い返そうと呼び鈴に手を掛けるシーンです。221B のフックが呼び鈴のハンドルだと分ってから再確認した結果、金色のハンドル式呼び鈴を使っていました。レディー・ヒルダーは思い留まるので、この呼び鈴を使う場面を見られないのが残念です。

なお、呼び鈴のハンドルや同じ仕組みを利用したドアベルは、現在でも購入できます(海外サイト)。

Antique Victorian Brass and Black Ceramic Servants Bell Pull

Polished Brass Butler Door Bell Kit



新しく、グラナダ・テレビ制作『シャーロック・ホームズの冒険』のベイカー街 221B の間取りを作製しました。今度は Microsoft Excel で劇中に登場する建具、家具、小物を描きました。

ベイカー街 221B の間取り:グラナダ・テレビ制作『シャーロック・ホームズの冒険』(Granada Television Sherlock Holmes 1984 TV series 221B Setting of a movie)





ベイカー街221Bの間取り

グラナダTV制作の『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズで、顧問探偵のシャーロック・ホームズと相棒のジョン・H・ワトスン医師が共同生活をする場所が、ハドスン夫人から間借りするベイカーストリートの『221B』です。マンチェスターのグラナダスタジオの倉庫に造られた、『221B』の室内セットの間取り、建具、家具、小物などを、Blu-Ray を参考に管理人が調べた名称や用途を列挙します。

ベイカー街 221B の間取り グラナダ・テレビ制作『シャーロック・ホームズの冒険』Granada Television Sherlock Holmes 1984 TV series Baker Street 221B Setting of a movie

ベイカー街の地図

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズに登場する『BAKER STREET』のセットは、1890 年代を想定してマンチェスターのキャッスルフィールドに建設されました。郵便局、家具店、果物屋、ワイン店、仕立屋、本屋、宝石店、床屋、不動産屋、葬儀屋などが作られ、突き当たりのリージェント・パークは、立地的に高い建物が映り込むのを防ぐ苦肉の策です。最初のラフスケッチからセット完成まで、1982 年の 1 月から 5 月とあります。いくつかのセットは屋内も作られており、221B、床屋、本屋、家具屋、煙草屋は、室内での撮影もあります。

ベイカーストリートの地図:グラナダTV『シャーロック・ホームズの冒険

書類棚 Cartonnier

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズで、221Bの窓際に置かれた書類棚 Cartonnier(カルトニエ)。劇中では地図や新聞の切り抜きなどの書類、ジェームズ・モリアーティ、セバスチャン・モラン、アイリーン・アドラーなどの重要人物を記した目録、伝記要覧を保管しています。なお、リチャード・ロクスバーグ主演の『シャーロック・ホームズ バスカヴィルの獣犬』にも、この書類棚に似た家具を確認できます。

グラナダTV版『シャーロック・ホームズの冒険』221B のセットにあった書類棚

ブルーレイBOX

グラナダ版シャーロック・ホームズの冒険 ブルーレイBOX。定評のある日本語吹き替えを得るには、ハピネット社が販売する DVD(非デジタルリマスター)を、映像の品質を追究するならキープ社の DVD(デジタルリマスター)を購入するしか無かった歯痒い状態を、ブルーレイ版が解決してくれます。管理人も購入したので、中身が見たい場合はここをクリックして下さい。

シャーロック・ホームズの冒険 ブルーレイBOX

シャーロック・クロニクル

BBC ドラマ『SHERLOCK / シャーロック』公式ガイドブックです。シーズン 1 ~ 3、そして 4 の最新情報まで、キャスト・スタッフたちの 初出し制作秘話をオフショット満載のフルカラーでお届けします!


ホームズの冒険 DVD

グラナダTV制作 シャーロック・ホームズの冒険 [完全版] DVDセット。NHK で放送された日本語吹替に、カット部分を再録音(声優は異なる)して追加した完全版です。6 セットに分割されており、購入しやすいお値段ですが、画質を重視するなら Blu-Ray 版をお薦めします。


註釈

*1:『投稿NO:[5510]

*2:『シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]』。

*3:『赤髪連盟(THE RED-HEADED)』あるいは『赤毛組合』では、クライアントの”ジェイベズ・ウィルスン”が話し終えた後、ホームズが失笑している左に見えます。

*4:『空き家の怪事件(The Adventure of the Empty House)』あるいは『空き家の冒険』では、”セバスチャン・モラン”を捕まえた後、パイプを選ぶホームズの右に見えます。

*5:『Butler's bell pulley kit』。

*6『ぶなの木屋敷の怪(ぶな屋敷:The Adventure of the Copper Beeches)』では、使用人のトラーが待機する部屋の上部に 5 個の鈴が設置されており、バイオレット・スミスが左から 2 個目の呼び鈴を鳴らしてトラーを呼びます。