シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索
ミセスハドソンの日記

アンティーク風インテリアに似合う
ペットグッズ

 アンティークなインテリアにマッチするペットハウス、フィーダー、ソファ、ワードロープなど。ガイ・リッチー監督の映画『シャーロック・ホームズ』では、221B にグラッドストーンと呼ばれるブルドックと同居していました。個人的にはイギリス生まれの猫『スコティシュ・フォールド』に惹かれています。



シャーロック・ホームズ物語の『四つの署名(Sign of Fore)』には、シャーマン老人から事件捜査のために借りて来たトービーと呼ばれる犬が登場します。もちろん、ジェレミー・ブレットさんがホームズを演じた、グラナダTV 制作『シャーロック・ホームズ』シリーズの『四人の署名』にも登場します。


ガイ・リッチー監督の映画『 シャーロック・ホームズ 』では、グラッドストーンと呼ばれるブルドックが登場しました。原作『緋色の研究(A Study in Scarlet)』でワトソンが「私はブルドックの仔を飼っている(I Keep a bull pup)」と一度だけ言ったことが、グラッドストーンが登場する根拠となったようです。


しかし『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック (-ホームズの部屋・スチームパンク室内装飾-)』のコラム 3「ヴィクトリア時代のペット熱」に、”当時インド駐在のイギリス人の間で流行った言い回しで、「I keep a bull pup」は「私は癇癪(かんしゃく)もちです」という意味なのだそうですよ”とあります。 時代背景を考慮した翻訳は難しいですね。


美しいペット用品

さて、本題でもアンティークなインテリアにも似合うペットグッズが販売されていたので紹介します。ドッグソファー、ドッグハウス、ドッグフィダー、ワンちゃん用ワードロープ等。ドッグフィダーは大理石(パウダー)+ 樹脂のオブジェが付いています。オブジェだけでも美しいのですが、それだけだと機能がありません。どうしも機能を持たせるのであれば、小物置き場、ハット置き場くらいしか想像できませんでしたが、ステンレスのボールを組み合わせてドッグフィダーにすれば、機能的で見た目も楽しめます。ただ、犬は怖がるかも知れませんね・・・


【送料無料】ドッグハウス大【西三送料無料0807】

【送料無料】ドッグハウス大【西三送料無料0807】

【送料無料】ドッグハウス大【西三送料無料0807】

ワンちゃん用【送料無料】ワードローブ【西三送料無料0807】

【送料無料】ドッグフィダー【西三送料無料0807】

【送料無料】ドッグフィーダ【西三送料無料0807】


Twitter にも投稿しましたが、近所のホームセンター内にあるペットショップで、イギリス生まれの仔猫『スコティシュ・フォールド』が好きになりました。管理人は責任感の無い男なので、ペットを飼うなんて想像したことがありませんでしたが、初めて欲しいと思いました。現時点では理性が勝り購買欲を押さえつけていますが、いつまで持つことやら・・・しかし、飼い主が決まるのも早いと思うので、そう長く我慢する必要はないでしょう。以前、 うさぎ と同居していましたが、今は一緒に暮らしていません(遊びに来ることはある)。名前は『ホームズ』です。私が飼い主になるのであれば、きっと『ワトスン』『ジョン』『ヘイミッシュ』などと名付けることでしょう。ペットの名前が『ホームズ』だと、私が『ワトソン』になってしまうからです。スコティシュ・フォールドを見た時に惹かれましたが、猫の知識が皆無なので、名称も生まれも後から知った事です。あぁ・・・欲しいなぁ・・・