シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索
ミセスハドソンの日記

ホームズの聖典を新訳版に変更しました



著者:アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズ物語。ドイルが書いたホームズの小説は聖典と呼ばれ、後に他の作家が書いた物語と区別されています。最初に読むべきシャーロック・ホームズは9冊で、「緋色の研究」でホームズとワトソンが出会います。「緋色の研究」「四人の署名」「バスカヴィル家の犬」「恐怖の谷」は長編で、それ以外は短編がまとめられています。今回、サイトのカテゴリ「書籍」のサブカテゴリ「聖典(ノーマル)」に掲載したシャーロック・ホームズの冒険を新訳版に変更しました。新訳版には挿絵があるので、読みやすくなっていると思います。初めてシャーロック・ホームズを読むならおすすめです。

聖典(ノーマル) - ホームズ関連書籍

シャーロック・ホームズの冒険で使われた挿絵は、別の本で挿絵だけを集めたものがあるほど人気があります( シャーロック・ホームズ原画大全 (スーパー文庫) )。しかしながら、小説を読み自分だけの想像力で楽しみたいのであれば、挿絵は邪魔になります。難しいところです。



サイトのスタイルを変更しました

右メニューに管理人のお気に入りを3つ掲載していましたが、本日から新着20件とお気に入りを1件表示する仕様に変更しました。お気に入りはランダムに表示され、ページにアクセスする度に過去のお気に入りから最新8件の内1件が選択されます。これにより、本家の右メニューに限りなく近くなりました。現時点では、Windows Vista + IE8、Windows XP + IE8、Windows 2000 + IE6の環境でチェックして問題がありませんが、スタイルシートを変更したので、表示が崩れる場合はブラウザの更新ボタンをクリックして下さい。



その他、ボタン形式のリンクと、文章中に埋め込まれたテキストリンクの表示型式を、本家と同じスタイルに変更中。リンク毎にスタイルを適用していましたが、ディブビジョン(Div)にClassを埋め込み一括してスタイルを適用する方法へ変更しています。また、文章中のテキストリンクは、ボールドや下線からスタイルシートによる点線の下線へと統一する予定。