シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索
ミセスハドソンの日記

Apice(アピックス)製
アンティーク調 オーディオ



本来、オーディオ機器を購入するならば、有名オーディオメーカーのミニコンポを購入すれば良いのでしょうが、ここではオーディオ機器の性能よりもアンティーク調な概観に焦点を絞って紹介します。

右上の製品写真は、『株式会社アピックスインターナショナル』が販売するアンティーク調マルチプレイヤー『ATQ-460』。配線不要でレコード、ラジオ、カセット、CD(CD-R/CD-RW対応)が利用できます。焦げ茶の美しい木目とウエザリングで色あせた操作パネルのコントラストが素敵です。レコードビギナーでも、すぐに簡単に再生できるのが特長ですが、外部出力がイヤホンだけである点も知っておく必要があります。


Amazon メーカー詳細


『ATQ-240』は、縦置き再生が可能なアンティーク調レコードプレーヤーです。『ATQ-460』と同じく、配線不要で気軽にレコードを再生できますが、外部出力端子を搭載していないため、コンピューターや CD など出力(録音)する事はできません。


Amazon メーカー詳細


いずれのプレイヤーもアンティーク調でシャーロック・ホームズの部屋に似合いそうですが、オーディオ機器としての性能は不明です。レコードならではの音を楽しみたい人には、高価なプレイヤー、アンプ、スピーカーをお勧めします。外部出力できないため、内蔵アンプとスピーカーが命となりますが、簡易的に再生できる製品の価格帯であることも考慮する必要があるでしょう。


レコードをパソコンに取り込む場合は、USB 接続のプレイヤーが必要です。プレイヤー単体、または、一体型よりも高価となりますが、物置に眠っているレコードが多い人(このまま捨てる運命)、レコードプレイヤーでの再生にこだわらないなら、コンピューターに取り込んでデジタル化するのも良いでしょう。


Yahoo!ショッピング 楽天市場 Amazon

レコードを子供や孫に譲ろうと考えているなら、先に話し合いが必要かと思われます。生まれたときから CD があった人は、ダウンロード世代の人達が多いでしょう。そんな人達がレコードを譲り受けても、ゴミの処分に困るだけかと思われます。自分が購入した物は生きてる内に自分が楽しんで、負の遺産を残すのは止めましょう(レコードの価値を楽しめる人なら良いけどね・・・)。

『シャーロック・ホームズの冒険』シリーズには『蓄音機』が登場しています。グラダナ・TV制作、ジェレミー・ブレット主演の『ホームズの冒険』では『高名の依頼人(The Adventure of the Illustrious Client)』に、聖典(小説)では『シャーロック・ホームズの事件簿』の『マザリンの宝石(The Adventure of the Mazarin Stone)』で、ホームズが『蓄音機』を上手く使います(グラナダ・TVでは『マザリンの宝石』と『三人のガリデブ(The Adventure of the Three Garridebs)』が合わさり、シャーロックの兄であるマイクロフト・ホームズが活躍する物語に変更されています)。


アンティーク調 レトロ調 レコードプレイヤー 一覧