シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索
ミセスハドソンの日記

シャーロック・ホームズの冒険
全巻ブルーレイBOX を購入しました

 THE PRAIVATE LIFE OF SHERLOCK HOLMES




2012 年 12 月 4 日 発売。1984 年から 10 年にわたり放送された、イギリスのグラナダテレビ制作の「シャーロック・ホームズの冒険」が、ブルーレイ(Blu-Ray)BOXとして発売されました。ホームズを演じるのはジェレミー・ブレットさん、ワトソンを演じる俳優は、「最後の事件」までをデビッド・バークさんが演じ、「空き家の怪事件」からはエドワード・ハードウィックさんに交代しています。個人的には、実写版シャーロック・ホームズで最も好きな作品で、ガイ・リッチー監督の映画「シャーロック・ホームズ」シリーズから見た人にとっては、物足りないと感じるかも知れません。ガイ・リッチー監督作品は、原作の登場人物に忠実で、グラナダ・テレビ版は、ストランド・マガジンに掲載されたシドニー・エドワード・パジェット(Sidney Edward Paget)さんが描いた挿絵に忠実です。ホームズとワトソンだけではなく、マイクロフト(ホームズの兄)、ハドソン夫人(221の管理人)、レストレイド警部、モリアーティ教授等々、配役が的確です。

シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]

さて、過去に VHS 、DVD で、このシリーズを鑑賞してきましたが、いくつかの問題がありました。株式会社ハピネット(英: Happinet Corporation)が販売する DVD は、NHK で放送された日本語吹き替えが収録されいるのが特長です。私は最初から日本語字幕を見てきたので、個人的には馴染み深いものではありませんが、露口茂さん、故長門裕之さんの吹き替えには定評があります。しかし、NHKで放送されたものはカット編集されており、DVD 化するにあたり、日本語吹替えを追加収録していました(声優は異なります)。そして、ある時点から、デジタルリマスター処理された DVD が安価に販売されてるようになりました。こちらは、英語音声、英語字幕と日本語字幕のみ収録され、日本語吹き替えは収録されていません。しかしながら、デジタルリマスターが魅力的で、従来は暗すぎてみえなかったり、潰れてしまっていた箇所が、くっきり鮮明に見られるようになりました。ハピネット社が本家であるならば、映像の品質は他社の DVD が勝っている状況でした。

ハピネット版、宝島社版、キープ版のDVDの違い:シャーロック・ホームズDVD

定評のある日本語吹き替えを得たいが、映像の品質も捨てがたいと、やり場のない悩みを抱えるファンは多くいたと思います。そして、今回のブルーレイ版が発売されたことで、この問題が解決されました。

フィルムからHDテレシネを実施したニューマスターのため、今までは暗くて判別できなかった小物や家具も把握することができました。アスペクト比は 4:3 なので、ワイド画面では両端が黒くなりますが、これは制作段階の構図がそうなっているので当然です。日本語字幕に誤りがあった箇所は、このブルーレイ化で改善されました。「六つのナポレオン」でワトソンがレストレイド警部に「Have a Humbug, Lestrade?(レストレイド警部、ハッカあめ[英])食べる?」となるシーンで、従来は「ハンバーグ食べる?」みたいに訳されていましたが、このブルーレイでは「キャンディを」と修正されています。一方、Twitter で指摘されたネイティブの方から「Whatever」と言っていないと指摘された箇所は、今回のブルーレイでも同じ英語字幕になっていました(英語ができないので、私には分かりませんが)。

ハイビジョン化にあたり、「三破風館(さんはふかん)」だけはマスターフィルムが発見できず、放送用のアナログマスターを元にハイビジョンへ変換処理が行なわれています。音声と映像の一部に、マスター素材に起因するノイズが記録されている部分もあります。シリーズによって撮ったフィルム規格の違いがあり(スタンダード16mm、スーパー 16mm、35mm)、画面の縦横比(アスペクト比)や解像度に違いもあります。



今回は予約するのを忘れたため、初めての「メーカー取り寄せ」を経験しました。楽天市場で注文したのが 12 月 10 日で、12 月 20 日に商品が確保できていないメールを受信しました。調達期日が 12 月 27 日で、この日までにメーカーから商品が確保できなければ、キャンセル扱いになります。結局、12 月 22 日に発送手配完了になり、12 月 23 日に発送のメールが届き、翌日のクリスマスイブに商品が到着しました(偶然だな)。予約以外で 14 日も待たされたのは初めてです。

初回限定特典のオリジナルブックカバー(紙製です)。

初回限定特典のしおり。

標準付属の豪華特性ブックレットなるものが写真左下です。112 ページからなる冊子で、日本語吹替版でハドスン夫人役を担当した声優・竹口安芸子さんインタビュー、日本シャーロック・ホームズ・クラブ東山あかねさん寄稿、全41話解説、ピンアップ&名言集、人物相関図とキャラクター紹介、キャスト&スタッフ紹介が掲載されています。全 41 話は 12 枚のブルーレイに収録されており、2 部構成に分かれています。

こちらは「T」でディスク 1 ~ 6 が収納されています。ケースの裏には、収録された邦題と原題が掲載されています。

各ディスクに描かれたジェレミー・ブレットさんは、収録されている物語に合っています。

こちらは「U」でディスク 7 ~ 12 が収納されています。

ディスク 12 には、特典映像が収録されていますが、主演者の秘蔵映像が収録されているわけではありません。「シャーロック・ホームズの楽しみ方」として、ホームズの探偵術、ベイカー街 221B 、ホームズの挿絵、ホームズとジェレミー・ブレット、ホームズとパイプが紹介されています。



さて、これを買うか、買わないか?ファンなら買うというのは平凡な答えですね。DVD BOX を所有しているユーザーが、ブルーレイ BOX を好んで購入するのか?これは、難しい問題ですね。特典が乏しすぎると思います。ブルーレイになったことで、映像品質は DVD より向上しています。問題は、DVD の映像品質で満足できるかどうかによって、購買意欲が異なると思います。42 型ワイドクラスの液晶テレビを利用しているのであれば、DVD では満足できないでしょう。一方、24 型ワイドクラスのテレビだと、案外 DVD でも満足できてしまいます。もちろん、利用しているテレビの最大解像度にもよります。ブルーレイを視聴するには、解像度 1980 × 1080 が望ましいでしょう。さらに、 ブルーレイ再生プレイヤー 、あるいは、 ブルーレイレコーダー が必要です。

ただし、ブルーレイに移行する最適な時期ではあると思います。再生専用プレイヤーは一万円ほどで購入できますし、メーカーを問わなければ5千円くらいのも販売されています。さらに、テレビをハードディスクドライブに記録できるブルーレイレコーダーですら、2 〜 3 万円から購入可能です。そして、このブルーレイ BOX は、過去に発売された DVD BOX(全巻)よりも実売価格が安いです。しかし、現時点で販売されている DVD BOX( 6 巻に分れている)ならば、Amazon で購入すると合計で \20,916 となり、DVD らしい値段に下がりました。とはいえ、今からDVDを購入するのは虚しいでしょう。できれば、テレビやプレイヤーの環境をアップグレードしてから、ソフトを選択したいものです。もちろん、ブルーレイもいずれ DVD と同じ運命だと思いますが。

また、以前紹介しましたが、グラナダ・テレビ制作のジェレミー・ブレット主演、ホームズの冒険に登場した、ベイカーストリートのセットを、サンドボックス(決まった目的が存在しない)型のゲーム「Minecraft(マインクラフト)」で再現しました。ことの発端は、以前紹介したホームズとワトソンが間借している 221B の間取り を調べ、さらに、 ベイカーストリートのセットの地図 を作成したことです。これを自由に歩き回れるソフトウェアはないものかと探していたところ、YouTube のゲーム実況で Minecraft の存在をしりました。こちらもよろしくお願いします。

Minecraftでベイカーストリートを再現





ベイカー街221Bの間取り

グラナダTV制作の『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズで、顧問探偵のシャーロック・ホームズと相棒のジョン・H・ワトスン医師が共同生活をする場所が、ハドスン夫人から間借りするベイカーストリートの『221B』です。マンチェスターのグラナダスタジオの倉庫に造られた、『221B』の室内セットの間取り、建具、家具、小物などを、Blu-Ray を参考に管理人が調べた名称や用途を列挙します。

ベイカー街 221B の間取り グラナダ・テレビ制作『シャーロック・ホームズの冒険』Granada Television Sherlock Holmes 1984 TV series Baker Street 221B Setting of a movie

ベイカー街の地図

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズに登場する『BAKER STREET』のセットは、1890 年代を想定してマンチェスターのキャッスルフィールドに建設されました。郵便局、家具店、果物屋、ワイン店、仕立屋、本屋、宝石店、床屋、不動産屋、葬儀屋などが作られ、突き当たりのリージェント・パークは、立地的に高い建物が映り込むのを防ぐ苦肉の策です。最初のラフスケッチからセット完成まで、1982 年の 1 月から 5 月とあります。いくつかのセットは屋内も作られており、221B、床屋、本屋、家具屋、煙草屋は、室内での撮影もあります。

ベイカーストリートの地図:グラナダTV『シャーロック・ホームズの冒険

書類棚 Cartonnier

グラナダTV版ホームズの冒険テレビシリーズで、221Bの窓際に置かれた書類棚 Cartonnier(カルトニエ)。劇中では地図や新聞の切り抜きなどの書類、ジェームズ・モリアーティ、セバスチャン・モラン、アイリーン・アドラーなどの重要人物を記した目録、伝記要覧を保管しています。なお、リチャード・ロクスバーグ主演の『シャーロック・ホームズ バスカヴィルの獣犬』にも、この書類棚に似た家具を確認できます。

グラナダTV版『シャーロック・ホームズの冒険』221B のセットにあった書類棚

シャーロック・ホームズ

著書:小林 司、東山 あかね。出版社: 河出書房新社。143 ページ。1997 年初版、2005 年増補改訂版を経て、改訂新版。日本を代表するシャーロッキアンが丹精込めて執筆編集したホームズ入門書の決定版。秘蔵コレクションをはじめ貴重なデータや情報が満載の究極の名著。


シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝 英国の食卓と生活

著書:関矢 悦子。『第 37 回日本シャーロック・ホームズ大賞』受賞。目玉焼きじゃないハムエッグから「いのちの水」ブランデー、そして面倒な結婚手続きや教育、遺産相続まで。ヴィクトリア時代の市民生活をシャーロック・ホームズとともにとことん調べてみたら、予想以上におもしろかった! 221B のサイドテーブルにある『Tantalus(タンタラス、タンタロス)』や炭酸水製造器『Gasogene(ガソジーン、ガザジーン)』などの情報も掲載。


ヴィクトリア朝百貨事典

ヴィクトリアンたちは日々何を食べ、何を身につけどんなものに囲まれて暮らしていたのか。英国ヴィクトリア朝という大量消費の時代を彩った「もの」のプロフィール。 ステレオスコープも掲載されています。