シャーロック・ホームズ

SHERLOCK HOLMES in MB-Support
 サイト内の検索

Wiiどうぶつの森でホームズみたいなインテリア



任天堂のゲーム機Wii(ウイー)の「どうぶつの森」をクリスマスプレゼントで送ったのですが、なぜか一ヶ月ほど私の所にありました。あるのなら使ってしまえと言うことで、しばらく「どうぶつの森」をプレーする事に。

これが、いいお歳ですが夢中になってしまいました。最初は小さい家からスタートして、魚を釣り、化石を発掘して、商店に売却してベル(村の貨幣)を取得します。そのベルで部屋の増築を行ない、2階や地下室を建築(現実と順番が逆)して好みの家具をそろえます。以下は「名探偵の帽子」と「名探偵の服」をシックなテーブルに飾っています。

衣装を纏った姿は以下。一応、シャーロック・ホームズの世界をイメージしていますが、家具はベルで確実に揃えられる物ではありません。村にある木を揺すると落ちてきたり、誰かから貰ったりと、必ず欲しいものを手に入れられるわけではありません。チェスターフィールドスタイルのソファも街で販売されていましたが、家を増築する最中は高価で手が出せませんでした。ベルを貯めて街に買いに行った時には既にSOULD OUT・・・

役所のゴミ箱に捨ててあった「猫足のバスタブ」を回収しました。シャーロック・ホームズの「犯人は二人」にも登場します。壁紙と敷物も購入でき、合うものを見つけるのに一苦労。化石、魚、昆虫、絵画などは売る事もできますし、博物館に寄贈する事もできます。博物館に寄贈すれば、いつでもそれを無料で鑑賞する事が出来ます。

残念ながら、「モナリザ」を入手するまでやりきれませんが、全く関係無いゲームを、シャーロック・ホームズと関連させて遊ぶのも楽しいと感じました。村や町で事件は発生しませんが、それなりにイベントが発生します(釣り大会とか、鍵を無くした住人とか)。どうぶつの森ゆえに、自分が操るキャラクター以外は動物なのですが、これが全く可愛くないのが不思議。よく考えると、自分のキャラクター以外に可愛い何かが登場する事で、嫉妬心を抱く可能性を制御しているのかも知れません。 どう感じるかは人それぞれで、個人的には村の住人は格好良かったり可愛かったりした方が良いと思います。

インターネットで調べれば、本を購入しなくても、ほとんど全ての事が分かります。金の斧や金のシャベルを手に入れる方法など。あえて調べていませんが、そういった遊び方もスローで楽しいのかも知れません。